監督たちのバイブル『甲子園の心を求めて』をめぐる物語 部員に根付いた“全員野球は哲学”

監督たちのバイブル『甲子園の心を求めて』をめぐる物語 部員に根付いた“全員野球は哲学”

監督たちのバイブル『甲子園の心を求めて』をめぐる物語――小林信也(1/2)

 今年で100回目を迎える“夏の甲子園”。さて、貴方はご存知だろうか。高校野球の指導者たちが“バイブル”として愛読している一冊の本があることを。『甲子園の心を求めて』――幻の名著に導かれた男たちの奇跡の物語をスポーツライター・小林信也氏が綴る。

 ***

『甲子園の心を求めて』(報知新聞社刊)という本がある。“幻の名著”と呼ぶべき一冊。昭和50(1975)年6月に発行され、4年後には新版と続編も出版されたほど人気を得た。

 著者は、都立東大和高校監督(当時)の佐藤道輔さん(故人)。初任校の都立大島高の野球部員や父母たちとの熱い挑戦の日々が具体的なエピソードとともに綴られている。離島にある大島高が大会に出るには船で本土に渡らねばならない。日々の暮らしに追われる島人たちの理解も薄い。毎日練習ばかりさせないで、少しは家の手伝いをさせろと怒鳴り込んでくる父親がいた。厳しい家庭の事情を知る選手は、野球への情熱を持ちながらチームから遠ざかり家業を手伝う。練習に来ない選手のアルバイト先まで道輔監督はノックバットとボールを携えて行き、空き地を見つけてノックを打つ、野球への情熱を絶やさないために……。といった、熱烈な監督の姿、生徒・父母との交流を綴った手記だ。

 佐藤道輔さんは、〈はじめに〉でこう書いている。

〈私は、あの華やかな舞台の甲子園だけでなく、もっと本当の意味での甲子園像が、ほかにあるような気がしてならないのである。全国に2600を越える高校野球のチームの多くは、甲子園をはるかに遠くにして敗れ去って行く。しかし地方予選の1回戦に敗れていったチームの中にも真の甲子園の心を求めたチームがあるはずではないのだろうか〉

 この本が、“甲子園”を目指しながらもやもやしていた多くの監督、球児、元球児たちに波を起こした。

最高のランニング

 宮本秀樹さん(60)=現・都立片倉高監督=も『甲子園の心を求めて』に影響を受けて教員そして監督を志した。20代後半、都立野津田の監督だった宮本さんは、東大和の練習を見せてもらおうとグランドを訪れたことがあった。

「東大和市駅から歩いて学校に近づいたところで、地鳴りのような音がグランドの方から聞こえてきました。走り寄ってそれが野球部のランニングだとわかったとき、鳥肌が立つほどの興奮を覚えたのを昨日のことのように思い出します」

 イチ・ニ・イチ・ニのかけ声で足をそろえ、直線を往復する。途中「気合を入れていこう」とか「元気だして」なんて声がかかる。声を出す者は必ずしも決まっていない。目をつぶっていても「イチ・ニ」の声とザッザッというスパイクの音を聞けば、チームの状況がわかるような気がした。

「ある試合に負けた後、道輔監督が選手に“いまチームに最も必要なものは何か? 考えて練習をやれ”と投げかけると、主将と副主将が相談し、そのランニングを始めたそうです」

 学生コーチから「こんなランニングが東大和のランニングなのか」の声、「いえ、まだまだ」、永遠に続くのではないかという雰囲気、1時間を超える。学生コーチから「ラスト本気で声を出して、心をひとつにして納得がいくランニングができたら終わり」の声。

「道輔先生いわく、“このランニングスタイルは、全体としてひとつにまとまっていながらも、その中で一人ひとりが自己主張をしている、最高のランニング”とのことでした」

 都立東大和は出版の3年後、昭和53年春の東京都大会に準優勝、夏の西東京大会でも決勝に進んだ。日大二高に15対10で敗れたが、〈都立の星〉と呼ばれるようになった。昭和60年にも決勝に進出、日大三高に5対2で敗れ、またも甲子園に届かなかったものの、確かな実績を重ねた。

「全員野球は哲学」

 宮本さんは、都立野津田高から思いがけず東大和に異動し、直接道輔監督の薫陶を受けた。それどころか、1年目の夏の大会の後、「連盟の仕事が忙しくてグランドに出られない日が多くなった。宮本君が監督をやってくれ」とあっさり言われ、後継者となった。現役時代(東京学芸大附)も監督としてもさしたる実績のない宮本さんの抜擢、自他共に驚いた。自分でいいのか? 宮本さんは道輔さんと同じ社会科の教員。それくらいしか、選ばれた理由が思いつかなかった。

「道輔先生は“全員野球”を大切にしておられました。当時の高校野球は、1年生がグランド整備や球拾いをするのが当たり前。練習試合に出るのも上級生やレギュラークラスが中心でした。東大和は違いました。3年生も全員がグランド整備をし、同じ練習をして甲子園を目指す。A戦、B戦も積極的に組みました。当時、他の都立校はそれほど部員がいないから必要ありませんでしたし、私学強豪の練習試合も1軍主体でした」

 いまでは当たり前になった高校野球の常識――全員でグランド整備をし、1日3、4試合も組んで部員の大半が練習試合に出場できるようにする――が根付いた背景に道輔さんの提案と実践があった。

「全員野球は形式じゃない。哲学であり、思想だ」

 道輔さんは実体のない表面的な美談は認めなかった。

「上級生がグランドで練習した後、下級生がグランド整備して上級生が帰ってしまう、または横でそれを見ながら話している光景を“高校野球の最も醜い姿”と言った」

 宮本さんにはいまだに理解できない体験がある。

「ある選手が、やめたいと言って来た。私がいくら話しても気持ちは変わらなかった。道輔先生に相談すると“放課後来るよう言ってくれ”と。その選手は、道輔先生と話すとすぐグランドに戻ってきた。後で“どんな話をしたのですか”と訊くと、“甘えるなと言っただけだよ”。それだけでは理解できませんでした」

 なぜ選手の気持ちがわかるのか。試合中、打席に立つ選手の心の内を『甲子園の心を求めて』の中で細かく描写している。宮本さんがお酒の席で聞くと道輔さんは笑いながら言った。

「真剣にプレーしている選手の横顔をじっと見てみろ。横顔にうそはない。じっと見ているとわかるような気がするんだよ」

 都立片倉は今夏、國學院久我山を破り、日大三高を7回2死まで6対3とリードした。だがそこで逆転満塁本塁打を喫し、敗れた。

(2)へつづく

小林信也(こばやし・のぶや)
スポーツライター。1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶応大学法学部卒。雑誌「ポパイ」や「ナンバー」編集部を経て独立。中学硬式野球チーム「東京武蔵野シニア」の監督も務めた。『高校野球が危ない!』『「野球」の真髄』なぜこのゲームに魅せられるのか』など著書多数。

「週刊新潮」2018年8月9日号 掲載


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索