〈原監督続投へ〉

 そんな見出しが日刊スポーツ1面を飾ったのは今月10日のことだった。

 前夜の広島戦に1−7と大敗し、首位ヤクルトとのゲーム差が9・5に開き、優勝は絶望的――そんな寝覚めの悪い朝を選んでわざわざ報じなくても、と思うのだが、読み進めるとより大きな違和感に襲われる。

〈巨人原辰徳監督(63)が来季も続投する方向で調整していることが9日、分かった。(略)正式要請となれば受諾に障害はない模様〉

 つまりこの“続投”報道の情報源は球団側ではなく原監督サイドなのである。

 被雇用者たる監督が今後も契約を継続するかどうかの情報は、本来なら雇用者たる球団側からもたらされるべきであろう。

「原監督を辞めさせられるのは原監督本人しかいないということでしょうか」

 全国紙デスクが苦笑する。

「かつて中日の山本昌投手が引退間際に落合GMから“(いつ辞めるかは)自分で決めろ”と言われたことがありました。名球会入りしたレジェンドが、自分で辞める時期を決められることはままあります。でも、監督業でそれが許されるなんて話は前代未聞ですよ。ちなみに、同紙は原監督と最も近いメディアで、信憑性は極めて高いです」

本来なら引責辞任してもおかしくない状況

 なぜ原監督に限って“前代未聞”が許されるのか。

「GM兼任の“全権監督”だからですかね。現場での選手起用や采配のみならず、選手の獲得なども好き勝手にできる。その上、監督を誰にするか、つまり自身の人事権も持っているということ。“たかが選手”と言い放ったナベツネさん(渡邉恒雄読売新聞主筆)がオーナーに留まっていたら絶対に許さなかったでしょうが」

 たしかに、これまで9度ものリーグ優勝を果たしている原監督の功績は多とすべきだ。しかし、今季はどうか。課題の外国人獲得はことごとく失敗しただけでなく、メジャーからの出戻りを許した山口俊投手(34)は今月8日までで7連敗を喫した。

「極めつきは世間の猛批判を浴びつつ日本ハムから獲得した中田翔(32)。戦力になっていないどころか、チームの雰囲気を壊したぶんマイナス効果です。どれもこれも原監督の一存で決まったことばかり。本来なら引責辞任してもおかしくないと思うのですが……」

 全権無責任監督、続投へ。

「週刊新潮」2021年10月21日号 掲載