2年ぶりに行われた選抜高校野球で話題となったのが、「1週間500球」という球数制限だ。この規定に達して降板となるケースはなかったものの、畔柳亨丞(中京大中京)、達孝太(天理)というプロ注目のエースは制限投球数に近い球数を放り、準決勝ではともに先発を回避。リリーフで登板した畔柳は右肘の不調を訴えて2回1/3でマウンドを降りている。今後もこの制限については継続して議論される予定で、夏の甲子園についても「休養日」を1日増やすことが決定された。

 高校野球では、このように選手への負担を減らそうという試みがようやく実行に移されてきたが、その一方で“エースと心中”という起用がいまだに根強いのが大学野球である。

エースが全試合に登板

 一部と二部のチーム力の差が小さく、“戦国東都”と言われる東都大学野球では2003年春の入替戦で当時日本大のエースだった那須野巧(元横浜、ロッテ)が3試合全て完投。3日間で428球を投げて話題となった。また、関西学生野球でも07年秋には関西大の武内宏樹がリーグ戦12試合全てに先発ということもあった。

 10年以上昔の話と思われるかもしれないが、18年春には、東洋大の上茶谷大河(現DeNA)と亜細亜大の中村稔弥(現ロッテ)が、リーグ戦の最終節で3日連続先発のマウンドに上がっている。ちなみに、東洋大は優勝がかかった試合だったが、亜細亜大は優勝もなく、最下位に沈んで入替戦に回ることもない状況であり、それでも中村が3連投しているところに、1人の投手への“依存度”の高さが表れていると言えるだろう。

 そして、この春もこのような起用は続いている。駒沢大は5月6日終了時点で9試合を消化しているが、エースの福山優希が全試合に登板し、そのうち8試合が先発。また、亜細亜大の松本健吾は9試合中8試合に登板して、6試合で先発している。

 ここまで登板した回数は福山が56回1/3、松本が53回1/3。長丁場のプロ野球と、リーグ戦が約2ヵ月で終わる大学野球を単純比較できないが、5月6日終了時点でこれだけの回数を投げているプロの投手は1人もいない。

 東京六大学でも回数はそれほど多くないとはいえ、立教大の池田陽佑が4試合全ての先発マウンドに上がっている。高校野球では、よく力のある投手を複数揃えることが難しいと言われているが、大学野球の場合は決してそうではない。

 今回、取り上げた大学のこの春に登録されている投手の数を調べてみると、駒沢大は32人、亜細亜大は33人、立教大は26人となっており、甲子園出場経験がある選手も少なくない。これだけの投手がいながらも、エースに頼らないといけないというのは、選手の育成が上手く機能していないという証明とも言えるだろう。

投球数ガイドラインの運用がスタート

 しかし、そんな大学球界でも、新たな取り組みに着手しているリーグも確かに存在している。それが首都大学野球連盟だ。連盟として「医科学専門プロジェクトチーム」を発足させ、18年春のリーグ戦から、以下のような投球数ガイドラインの運用をスタートしている。

1、先発1戦目は投球数制限をしない。
2、2戦目は前日121球以上投げた場合は、翌日50球までとする。但し投球中に50球を超えた場合はイニング終了まで可とする
3、1戦目で120球以下の場合は連投を妨げない
4、雨天で1日あけた場合は、制限を設けない

 比較的、緩やかな規制ではあるが、少なくとも2日以上連続して1人の投手が完投するようなケースは確実に防げることは間違いない。ガイドラインの策定は18年春からであるが、先述した医科学専門プロジェクトチームでは12年秋からリーグ戦の投球数を調査しているという。

 これが好影響を与えたのか、近年、首都大学野球からは好投手が多く輩出されている。ドラフト1位でプロ入りした選手だけでも、菅野智之(東海大→12年巨人1位)、佐々木千隼(桜美林大→16年ロッテ1位)、松本航(日本体育大→18年西武1位)と3人にのぼる。

 さらに、今年のドラフトでも筑波大の佐藤隼輔、帝京大卒の広畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)が有力な1位候補とされる。1つのチームだけでなく、それぞれ別のチームからこれだけ1位の投手を輩出しているという点に、リーグとしての取り組みの成果がよく表れている。

 こういったガイドラインや球数制限を設けることは、酷使されるエースを守ることはもちろんだが、他の投手の登板機会が増え、全体のレベルアップに繋がる可能性が高い。指導者の意識を変えることにも繋がるはずである。高校野球だけでなく、アマチュア球界全体で、多くの選手が活躍できる環境が整えられていくことを望みたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月9日 掲載