デイリー新潮は2018年8月、「ドラフト上位確実の『大阪桐蔭』根尾&藤原、スター候補『報徳』小園 第100回『夏の甲子園』怪物たちにつく値札」との記事を配信した。この年のドラフト会議は“豊作”と前評判が高く、特に大阪桐蔭高校の根尾昂と藤原恭大、そして報徳学園高校の小園海斗に注目が集まっていた。

 ***

 根尾が甲子園で、どれだけ活躍したかは言うまでもないだろう。2年生で名門・大阪桐蔭の主力選手となり、投手としては最速150キロをマーク。さらにショートと外野も守り、打者としても存在感を示すという“三刀流”。チームは2年生の17年春、3年生の18年春と夏で優勝を果たしたが、大きな貢献を果たした。

 根尾が究極の“ユーティリティ・プレーヤー”と絶賛されたのに対し、藤原は大阪桐蔭の4番としてチームの優勝に貢献した。高校通算のホームラン数は32本。さらに50メートルを5秒7で駆け抜け、18年夏の甲子園では26打数12安打、打率4割6分2厘を記録した。

 小園は中学生3年生の時、大阪の枚方ボーイズで全国優勝を果たした。この時のチームメイトが藤原という縁がある。高校は兵庫県の報徳学園に進み、2年生の17年春はベスト4に進出。3年生の18年夏では「1試合で3本の二塁打」という大会タイ記録を残した。

 ドラフトで根尾は4球団から1位指名され、中日に入団。藤原は3球団から1位指名され、ロッテに入団。小園は4球団から1位指名され、広島に入団した。

3人の明暗

 デイリー新潮の記事配信から、間もなく丸6年が経過する。3人の今シーズンの成績が、6月13日現在でどうなっているのか見てみよう。

 根尾は投手として2試合に登板し、投球回数は4・2回。2安打と1本塁打を被弾し、失点と自責点は共に3。防御率は5・79。打撃成績は1打数1三振。ちなみに、プロ通算5年の打撃成績は、239打数41安打1本塁打で打率1割7分2厘だ。

 藤原は開幕スタメンが期待されていたが、3月10日のソフトバンクとのオープン戦で自打球が当たり右膝蓋骨骨折と診断された。治療とリハビリを経て5月29日の二軍戦で復帰。二軍では12試合に出場し、打率2割5分5厘、0本塁打で、出塁率3割2分7厘。プロ通算5年の打撃成績は、775打数176安打12本塁打で打率2割2分7厘だ。

 小園は3月29日、開幕スタメンとして3番ショートで出場。4月17日からは5番に回り、5月19日から6月2日まで4番を務めた。現在、220打数64安打1本塁打で打率2割9分1厘、出塁率は3割3分8厘。プロ通算5年の打撃成績は、1406打数383安打22本塁打で打率2割7分2厘だ。

 率直に言って、小園が図抜けていることがよく分かる。なぜ、ここまで明暗が分かれてしまったのだろうか。

生真面目な根尾

 スポーツジャーナリストの安倍昌彦氏は早稲田大学高等学院と早稲田大学で野球部に所属し、捕手としてプレーしていた。ジャーナリストに転じてからも「流しのブルペンキャッチャー」としてドラフト候補投手のボールを受ける取材方法で知られている。その安倍氏に根尾、藤原、小園の高校時代の印象を訊いた。

「根尾選手は求道者、藤原選手は身体能力の天才、そして小園選手は野球の天才、というのが私のイメージでした。まず根尾選手から話せば、彼は非常に生真面目な性格で、例えば打撃練習でも充分に良い状態なのに、なかなか満足しませんでした。私が見学させてもらうと、思いつめた顔で『もっと打撃がよくなるのはどうしたらいいですか?』と質問します。『100点満点で98点だよ』と感想を伝えると、『残りの2点を取るためにはどうしたらいいですか?』と質問を重ねてくるのです」

 自分の現状に満足しない。常に成長しようと厳しく自分を律する。安倍氏が求道者と評したゆえんだ。

「そして生真面目な選手が充分に良い状態なのに、もっと良くなろうとしていじり過ぎて、自分で自分を壊してしまう姿を、私は見てきました。高校時代の根尾選手にも似た傾向を感じていたので、プロ入りしてからも心配していました。大阪桐蔭の練習で根尾選手は当時から辛そうな表情を浮かべることがあったのです」(同・安倍氏)

根尾の本質はバットマン

 根尾は2018年11月、名古屋市内で入団に関する仮契約を結んだ。約100人の報道陣が駆け付けると、根尾は「ポジションはショート一本でいかせてくださいとお伝えしました」と説明。スポーツ紙は“堂々の脱二刀流宣言”と大きく報じた。

「根尾選手がショートを希望したことも、悪い方向に作用してしまったのかもしれないですね。ご存知の通り、捕手とショートは守備の要、難しいポジションです。根尾選手はバッティングで自分を追い込みながら、ショートの守備練習でも『もっと上手に、もっと上手に』と求道者的に練習していたのかもしれない。バッティングと守備の両方で自分に大きすぎる負荷を課してしまったことで伸び悩んでいるということは考えられると思います」(同・安倍氏)

 2022年6月、根尾は立浪和義監督と話し合い、23年以降は投手に専念することを決めた。

「根尾選手の本質は、あくまでもバットマンだと思っています。やはり外野に戻して守備の負担を軽減させた上で打撃に専念させたほうが、彼の才能がより発揮されるのではないでしょうか」(同・安倍氏)

藤原の課題

 藤原はケガに悩まされているが、安倍氏は「藤原選手の並外れた身体能力と関係があると思います」と指摘する。

「藤原選手の身体能力は特筆すべきものがあります。俊足ですし、瞬発力も素晴らしい。バットを振らせれば、スイングスピードが非常に速いことが分かります。こういうタイプの選手は、ケガが大きくなる傾向があるのです。それだけ体に負荷がかかっているのでしょう。普通の選手なら肉離れでも、身体能力の高い選手は骨折になってしまうこともあります。似たタイプの選手が、広島の監督も務めた緒方孝市さんです。大きなケガの多い選手人生でしたが、あれは緒方さんの身体能力が高かったからなのです」

 ケガに悩まされているのは事実だとはいえ、藤原がもっと活躍している姿を想像していた野球ファンは多かったはずだ。

「陸上や水泳の選手は身体能力がそのまま成績に反映されます。もちろんプロ野球選手も並外れた運動神経の持ち主ばかりですが、運動神経だけではレギュラーの座を獲得できません。野球はバットでボールを打ち、グラブでボールを捕ります。つまり“道具”を使うスポーツであり、道具を使いこなす技術力も求められます。藤原選手ほどの身体能力があれば、高校野球は“天賦の才”だけで活躍することができたかもしれませんが、プロはそういうわけにはいきません。今後の藤原選手は、どれだけ技術を高められるかに期待しています」(同・安倍氏)

野球の天才

 藤原が二軍で努力を重ねていると伝えた記事がある。ベースボールキングは6月10日、「ロッテ・藤原恭大の今『フォームを固めて一軍に向けてアピールしていきたい』」の記事を配信。打撃フォームを変えてみたものの、結局は元に戻したことを伝えた。

「藤原選手が一軍の選手としてレギュラーの座を確保するにはどうしたらいいか、もちろん色々な考え方があるでしょう。ただ私は、小さくまとまってほしくないと思っています。それこそ中南米の大リーガーのように、豪快なフルスイングを特徴にした打者を目指すというのも面白いのではないでしょうか。打率は2割5分だけど、ホームランは30本以上、という選手です。いずれにしても藤原選手が優れた資質を持つ“未完の大器”であることは間違いありません。才能を花開かせてくれる日が心から待ち遠しいです」(同・安倍氏)

 小園は3人の中で、頭一つ抜け出した感がある。安倍氏が「野球の天才」と見ていたことは先に触れたとおりだ。

「報徳学園ほどの強豪になると、日頃の練習試合の相手も一流校ばかりです。レベルの高い相手投手の好投で報徳のバッターが誰も打てない中、小園選手だけが難なくホームランや三塁打を打ってしまう場面も見ています。まさに生まれついての野球上手。小園選手はその野球の技術が高校時代から優れていました。名バッターは『好球を絶対に見逃さない』、『一振りで相手ピッチャーを仕留める』と言われますが、小園選手もそういうタイプの選手です」(同・安倍氏)

小園の悪送球

 小園の打撃センスは傑出しているわけだが、一方の守備では不名誉な記録を今も更新している。今季の小園は失策が8あり、これはセ・リーグのワースト2位タイなのだ。

「高校時代の小園選手の守備は、いわゆる“見栄えのする守備”です。強肩なので深い位置で守ることができます。しかも、抜群のスピードを持ったショートでしたから、動きがダイナミックで華麗に見えるのです。逆に言うと守備範囲が広がり過ぎるので、ミスの可能性も大きくなってリスクを伴います。それは同じ広島で前にショートを守っていた田中広輔選手の守備と比較すると分かります」(同・安倍氏)

 田中は小園ほど強肩ではない。俊敏性も小園に劣る。だが、広島のピッチャー陣は田中の守備に全幅の信頼を置いていたという。

「田中選手はショートの守備範囲に飛んできた打球は確実に処理します。広島のピッチャーはショート方向に打たせれば、1アウトを確実に取ることができる。これで絶大な信頼を獲得していました。ショートの名手には、たとえば西武の源田壮亮選手がいますが、源田選手はファーストに送球する際、決して強く投げようとし過ぎないし、低い送球をします。今後の小園選手にとって、源田選手は絶好のお手本になるのではないでしょうか」(同・安倍氏)

球史に残るショート

 今季の小園はショートとサードの併用が続いている。本来なら小園も外野にコンバートしたほうが、さらに打撃成績が上がる可能性は高いという。

「小園選手の高校時代、私は、センターで使ったら球史に残る外野手になるのでは……と言ったり、書いたりしていました。しかし広島の新井貴浩監督は小園選手に『球史に残るショートになれ』というメッセージを送っているのかもしれませんね。私が『たいへん失礼いたしました』とお詫びしなければならないような立派なショートストップに台頭することを、心から願っています」(同・安倍氏)

デイリー新潮編集部