東京五輪日本代表がパッとしない JOC山下次期会長に暗雲

東京五輪日本代表がパッとしない JOC山下次期会長に暗雲

 東京五輪のチケット抽選申込み受付が始まったが、肝心の選手たちがパッとしない。

 4月にブダペストで行われた世界卓球はライバル中国に8戦全敗。ホープ張本智和(15)もまさかの4回戦敗退で号泣した。

 池江璃花子、萩野公介が不在の競泳陣も元気がない。世界水泳の代表選考を兼ねた日本選手権で内定を得たのはたった10人だった。

 同じく世界選手権の代表選考を兼ねた体操全日本選手権でも、エースの内村航平(30)が予選落ちし、次世代を担う白井健三(22)も最下位の30位に凋落した。

 また、中国西安で行われたレスリング・アジア選手権では、五輪4連覇の伊調馨(34)が敗れ衝撃が走った。

「JOC(日本オリンピック委員会)強化本部長の山下泰裕さんは、東京五輪の目標として“金30個”を高らかに掲げましたが、今のままではリオ五輪での12個すら危ういですよ」

 と大手紙五輪担当記者がため息をつく。

「新種目のスポーツクライミングも、当初は“日本は強い”と言われてましたが、他国が本気でテコ入れしはじめ、一時の勢いがなくなりつつある。鉄板のはずの空手でも、世界2連覇の清水希容(きよう)(25)が昨年の世界選手権でスペイン選手に不覚を取り、今年に入ってからも2勝2敗と完全に肩を並べられてしまいました」

“金30個”発言の張本人で、7月のJOC理事会での会長選出が確実視されている山下氏のお膝元、柔道界はどうか。

「東京五輪の主役が期待されている66キロ級・阿部一二三(21)が不振です。今年に入ってまだ優勝はゼロ。4月の全日本選抜体重別選手権でも、決勝で宿敵の丸山城志郎(25)にきれいに投げられました」

 各位、チケット購入はくれぐれも慎重に。

「週刊新潮」2019年5月16日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索