引退「貴ノ岩」が独占告白 “見届けてほしかった。断髪式には貴乃花親方にも来てほしい”

引退「貴ノ岩」が独占告白 “見届けてほしかった。断髪式には貴乃花親方にも来てほしい”

 元横綱・日馬富士による暴行の“被害者”から一転、付け人を殴打した“加害者”となった貴ノ岩(28)。12月7日の引退会見以降、公の場から姿を消した彼が、このたび週刊新潮の取材に応じた。

 ***

「『(引退は)協会からの圧力』という報道があるんですけど、それはまったく違います。自分で決めました。この事態に対して“責任を取らなきゃあかんな”という気持ちになったから。それが一番です。また、正直メディアの報道もキツかった。テレビとネット、両方です。報道のされ方があまりに強くて、それで気持ちが切れてしまったという面はあります」

 そう語る貴ノ岩は、ワイドショーなどで繰り返し映し出された着物ではなく、白いカットソーにジーンズという姿。長髪は後ろでくくってお団子にまとめている。来年2月に予定されている断髪式は“無観客か”とも報じられたが、「そんなこと絶対にありません」「お世話になった人にしっかり見てもらえるように、準備をしているところ」と明かす。

 自身の起こした暴行事件、そして引退騒動の直後は自宅前に報道陣が張り付いており、一切の外出を控えていたという。154キロあった体重も、騒動で145キロまで落ちた。

「引退することが報道されたのは7日ですが、その前に(暴行相手の付け人)貴大将には、“俺が悪かった”としっかり謝罪しました。そのうえで、“引退するのは俺の決断であって、お前が責任を感じる必要はない”と何度も強く伝えました。やっぱり気にすると思うからね。今でも部屋で会ったら普通に話しますよ」

 昨年の日馬富士の暴行騒動が、結果的に貴乃花親方と相撲協会の対立激化につながり、貴乃花親方が廃業したのはご存じのとおり。部屋の消滅で移籍となった千賀ノ浦部屋の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)に対しては、感謝の言葉を口にする。一方、かつての育ての“親”・貴乃花親方にはどのような感情を抱いているのだろうか。

「貴乃花親方には“最後まで見届けてほしかった”というのが正直な想いだし、テレビでのコメント(※テレビ朝日に貴乃花が『10年はどんな状況でも会わない』とコメントした一件)を見て、複雑な気持ちにもなりました。断髪式には貴乃花親方にも来てほしい」

 12月19日発売の週刊新潮では、最初で最後の貴ノ岩独占告白を掲載。日馬富士への3000万円訴訟の舞台裏、ラブコールを受けた“プロレスラー転身”についても語っている。

「週刊新潮」2018年12月27日号 掲載


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索