逃がした魚を再捕獲… 「日大」へ進学の池江璃花子、不祥事の影響は

逃がした魚を再捕獲… 「日大」へ進学の池江璃花子、不祥事の影響は

 誰よりも速く、水路を一直線に泳いだ彼女、その進路選びが心配だ。アジア大会では金メダル6個と、大活躍を見せた池江璃花子(18)。東京五輪への弾みとなったに違いないが、“本番”を目指す前に、彼女が決めなくてはならないのが進学先だ。“タックル問題”でブランド失墜の日大へ進学希望というが、大丈夫?

 アジア大会では、52個のメダルラッシュを演じた日本競泳陣。なかでも、目覚ましい活躍をした池江は、6日間でリレーを含めた8種目に出場し、金6、銀2とすべてのレースでメダルを獲得した。

 スポーツ紙記者が言う。

「2年前のリオ五輪では初出場ながら、決勝まで行きましたが、そこで気持ちが燃え尽き、昨年は辛い年を送っていました。世界選手権では一度も表彰台に上がれず、さらに故障続きで伸び悩んでいたのです」

 それだけに今回は、まさに大復活といえよう。

 元シドニー五輪代表で、日本水泳連盟理事の萩原智子氏の話。

「去年から本格的にウエイトトレーニングを始め、弱点だった下半身に筋肉が付きました。結果、スタートの飛び出しが鋭くなり、その勢いが泳ぎにも繋がってスピードも上がったのです。特にラスト15メートルで力強いキックが出来るようになったのが大きい。去年までの彼女は、正直、東京五輪でメダルに手が届くかどうかだと思っていましたが、今は確実に金を狙える位置に来たと言えます」

“日本大学一本”

 東京を舞台に、再びメダルラッシュとなるか。そのためにも、現在、高校3年生の池江は、進路選びという重大な選択をしなければならないのである。

「これまで複数の大学からオファーを受けた池江は、今年4月に、競泳の名門、日大に進学する意向だと報じられました」

 とは、さる運動部記者。

「ところが、直後にあの“アメフト事件”が起きたのです。あんなことが起きたら、誰もが日大を敬遠して不思議ではない。当時は、池江も辞退を検討しているといわれていました」

 日大は、五輪のメダル候補である池江を、汚名返上のために何としてでも釣り上げたかったに違いない。

「今なら、たとえプールの一つや二つ作ってでも、安いと思えるでしょうね。最高の環境を用意するはずです。騒動真っただ中の5月下旬には、日大出身で、2度の五輪出場経験を持つ三木二郎が池江の新コーチになりました。その時点で池江も日大進学の意向を再度固めたのでしょう」(同)

 実際に、騒動直後は「準備段階で、決定ではない」と口を濁していた池江の所属事務所も、今では、

「本人の意志は変わらず、日本大学への進学を希望しています。他大学からのオファーは、一切来ていません。日本大学一本です」

 と言うのだ。が、一連の不祥事で、日大の闇深い部分が次々に明かされた。その淀んだ水が池江に合うとは、思えないのだが……。

「週刊新潮」2018年9月6日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索