貯金を作れることが魅力

 ペナントレースもいよいよ佳境を迎えているプロ野球。10月11日にはドラフト会議が開催される予定で、徐々に来季に向けての動きも気になる時期となってきた。中でもファンが気がかりなのが、フリーエージェント(FA)権を取得した選手の動向ではないだろうか。

 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、試合数が少なかったことも影響したこともあり、山田哲人(ヤクルト)や大野雄大(中日)、増田達至(西武)といった大物選手が揃って残留し、国内でFA移籍をした選手は、梶谷隆幸と井納翔一(ともにDeNAから巨人)だけだった。これは、2008年に新しいFA制度が導入されたから最も少ない数字である。だが、今年はその反動から多くの選手、球団が動く可能性も十分に考えられる。新たに国内FA権を取得した選手を中心に、このオフのFA戦線について展望してみたい。

 まず、需要の高い先発投手で、動向が気になるのが、広島の大瀬良大地と九里亜蓮だ。昨年は不振だった大瀬良は、今年の後半戦のスタートから勝ち星を積み重ねて、復調の兆しを見せている。過去に負け越したシーズンは2015年のみで、先発として貯金を作れることは大きな魅力だ。現在、チームで投手キャプテンを務め、球団への愛着を口にしているとはいえ、FA権についてはまだ明確な態度をとっていない。仮にFA権を行使すれば、多くの球団による争奪戦となることは必至だ。

巨人が獲得に乗り出す可能性

 九里は、大瀬良ほどの成績は残していないものの、通算成績は勝ち越している。長いイニングを投げられるスタミナが持ち味で、今年も含めて5年連続100イニング以上登板を果たした。楽天の石井一久監督兼GMが好む、いわゆる“イニングイーター”であり、FA権を行使することになると、楽天が好条件を提示する可能性は高そうだ。

 続いて、リリーフ投手。最も実績のある投手では、山崎康晃(DeNA)が対象となる。昨年は大きく成績を落とすも、今年はセットアッパーとしてチーム最多のホールド数をマークしている。高額な年俸と「Aランク」と見られる補償面の負担の大きさから手を挙げる球団は限られそうだ。その実績は申し分ないだけに、同一リーグでDeNAの戦力低下を狙いたい巨人が、山崎の獲得に乗り出す可能性は十分にありそうだ。

 一方、山崎に比べて年俸が低いため、多くの球団が手を挙げる可能性がありそうなリリーフ投手もいる。中日の又吉克樹と祖父江大輔だ。又吉は2018年からの2年間は苦しむも、昨年から復活傾向にあり、今年はキャリアハイとも言える成績を残す可能性が高い。なかなかいないタイプの本格派サイドスローで、今年の交流戦でも見事な投球を見せた。

大黒柱として好条件を提示か

 祖父江は昨年、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得したほか、2018年から4年連続で40試合以上に登板するタフネスぶりを発揮している。中日の地元愛知出身ではあるが、一昨年のオフには契約更改で査定について、球団に疑問を投げかけた経緯もあるだけに、FA権を行使して他球団の評価を聞くことも十分に考えられる。

 野手では、梅野隆太郎(阪神)と宮崎敏郎(DeNA)が目玉となりそうだ。梅野は、3年連続でゴールデングラブ賞を受賞し、今年も不動の正捕手として攻守にチームを支えている。阪神も当然、大黒柱としてかなりの好条件を提示すると見られるが、もし宣言となれば、当然動く球団は出てくるだろう。

 そして、梅野以上に動きがありそうなのが宮崎だ。2017年に首位打者を獲得してから昨年までの4年間で3度の打率をマーク。今年も安定した打撃で不動の中軸として活躍している。守備範囲は広くないものの、サードの守備も堅実だ。右打ちの強打者でしかもサードが守れるとなれば、需要は非常に高い。松田宣浩の後釜に苦労するソフトバンクは、補強ポイントにピッタリ当てはまる選手だ。宮崎自身も九州出身だけに、宣言すれば獲得に動く可能性は高いのではないだろうか。

活発な市場になることを期待

 日本ではいまだにFA権を行使しての移籍に対して否定的な意見も少なくないが、プロである以上より良い条件の契約を求めることは、何らおかしいことではない。また、選手の移籍が増えることで、球界全体が活性化する部分も少なからずあるはずだ。冒頭でも触れたが、昨年は動きが少なかっただけに、今年のオフは活発なFA市場になることを期待したい。

<FA権の行使が注目されている選手の推定年俸>

大瀬良大地(広島)=推定年俸1億7500万円
九里亜蓮(広島)=推定年俸8700万円
山崎康晃(DeNA)=推定年俸2億8000万円
又吉克樹(中日)=推定年俸4200万円
祖父江大輔(中日)=推定年俸7000万円
梅野隆太郎(阪神)=推定年俸1億1000万円
宮崎敏郎(DeNA)=推定年俸1億7000万円

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月18日 掲載