阪神「近本光司」は“外れ外れ1位”、高校時代は甲子園と無縁、大阪ガスで才能が開花

阪神「近本光司」は“外れ外れ1位”、高校時代は甲子園と無縁、大阪ガスで才能が開花

セリーグの新人最多安打記録を更新

 2019年の今シーズン終盤に“まさかの6連勝”を飾り、セ・リーグ3位に滑り込み、逆転でのクライマックスシリーズ進出を果たした阪神タイガース。文字通り見事な追い上げであった。

 ***

 だが、もしこの奇跡のAクラス進出を逃していたとしても、大の虎党なら、昨年のドラフト1位・近本光司(24)の大活躍だけでも大満足だったはずだ。

 なんとプロ1年目で放った安打数は159本。1958年に読売の長嶋茂雄(83)が打ち立てて以降、誰もが越せなかったセ・リーグの新人安打記録153本を抜き去り、リーグの新人最多安打記録を61年ぶりに更新したのである。

 さらに盗塁数も36をマークし、見事に盗塁王を獲得。これは新人としては01年に球団OBでもある赤星憲広(43)が39盗塁で盗塁王に輝いて以来になると同時に、日本プロ野球史上でも2人目となる快挙でもあった。

 今シーズンの最終的な主な打撃記録は、586打数159安打で打率2割7分1厘、9本塁打、42打点、36盗塁と、新人王を獲得するには十分な成績。近年の阪神のドラ1選手としては、まさにこれ以上ない“当たり”となったのである。

 だが、それも今となって言えることで、昨年のドラフト直後、阪神ファンの間には絶望感が漂っていたのではないだろうか。とあるマスコミの論調の中には“失敗ドラフト”と断言した記事もあったほどである。

 それも無理もない。近本は大阪桐蔭高校の藤原恭大(19・千葉ロッテ)と立命館大学の辰己涼介(22・東北楽天)の指名抽選にことごとく敗れた“外れ外れ1位”だったからだ。

 しかも阪神が外れ1位でまず指名した辰己涼介は、近本にとって、同じ高校の2学年後輩。つまり、楽天のドラ1となった辰己のほうが活躍することになれば、必要以上に外野が騒ぐことになり、阪神だけでなく近本本人も肩身の狭い思いをすることになるワケだ。

 ただ、結果的にルーキー1年目のドラ1外野手は、そうした声を封じ込める以上の活躍を見せつけてくれた。そんな近本とは、アマチュア時代、どのような選手だったのだろうか、その足跡を追ってみることにしよう。

 近本光司は1994年11月9日の兵庫県淡路市生まれで現在24歳。身長170センチ、体重72キロ。左投げ左打ちの外野手で遠投は100メートルを誇る。また、50メートルの走力は最速5秒8で、打席から一塁までは3・9秒前後で駆け抜けることができるほどの脚力も武器。打っては、振り切るスイングから自在に左右に打ち分けられ、かつ、ミート力のあるバッティングもその特徴だ。

甲子園とは無縁の高校生活

 つまり、小柄ながら俊足巧打が、その“売り”なのである。もともと小・中学校と軟式野球部に所属していたが、高校進学に際しては報徳学園を筆頭に強豪私立ひしめく県内にあって、公立の有力校・兵庫県立社高校に進学する。

 同校は04年の第76回春の選抜に初出場し、なんとベスト4まで進出したことがある。そして驚くべきことに、高校入学当時は野手ではなく“投手志望”だったそうだ。

 今となって遠投100メートルという地肩の強さを聞けば納得も納得だが、1年生時は“小柄すぎる”という理由で身体作りを目的として外野手に転向することに。ただ、投手としての素質に非凡なものがあったため、当初は短期間の予定で、身体が大きくなれば投手に戻るハズであった。

 ところが、足が速くて打撃も抜群。結果的にメキメキと頭角を現してしまい、外野手としてチームに必要不可欠な選手となってしまった。こうして高校3年間は外野手兼投手として活躍することとなったのである。

 そんな近本は、2年夏の県予選ではチームのリードオフマンとして、3年夏の県予選では3番を任されるなど、まさにチームの中心選手へと成長していく。

 しかし、この2年ともベスト8で惜しくも敗退(11年は川西緑台に1-3、12年は滝川二に4-7だった)。高校3年間での最高成績は高2の春の県大会準優勝(決勝戦で明石商の前に3-5で惜敗)で、甲子園とは無縁であった。

 それでも最後の夏の県予選では全5試合で、打っては17打数7安打2打点で打率4割1分2厘という高打率をマーク、投げても先発&リリーフで計7回に登板。中でも5回戦の神港学園との一戦では6回を投げて1失点という好投を見せ、結果的にチームを2-1で勝利に導いている。

 高校卒業後の13年春に関西学生野球連盟に所属する古豪・関西学院大学に進学。打者の手元で消えるスライダーを駆使した技巧派サウスポーとして期待されての入学だったが、肩ヒジの故障もあって、なかなか出番に恵まれず(3季連続でリーグ戦に出場することができなかった)、2年生の秋に外野手転向を決断。

 その直後のリーグ戦で1試合ながら初出場を果たすと、15年の3年春のリーグ戦から1番または3番でセンターのレギュラーの座を獲得。するといきなり58打数22安打でリーグ3位となる打率3割7分9厘を記録。さらにリーグ最多となる10盗塁をマークし、ベストナインを獲得するという、まさに大ブレイクを果たしたのである。

 だが、続く秋のリーグ戦で41打数11安打、打率2割6分8厘と低調な成績に終わると16年の4年春のリーグ戦では右ヒジを骨折してしまい、2戦目以降、欠場を余儀なくされてしまった。近本にとっては最後に残された4年秋のリーグ戦が復帰戦の舞台となったのである。

 その注目の初戦だった。なんと京都大学相手に自身大学1号となるソロ本塁打を放ったのだ。まさに華麗なる復活であった。さらに立命館大学との初戦でも2号となる3ランを記録。そのときの対戦投手は17年のドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1巡目指名を受け、翌18年シーズンでセ・リーグの新人王に輝くことになる東克樹(23)であった。

矢野監督が才能を評価

 結局、大学時代は4年間でリーグ戦5シーズン、計30試合に出場し、122打数43安打(うち二塁打2本、三塁打3本、本塁打2本)で打率3割5分2厘、16打点、13盗塁をマーク。だが、プロからは声がかからず、社会人野球の強豪・大阪ガスに進むことに。そしてこの大阪ガスでついに近本の才能が全開花することとなるのである。

 ルーキーながら堂々とレギュラーの座を勝ち取ると、都市対抗野球の2次予選で2試合連発の右越え弾を放つなどチームを牽引。予選で敗退したものの、この活躍が認められ、三菱重工神戸・高砂の補強選手に選ばれたのだった。

 その初戦となるNTT東日本戦では2番・センターで先発出場を果たすと5打数3安打1打点1盗塁をマーク。チームは5-7で惜敗したものの、のちにこの大会の優勝チームとなる相手を脅かす大活躍を見せたのであった。

 翌18年、近本の打棒はさらに進化することとなる。4月に開催されたJABA岡山大会(優勝チームは毎年秋に行われる社会人野球日本選手権への出場権を得ることができる)で18打数8安打、打率4割4分4厘をマークし、首位打者を獲得。同時にチームも優勝に導く大活躍を見せたのである。

 その打棒の勢いは衰えることなくさらに加速。都市対抗野球予選では全5試合で22打数9安打(うち、二塁打三塁打本塁打が各1本ずつ)、打率4割9厘を記録したほか、打点8、盗塁2と大暴れし、チームを本大会へと牽引。

 そして5番に座った本選で、近本にとってのアマチュア野球人生において最大のクライマックスが訪れることに。初戦からそのバットは全開で、信越硬式野球クラブ戦と続く新日鉄住金かずさマジック戦では、ともに5打数3安打1打点と大暴れ。以降、準々決勝のNTT東日本戦でも4打数2安打1打点、準決勝のJR東日本戦では3打数2安打1打点、決勝戦の三菱重工神戸・高砂戦で4打数1安打1打点。なんと計5試合で21打数11安打(うち、二塁打2本、本塁打1本)5打点を記録し、脅威の打率5割2分4厘をマーク。チームを見事優勝に導いたのである。

 その中でも特に圧巻だったプレーは、まず2回戦のかずさマジック戦だろう。3-4とリードされた4回表の第2打席でセンター前の打球をツーベースにする駿足ぶりを発揮し、チームの同点劇を演出したかと思えば、続く5回表の第3打席では2死一、三塁のチャンスからまたも駿足を飛ばし、三塁内野安打で決勝点となる1点をもぎ取ったのである。

 また、準決勝のJR東日本戦では2本の長打を放っているが、そのうちの1本は先頭打者で迎えた8回裏の打席での値千金の一打となった。相手投手の投げた外角への145キロ直球をジャストミートし、レフトスタンドへ飛び込む決勝ソロ本塁打となったからだ。

 結果的にこの大会で近本が放った全11安打はすべてセンターから左側の逆方向へのものとなったほか(内野安打3本、単打5本、長打3本)、持ち前の総力を活かし盗塁も4つマーク。見事に首位打者に輝くとともに優勝の立役者として大会MVPの証しである“橋戸賞”を獲得することとなったのである。

 そしてこの大会での大活躍で,この年の秋のドラフトにおいて一躍、上位指名の有力候補野手として注目されることとなったのだ。

 中でも近本の才能を高く評価していたのが、このドラフトの直前に阪神の新監督に就任した矢野燿大(50)であった。昨シーズン、阪神の2軍監督を務めていた矢野は、ドラフトの約1カ月前に近本のいた大阪ガスと練習試合で対戦。「阪神でいうなら赤星のようなタイプだが、その赤星の身体も打撃もひと回り大きくしたようなイメージ」と、その実力を自ら体感していた。これが大きかったと言えよう。

 阪神は藤原恭大と辰己凉介という外野手2人を続けてクジで外したものの、初志貫徹で外野手を指名し続けた。そして3度目の正直で近本を単独指名。これが結果的に功を奏した。

 プロ1年目でセ・リーグの新人安打記録を更新し、さらに盗塁王も獲得した近本。そんな近本と今年のセ・リーグ新人王を争う双璧を見られるのが、高卒のプロ2年目で36本塁打&96打点をマークした東京ヤクルトの村上宗隆(19)だ。

 だが、今シーズン終始最下位に沈んでいた東京ヤクルトに対し、壮絶なAクラス争いを繰り広げ、見事に3位を勝ち取った阪神。その核弾頭として大活躍をみせた近本のほうに、やや軍配が上がるような気がする。

上杉純也

週刊新潮WEB取材班

2019年10月19日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る