ルーキーの活躍が目立つ今年のペナントレース。中でも、阪神は佐藤輝明、伊藤将司、中野拓夢が大活躍を見せており、彼らの存在がなければ、優勝争いに加わることも難しかった。Bクラスに沈む広島もまた、栗林良吏と森浦大輔の活躍がなければ、チームはもっと苦しい状況となっていただろう。今月11日に行われたドラフト会議では、支配下、育成を合わせて128人の選手が指名されたが、結局、来年からすぐに戦力化できる選手をより多く獲得できたのは、果たして、どの球団なのだろうか。全選手の顔ぶれを見ながら、探ってみたい。

ルーキートリオが穴を埋めるか

 1年目から一軍の戦力となる可能性が最も高いのは、大学生と社会人の投手だ。4球団が競合した隅田知一郎(西日本工大)を引き当て、2位でも隅田と並ぶ大学生左腕の佐藤隼輔(筑波大)を指名した西武がやはり目立つ。

 しかし、来年の戦力という意味では、それ以上にプラスが大きいように見えるのがオリックス、ロッテ、広島の3球団だ。オリックスは、1位で大学生の右投手でナンバーワンの呼び声が高かった、椋木蓮(東北福祉大)の単独指名に成功した。2位以下は野手が続いたが、6位と7位で横山楓(セガサミー)と小木田敦也(TDK)をそれぞれ指名。

 3人とも150キロ前後を安定して、投げられるストレートの速さがある。椋木と小木田は制球力の高さが光り、横山は好調時にホップするようなストレートが魅力だ。オリックスの投手陣を見ると、先発は山本由伸、宮城大弥の二枚看板を筆頭に安定している一方で、リリーフ陣は抑えの平野佳寿を筆頭に比嘉幹貴や能見篤史といった大ベテランへの依存度が高くなっている。椋木や横山、小木田のルーキートリオが、その穴を埋める活躍を見せることも期待できるだろう。

いきなり一軍の戦力にも

 続いて広島。黒原拓未(関西学院大)や森翔平(三菱重工West)、松本竜也(Honda鈴鹿)と、大学生1人、社会人2人の投手を指名した。黒原は173cmと上背はないものの、躍動感が溢れるフォームから投げ込むストレートは、常時145キロを超え、チェンジアップやカットボールなどの変化球も年々レベルアップしている。短いイニングであれば、いきなり一軍の戦力になる可能性は高い。

 森は先発タイプのサウスポー。昨年まではスピードはあってもリズムが単調でとらえられることが多かったが、社会人2年目の今年はしっかり試合を作れるようになった。プロで貯金を作るには、もう少し球威か制球力を上げる必要性が出てきそうだが、1年目からローテーション争いに加わる可能性も十分にある。

 松本は高い制球力が魅力の右腕で、コーナーいっぱいに投げ分けるコントロールは社会人で上位クラス。鋭く横に滑るカットボールも面白い。スピードは、黒原や森より落ちるものの、数字以上に勢いが感じられる。今年はリリーフでの登板が多いが、先発の経験があるため、どちらでも力を発揮できそうだ。

ルーキーの活躍がチームに影響

 ロッテは、何よりも社会人ナンバーワンの広畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)を3位で指名できたことが大きいだろう。最速154キロのストレートはアベレージでの速さも十分で、数字に見合う勢いが感じられる。さらに、カットボールやスプリット、カーブなど多彩な変化球を操り、コントロールが安定している。1年目からいきなりローテーションに加わる可能性も高い。

 5位の八木彬(三菱重工West)は、完全なリリーフタイプ。大学時代は故障に悩まされたが、社会人で見違えるほど体つきが立派になり、150キロ前後のストレートで押すパワーピッチングが持ち味だ。ロッテのリリーフ陣は、30歳以上の中堅やベテランが多く、勤続疲労も目立つ。社会人でリリーフとして結果を残している八木の加入は、大きなプラスになる。

 野手は、ルーキーイヤーでの活躍はかなり珍しいだけに、過剰な期待をかけるのは危険だが、野口智哉(関西大→オリックス2位)、古賀悠斗(中央大→西武3位)、中村健人(トヨタ自動車→広島3位)などは、アマチュアで安定した成績を残している。彼らは1年目から一軍出場のチャンスがありそうだ。

 総合的に見ると、3人の投手に加えて、野手でも即戦力候補がいるオリックスと広島の上積みが大きい。ドラフトは、即効性よりもチームの将来を考えるべきというのはもちろんだが、冒頭で触れたように、ルーキーの活躍がチームに与える影響が大きいシーズンがあることも事実だ。また、今回の記事で紹介した以外にも、プロの世界に揉まれることで、1年目から急激な成長を見せる選手が現れることにも期待したい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月14日 掲載