「大坂なおみ」祖父と母の断絶 “一家の恥”から“和解”への物語

「大坂なおみ」祖父と母の断絶 “一家の恥”から“和解”への物語

 大坂なおみ(20)が日本勢初のテニス四大大会優勝を成し遂げたのは、9月8日のことだった。フィーバーが収まる気配はなく、彼女の発言やキャラクター、そして家族に注目が集る。

 ***

 ハイチ系米国人であるレオナルド・フランソワ氏(51)を父に、北海道根室出身の環さん(47)を母にもつ大坂。米国のニューヨーク・タイムズは、8月23日付の紙面で環さんについて以下のように報じている。

〈「私が20代の前半だった頃、父親にお見合いを勧められました」そこで、自分には決めた人――外国人であり、なおかつ黒人――がいることを打ち明けると、彼女の父は、一家の恥だと怒り狂った〉

 二人は大阪に移り住み、10年以上も実家と関わりを持たなかった――と、一家の断絶について証言しているのだ。

 環さんの〈父〉であり大坂の祖父・鉄夫さん(73)に聞くと、

「そんなこともあったな……」

 と言葉少なに認める。現在は“修復”されたその関係について、鉄夫さんの兄はこう明かす。

「10年くらい前、鉄夫に『今の時代、肌の色だとか、何人だとか、関係ないんじゃないかな』と言ったことがある」

 助言が功を奏したのか、その後、鉄夫さんは大坂の試合にも足を運ぶようになり、このたびの孫の快挙にも「身内として嬉しいです」と目を細める。人に歴史ありのファミリーヒストリー。9月19日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2018年9月27日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索