J2山口で才能開花

 6月15日、カタールW杯アジア2次予選の最終戦で日本はキルギスを5−1で退け、全勝で9月から始まるアジア最終予選進出に花を添えた。

 ***

 11日のセルビア戦からボランチの守田英正(26)以外の10人を入れ替えた森保一監督(52)。今シリーズで初招集の坂元達裕(24)、2度目の川辺駿(25)、大迫勇也(31)の負傷により追加招集されたオナイウ阿道(25)をスタメンで使うには、この試合しかなかったのも確かだ。

 そして3人ともその期待に応えた。実力差はあったものの、キルギスは旧ソ連だっただけにフィジカルはヨーロッパ人に近い。このためフレッシュな序盤は球際の競り合いで坂元らを圧倒した。

 しかし時間の経過とともに日本のパスワークに後退し、ゴール前に人数を割いて守るようになる。ここで躍動したのがオナイウ阿道だった。

 当初発表されたメンバーで、FW登録は大迫と浅野拓磨(26)の2人しかいなかった。しかし浅野はMF登録の伊東純也(28)、古橋亨梧(26)と同じスピード系の選手で、1トップでもサイドでもプレーできる。

 逆に大迫のようにポストプレーができるオールラウンダーはなかなかいない。故に大迫は「替えの効かない」絶対的なエースだった。彼の後継者候補となると、U-24日本代表の上田綺世(22)くらいしかいなかった。

FWの基本

 そこに名乗りを上げたのがハットトリックを達成したオナイウ阿道である。今シーズンのJ1リーグで10ゴールは日本人トップ。それが評価されての追加招集だったことは間違いない。

 そして今シーズン好調な彼の特長が最もよく表われていたのが31分の2点目と33分の3点目である。2点目は坂元とのワンツーで抜け出した川辺のクロスを押し込んだゴールだったが、川辺のドリブルに反応して最初はニアに走ってマーカーをつり出し、瞬時にファーへ流れて左手でGKとDFの間にクロスを要求した。

 その意図を川辺も瞬時に理解し、「阿道があそこに入ってくるのはわかった。上手くアイコンタクトを取った瞬間に裏を取ってくれたので、あそこに出すだけだった」と振り返る。

 3点目はバイタルエリアでパスを受けると原口元気(30)にはたいて、そのままペナルティエリア左に入る。そして左SB小川諒也(24)にパスが渡ると右サイドのファーに流れてヘディングで押し込んだ。何気ないようにポジションを移動しながら、敵GKとDFとボールを持っている味方選手の3つを視野に入れる、FWにとって基本とも言えるプレーだ。

強いフィジカル

 実は今シーズンのJ1でオナイウ阿道は5月1日の第12節、FC東京戦でハットトリックを達成して通算ゴール数を8に伸ばしたが、1点目と2点目はいずれもキルギス戦の2点目と同じパターンだった。右サイドを俊足FWエウベルがドリブル突破すると、いずれもニアへ走り込んでマーカーの意識を引きつけ、回り込むようにファーへ流れてフリーとなり右クロスを押し込んだ。

 元々フィジカルには定評があったが、荒削りなところもあり16年のリオ五輪ではバックアップメンバーとして現地入りした。久保裕也(27)がクラブの事情で招集を断念しなければならなかった時に、代わりにバックアップメンバーから代表入りしたのが鈴木武蔵(27)だった。

 父がジャマイカ人の鈴木と、ナイジェリア人のオナイウ阿道は何かにつけて比較されたが、先に代表デビューしたのも鈴木だった。しかし18年、オナイウ阿道に転機が訪れる。元JFA技術委員長の霜田正浩が監督を務めるJ2山口でストライカーとしての才能が開花。42試合で22ゴールをあげて注目を集めると、翌年はJ1の大分を経て昨シーズンに横浜FMへの移籍を果たした。

 大迫の後継者探しは長年の課題だった。しかしオナイウ阿道が結果を残したことで、その候補となったことは確かだろう。22日には五輪のメンバー18名が発表され、来月の22日からは東京五輪が始まる。

メダルの可能性

 日本がメダルを獲得できるかどうかに注目が集まるが、五輪を経て成長した選手らが8月30日から始まる予定のアジア最終予選で日本代表に合流する。日本以外にアジア最終予選に進出したのは1位突破のシリア、オーストラリア、イラン、サウジアラビア、UAE、韓国の6チームと、2位突破の中国、オマーン、イラク、ベトナム、レバノンの5チーム。

 最終予選は6チームが2グループに分かれてリーグ戦を戦い、各グループ上位2チームが本大会へ出場。3位同士がアジア・プレーオフを行い、勝者が大陸間プレーオフに回って、ここで勝利すれば本大会に進出できる。最終予選は基本的にホーム・アンド・アウェーだが、コロナ渦の影響でセントラル方式の1回戦のリーグ戦か、ダブル・セントラル(時期をずらして2カ国でリーグ戦を実施)となる可能性もある。

 森保監督は最終予選について「できればホーム・アンド・アウェーがいいです」と希望しながらも、セントラルになったとしても「コロナ対策をしながらの大会になるかもしれないので、(今回が)いいシミュレーションになった。食事は学校みたいに前を向いて食べ、部屋の行き来もできなかった。選手はガマン強くやってくれた」と手応えを口にした。

「これまで戦ってきた2次予選とは別次元の戦いと思わないといけない。フワッと入ってしまったら痛い目を見る」(森保監督)ことだけは間違いない。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年6月18日 掲載