11月23日、横綱審議委員会(横審)は、3場所連続休業した白鵬(35)と鶴竜(35)の両横綱に「注意」を決議した。横審が「注意」を決議したのは史上初。来年の初場所に出場しないと、「引退勧告」になる可能性があるそうで、2人に事実上の「最後通牒」を突き付けた形だ。

 ***

 両国国技館で行われた横審の会合では、全8人の委員のうち、出席した6人全員一致で「注意」が決まった。決議事項には、厳しい順から「引退勧告」「注意」「激励」がある。2018年の九州場所で初日から4連敗して途中休場した稀勢の里に「激励」を出したが、今回はそれより重い「注意」である。

 今回、白鵬と鶴竜の過去2年の12場所を検証したという。両横綱とも、休場したのは8場所で、全休(初日不戦敗も含む)も4場所ずつある。

 白鵬が横綱になったのは、2007年7月場所である。以来、79場所で15回休場。うち全休したのは7場所。鶴竜は、39場所で17回休場、うち全休(初日不戦敗も含む)は7場所。横綱になって半分近くの場所で休場していることになる。

「横審が『注意』決議をしたということは、来年の初場所に出なかったら『引退勧告』するということです」

 そう解説するのは、ベテラン相撲記者だ。

「白鵬は44回優勝して、体力的にもピークを過ぎました。本来ならもうとっくに引退していてもおかしくありません」

東京五輪で土俵入り

「なぜ横綱を続けているかというと、東京五輪で開催される『大相撲東京2020オリンピック・パラリンピック幕内トーナメント』で、横綱の土俵入りをしたいからです。白鵬の父親は、モンゴルレスリングの選手で、メキシコ五輪で金メダルを取り、モンゴルレスリングを世界に知らしめたことがある。父親と同じように、相撲を世界に発信させたいという願望があるんです」

五輪が来年に延期になったため、来年まで現役を続けるというわけである。

「横綱を続けるために、休業して力を温存しているのです。というのは、貴乃花が7連続休業したことがあるし、稀勢の里にいたっては8連続休業という前例があるからです。だったら、3連続休業したって、問題ないだろうと白鵬は思っているのでしょう」(同)

 白鵬は、先場所右膝の回復が思わしくないというのを理由に休場した。

「7月場所で右膝半月板や膝蓋大腿靭帯などを損傷し、13日目から休場。8月に右膝の内視鏡手術を受けています。9月場所は全休となりましたが、今はほとんど回復していますよ。実は、10月16日から22日にかけて、相撲教習場で彼を含め関取が10人稽古をしました。貴景勝、正代、高安らが参加しています。白鵬は、正代と15、6番稽古して、一度も負けませんでした。元気バリバリなんです。あの稽古を見ただけでも休業する必要はないのは一目瞭然。誰もが11月場所に出ると思っていました。こんな調子ですから、先場所はズル休みじゃないかという声が出てしまうんです」(同)

鶴竜は“腰砕け”

 鶴竜はどうか。

 ベテラン記者は、今年の7月場所初日、遠藤に腰砕けで敗れたことに注目する。

「鶴竜は遠藤と四つに組んだ時、裾払いを行いました。右足で遠藤の左足を払おうとしたところ、遠藤が左足を引いたので、鶴竜の右足が空を切り、バランスを崩して倒れてしまったのです。腰砕けです。これは、もっとも惨めな負け方です。1955年に“腰砕け”が決まり手になって以来、横綱や大関など、腰砕けで負けた力士は鶴竜が初めてです。もはや、相撲を取れる身体ではありません」(同)

 この取組で、右肘靭帯を損傷。2日目から休場した。

「右肘だけでなく腰痛も併発し、9月場所と11月場所を全休しています。彼はもはや満足な稽古もできず、身体はガタガタですね。横綱ではなくて、完全に平幕の相撲になっています」(同)

 では、なぜ引退しないのか。

「彼も休場して横綱を長く務めたい。白鵬を真似ているんでしょう。鶴竜は引退後、年寄株を取得するために日本国籍を申請中です。帰化審査は厳しく、承認されるのは早くて2021年と言われていますからね」(同)

 そもそも横綱とは、何度も休業してまでズルズルと続けるものではないはずだ。

「栃錦(横綱在位6年)は、『横綱は桜の花が散る如く、惜しまれながら引退するのが美学』と言っていました。若手の力を感じるようになったら、ぱっと身を引く。そして、後輩の育成に専念する。きれいな形で辞めなきゃ横綱ではありません。白鵬や鶴竜には、日本人が好む土俵の美学がありませんね」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年12月1日 掲載