プロ野球ペナントレースも大詰め。V争いとともに、個人タイトル争いも白熱してきた。

 タイトル争いといえば、大リーグ、エンゼルス・大谷翔平のシーズン終盤の敬遠攻めも記憶に新しいが、過去のNPBにおいても、ファンの興趣を削ぐような、醜いといっても過言ではない“敬遠騒動”が何度かあった。

「歩かせてください」

「無死満塁で敬遠」というまさかの珍事が起きたのが、1975年の広島・山本浩二と中日・井上弘昭の首位打者争いだった。山本は打率.319、井上は.318。わずか1厘差の争いは、10月19日の直接対決に持ち越された。

 シーズン最終戦とあって、山本は逃げ切り狙いでベンチスタート。井上もベンチ待機で様子を窺った。そして、中日が3回に無死満塁のチャンスをつくると、代打・井上が告げられた。嫌でも勝負せざるを得ない状況。井上が安打を記録すれば、5毛差で逆転する。

 だが、すでにリーグVを決め、消化試合の広島は余裕があった。古葉竹識監督は「勝負するか、歩かせるか、お前の好きなようにしてやる」と山本に意思確認。答えは「歩かせてください」だった。

 かくして、広島・永本裕章は井上に対し、4球続けてボールを投げ、“NPB史上初の満塁押し出し敬遠”が実現した。「クソ面白くねえ。何で勝負してこないんだ!」と井上は悔しがったが、中日はもう1試合残っており、10月21日のシーズン最終戦、阪神戦の結果いかんでは、逆転も夢ではなかった。

 この日3打数1安打の井上は、4打席目に安打が出れば、逆転首位打者が実現するところだったが、皮肉にも阪神・米田哲也が投じた初球は死球に……。球審に「当たっていない」と必死でアピールした井上だったが、判定は覆らず、タイトルは幻と消えた。

NPBタイ記録の1試合5四球

 首位打者獲得と引き換えに、敬遠攻めで相手チームの優勝を後押ししたことが物議を醸したのが、82年10月18日の大洋vs中日だ。中日・田尾安志は終盤の2試合で8打数6安打と固め打ち。トップの大洋・長崎慶一に1厘差の打率.350まで追い上げていた。

 優勝マジックを「1」とした中日は、シーズン最終戦の大洋戦に勝つか、引き分ければ優勝。だが、負ければ、ゲーム差なしで全日程を終えた巨人が逆転Vというスリリングな展開だった。

 中日が勝つためには、1番打者の田尾の出塁が大きなカギを握っていたが、大洋ベンチはそれを承知のうえで、初回の第1打席から田尾を四球で歩かせた。さらに中日が1対0とリードした3回も田尾は再び勝負を避けられ、1死一、二塁。労せずして得点圏に走者を進めた中日は、3連打と犠飛で決定的な4点を追加。7回にも田尾の四球絡みで1点を加え、試合は一方的になった。

 騒動が起きたのは、8回1死、田尾の5度目の打席だった。カウント3-0となった田尾は、「真っ向勝負してくれないのなら、気持ち良く三振しよう」と考え、2球続けて届かないボールにバットを振った。スタンドのファンはエキサイトし、左翼手が焼酎をかけられるなどの被害も出た。

 直後、黒江透修コーチが「お前は十分(V決定の)役目をはたしたじゃないか」と田尾をなだめ、試合再開。6球目を見送った田尾は、1試合5四球のNPBタイ記録(当時)となった。

 中日は8対0と大勝し、8年ぶりのリーグ優勝を決めたが、逆転Vに一縷の望みを託していた巨人ファンは、個人記録のために勝利を捨てた大洋に「敗退行為同然」と激怒。新聞社や試合を中継するテレビ局に抗議が殺到した。

 一方、「これを逃せば、あいつ(長崎)は生涯首位打者を獲れない」という“親心”から批判覚悟で敬遠を指示した大洋・関根潤三監督は「死ぬまで背負っていく」と汚名を一身にまといつづけた。

「あのときのほうが悔しいですよ」

 高校時代、夏の甲子園の明徳義塾戦で5打席連続敬遠に泣いた巨人・松井秀喜が、再び因縁の敬遠攻めを味わったのが、96年10月8日の中日戦だ。中日・山崎武司に1本差の38本塁打でシーズン最終戦を迎えた松井は、1打席でも多く回るよう、プロ初の1番ライトで出場した。

 巨人・長嶋茂雄監督の「正々堂々と勝負を」の呼びかけに対し、中日・星野仙一監督は「ワシは敬遠しろとも勝負しろとも何の指示も出さんよ」と答えたが、「2人一緒に獲ってしまったら、どうせ注目されるのは松井。僕が獲ったことなんか、世間から忘れられちゃいますよ」と、単独のホームランキングにこだわる山崎の心情も理解していた。

 野口茂樹と矢野輝弘の中日バッテリーも「武司も頑張ってきた。どうせなら2人より1人のほうがいいに決まっている」(矢野)と、1回の第1打席からすべてバットの届かない外角に投げつづけた。

 7回2死無走者での4打席目も当然のように勝負せず。右翼席の巨人ファンがグラウンドにメガホンなどを投げ入れ、試合が中断するひと幕もあったが、松井は4打席連続四球に終わり、タイトルを逃した。

 試合後、松井は「ものの見事にやられたけど、しょうがない。タイトルを獲れなかったのは悔しいけど、今回は優勝できたから、あのとき(明徳戦)のほうが悔しいですよ」と大人のコメント。

 一方、星野監督は「同じ130試合の勝負。逆なら勝負しないだろ? 批判を受ける覚えはまったくないよ」と力説したが、「“闘将”の名にふさわしくない行為」と非難する声があったのも事実。タイトル争いは、選手以上に、監督の悩める胸中が浮き彫りになるケースが多いようだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年10月16日 掲載