オリから阪神、正反対の環境へ… タダじゃ済まない「西勇輝」茨の道

オリから阪神、正反対の環境へ… タダじゃ済まない「西勇輝」茨の道

 オリックスの右腕・西勇輝(28)がFA権を行使し阪神に移籍した。契約は4年10億円である。

 オリックスから阪神に移籍する選手は少なくない。阪神にFA移籍した選手は西が12人目だが、うち6人がオリックスから来ている。

「同じ在阪球団なので、引越しや子供の転校など生活環境の変化を強いられない。けれども、野球人としての環境は正反対です」

 と大手紙デスクが語る。

「オリックスの担当記者は原則各社1人で、活躍もしくは戦犯になった場合しか取材されません。でも阪神の場合は、1社4〜5人いて、何もしていなくてもコメントを求められます」

 ファンの数も桁違いだ。

「ほとんどのオリックス選手は街を歩いても気付かれませんが、阪神なら2軍選手でも声を掛けられます。球場のヤジもえげつない」

 その結果、どうなるか。

「オリックス在籍時のようにのびのびプレーできず、成績が急降下。石嶺和彦や星野伸之がそのクチです」

 山沖之彦に至っては、故障が原因とはいえ、移籍後1試合も登板せずに引退してしまった。16年オフに阪神入りした糸井嘉男(37)は、

「周囲を全く気にしないタイプですが、それでも大活躍とまでは……。先の契約更改では現状維持の4億円。期待以上の働きは出来ていないということです」

 では、西はどういうタイプなのか。

「メンタル面に難ありかも。今回もサンスポが“阪神入り決断!”とスクープすると、同日ブログで必死に否定していました」

 ドラフトでことごとくクジを外した阪神には、補強らしい補強は西1人しかいない。虎番記者が西に一点集中するのは必至である。

「阪神に来たら、先走り報道や、意図に反する報道なんて日常茶飯事。いちいち目くじら立ててたら、虎戦士は務まりませんよ」

「週刊新潮」2018年12月27日号 掲載


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索