巨人「菅野」&広島「中崎」 絶対的エースと不動の守護神を襲った“蓄積疲労”

巨人「菅野」&広島「中崎」 絶対的エースと不動の守護神を襲った“蓄積疲労”

 巨人の5年ぶりとなるリーグ優勝で幕を閉じた今季のセ・リーグ。一方、開幕前に本命視された広島のリーグ4連覇はならず、4位でクライマックスシリーズ進出も逃した。両チームとも投手陣に不安があり、主軸の投手が思うような成績を残せなかったが、結果として両者の明暗を分けたのは何だったのか。現役時代は広島で先発、抑えとして22年間で148勝138セーブを記録し、現在はNHKなどで野球解説者を務める大野豊氏に聞いた。

 ***

 巨人はシーズンを通して先発の頭数が揃わなかった。山口俊が投手三冠の活躍で勝ち頭となったが、大黒柱の菅野智之が自身ワーストの防御率3.89と安定感を欠いた。大野氏は「(今季の成績は11勝6敗で)2ケタ勝っているし、普通の投手で考えれば十分な数字かもしれない。ただ、菅野という投手のレベルで考えたら、本人もそうだし、周りも納得できないシーズンだったのではないか」と指摘する。

「菅野と言えば、現在の日本球界でトップレベルの投手。技術的なことだけでなく、メンタル面や投手としての考え方も最高峰と言える。今年もキャンプでは素晴らしいボールを投げていたが、シーズンに入ると彼らしくない投球が多かった。ボールの角度や質、それからコントロールも今ひとつで、全体的にボールが高めに上ずるイメージがあった」

 原因は、体調面にあったと大野氏は断言する。

「シーズン中に何度も登録抹消されたように、腰痛が原因で投げきれなかった。もともと持病だったが、今年は特に状態が悪く、悪い時の投球フォームは、好調時とは別人のようだった。腰の痛みをカバーしながら投げるので、上体に頼る投げ方になり、下半身の粘り強さが感じられなかった。その分、ボールを長く持つことができず、スピン量なども彼本来のものではなかった。リリースポイントが早くなることで、投球に角度がつかず、高めに浮いてしまうし、うまくコントロールもできない。それで序盤から大量点を取られるケースが多く見られた。なんとか抑えてやろうという気持ちは見えたし、上体でなんとかバランスをとりながら投げていたが、思うようなボールが投げきれず、本人も相当ストレスが溜まっていたと思う」

 自身も腰の分離症があったという大野氏。自らの経験も踏まえて、球界を代表する右腕に対して、先々へのアドバイスも贈った。

「腰の故障に関しては、何か原因があると言うよりは、これまで頑張ってきた中で蓄積された、目に見えない疲労だと思う。腰は痛めるとクセになってしまうところがあるので、完治したように思っても、どこかで疲れが出た時に、また痛めやすくなる可能性が高い。自分の場合は筋力を維持してカバーするために、腹筋と背筋を欠かさずやった時期もあった。手術や注射など、西洋医学に頼ることも選択肢としてあるが、再発防止のために、治療以外にも何か考える余地はある。ケガも経験。その時に失うものはあるが、同時に得るものもあるはず。今回、彼が腰を痛めたことで来年以降、原因究明や対処法、事前予防も含めて先々に活かすことができれば、さらなるレベルアップにつながることになる」

守護神の不調の原因は

 リーグ4連覇を逃した広島は、3年連続胴上げ投手となった中崎翔太がクローザーの役割を果たせなかった。「カープの順位を大きく変えたというぐらいのものだった」と大野氏が指摘した守護神の不調の原因は何だったのか。

「勤続疲労と目に見えない疲労感。これがかなりのウエイトを占めていると思う。もともと彼は指に血行障害があって、キャンプから春先ぐらいまでは、あまり調子が良くない。今年もスロースターターと言うか、そういう状態かと思って見ていたが、気温が上がってもスピードが上がらず、コントロールも悪かった。シーズン後には右ヒザの手術を行うなど、体調が万全でない中で、本人も、何かおかしいと感じる中で投げながら、結局1年を通じていい状態の時に戻すことができなかったシーズンだったのではないか」

 昨季まで4年連続で60試合前後を投げて蓄積された疲労が、投球内容や技術面にも影響していたと大野氏は言う。

「基本的に球種が少ない投手で、落ちる球もあるが、ほとんどがストレートとスライダー、この2種類で勝負するタイプ。今年は真っ直ぐがスピード不足だっただけでなく、キレも良くなかった。全てのボールの制球が今ひとつで、コースも甘かったし、フォアボールも多かった。投球フォームに関しても、股関節の絞りが甘いため、踏み出す足のヒザの方に体重が流れてしまい、力がうまく入っていないように見えた。ピッチャーは疲れると下半身が使いきれなくなり、腕だけで投げてしまうような形になってしまう。バッターにも同じことが言えるが、タイミングやバランスを生み出すのは下半身から。そこが疲労や故障で問題があると、全部が崩れてしまうことになる」

 今季限りで退任した緒方孝市監督は、走者を許しても点は取られない中崎の投球を高く評価していた。大野氏はその凄さを認めつつ、理想的な抑え投手の持論も主張する。

「昨年までの実績から、ベンチだけでなくチームメイトからも、中崎が打たれたら仕方がない、と思えるぐらいの信頼感を得ていた。ただ、今年はそのケースがあまりに多く、周囲からの見る目も変わってきた。ハラハラドキドキの『中崎劇場』も、結果が出なければ、不安や不信につながりやすい。自分の考えでは、9回を任される投手は、いかに走者を出さないか、3人で終われるかで、信頼を得られるもので、それがクローザーの条件のひとつだと思う。走者を許せば余計な神経も使うことになるし、球数も増えて、肉体的にも精神的にも疲労度が増す。中崎はこれまでそういう状況が多かったので、その積み重ねが今年、悪い方に出たということも考えられる」

 今季はいずれも不本意な成績で終わった2人だが、悪いなりに1年間投げ切って2ケタ勝利をマークした菅野の巨人はリーグ優勝を果たし、クローザーの座を守れずシーズン終盤に離脱した中崎の広島はBクラスの4位に沈んだ。
「どんなに一流と呼ばれた投手でも、必ずつまづくシーズンはある」という大野氏は、リーグを代表する両投手の今後に期待する。

「おそらく2人に共通しているのは、今年の結果には相当悔しい気持ちを持っているだろうし、不甲斐ない思いが非常に強いシーズンだったということ。2人ともまだまだレベルアップできる年齢の投手なので、オフにはしっかり体を治してケアもして、来年以降にもう一度、彼ららしい投球を見せて欲しい」

 チームの命運を左右する絶対的エースと不動の守護神。2人の投球が来季のペナントレースの行方を左右することは間違いなさそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月23日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る