ヤクルト時代の2013年にNPB史上最多のシーズン60本塁打を記録したウラディミール・バレンティンが戦力外になり、ソフトバンクを退団した。本人は日本での現役続行を希望しているが、“日本人扱い”の国内FA資格者にもかかわらず、10月15日現在で獲得に動く球団はまだないようだ。

 しかし、過去にも戦力外通告を受けながら、複数の球団に在籍して長年プレーした外国人選手は少なくない。そんな“愛すべき助っ人”をプレイバックしてみよう。

「顔が審判を侮辱している」

 FA制導入後に来日した外国人で初めて国内FA権を取得したのは、2004年に近鉄から巨人に移籍したタフィ・ローズである。1996年から近鉄で8年間プレーしたローズは、巨人移籍1年目の04年に45本塁打を記録し、外国人史上初の両リーグ本塁打王に輝いた。だが、翌年は右肩故障で成績ダウン。「ジャイアンツ大嫌い。みんな下手くそ」という暴言も災いし、11月7日に戦力外通告を受けた。

 帰国後、一度は引退を宣言したローズだったが、「日本で野球をやりたい」と07年3月、オリックスにテスト入団。07年、08年と2年連続40本塁打以上を記録し、08年4月12日の楽天戦で、レロン・リー(ロッテ)が持つ外国人通算最多安打(1579本)を更新した。

 その一方で、主にストライク判定への不満をめぐり、NPB史上最多の退場14回を記録。08年5月17日のロッテ戦では、「顔が審判を侮辱している」という“変な理由”で13回目の退場を宣告されている。

 また、山崎武司と本塁打王を争っていた07年8月26日の楽天戦では、敬遠気味の四球にぶち切れ、野村克也監督を「バカ、バカ」と罵倒。「お前こそバカ」と、ローズに言い返した山崎と論争を繰り広げるなど、無類のトラブルメーカーながら、どこか憎めないキャラでもあった。46歳となった15年には、BCリーグ富山にコーチ兼任で入団。グッズの売り上げでも貢献した。

「日本に骨をうずめたい」

 ローズとは対照的に優等生イメージながら、「アイーン!」「ラミちゃん、ペッ!」などのひょうきんパフォーマンスで人気者になったのが、アレックス・ラミレスだ。

 7年間在籍したヤクルトでは、03年に本塁打王、打点王の二冠を獲得するなど大活躍。巨人でも移籍1年目の08年に打点王、FA権取得後の09年に首位打者、さらに翌年も本塁打王、打点王と数多くのタイトルを獲得した。だが、11年オフ、不安定な守備がネックとなり退団。巨人にFAで移籍した村田修一に代わる主砲を探していたDeNAに、実質的な“交換トレード”のような形で移籍した。

 DeNAでも12年に打率3割と19本塁打を記録し、翌年4月6日のヤクルト戦で、外国人史上初の通算2000本安打を達成したが、その後は拙守が目立ち、打撃不振も追い打ちをかけて7月に、来日後初となる2軍落ち。9月26日に戦力外通告を受けた。日本での現役続行を熱望するラミレスは、BCリーグ群馬に所属しながら、他球団からのオファーを待ったが、話はまとまらず、ついに現役引退となった。

 だが、16年には監督としてDeNAに復帰し、「日本のプロ野球で監督をやってみたい」の夢を実現。17年にはシーズン3位からCSを勝ち抜く“下剋上”を成し遂げ、日本シリーズ出場をはたしたのは、ご存じのとおりだ。14歳年上の夫人と離婚後、15年に日本人女性と再婚。「日本に骨をうずめたい」と口にする親日家は、19年には日本国籍を取得した。

NPB史上初の珍事

 最後に“幻の入団”も含めて外国人最多の5球団を渡り歩いた“ジャーニー・マン”を紹介する。

 01年のロッテを振り出しに足掛け11年間に渡って日本でプレーし、登板前に高速で腕をグルグル回す“準備運動”で人気を博したブライアン・シコースキーだ。ロッテでは入団2年目から2年連続47試合に登板したが、03年オフ、ボビー・バレンタイン監督の就任に伴う外国人入れ替えで、まさかの戦力外通告を受けた。

 同年12月、リリーフ陣の強化を目指す巨人が獲得。移籍2年目の05年に70試合登板の7勝14ホールドと大車輪の活躍も、「絶対的な抑え、中継ぎではない」と評価は低く、ウェーバー公示された。

 2週間後の11月21日、抑え候補を探していた楽天が、巨人に400万円の譲渡金を払って獲得したが、ここから“前代未聞”の騒動が起きる。

 シコースキーが子供の教育問題を理由に米球界復帰を希望したことが原因だった。交渉は難航し、1ヵ月後、楽天側は「(06年は)日本の他球団と契約しない」ことを条件に契約を解除した。球団同士の契約譲渡が完了しながら、選手との契約が成立しない幻の入団劇は、NPB史上初の珍事だった。

常に全力でプレーの“鉄腕リリーバー”

 しかし、日本球界は、まだシコースキーの力を必要としていた。インディアンス3A時代の07年5月、投手陣に故障者が相次いだヤクルトに緊急補強され、29試合に登板。翌年には「日本一のファンがいる」大好きな古巣・ロッテに復帰し、2年連続50試合以上に登板した。

 さらに10年には、通算5球団目の西武で33セーブを挙げ、初タイトルを獲得。同年はFA権も取得したが、翌11年に右肘を痛めてシーズン途中退団。12年オフに入団テストを経て、西武と再契約をはたすも、今度は春季キャンプ中に右膝を痛め、1軍登板のないまま、日本を去った。

 楽天との契約トラブルはあったが、使い勝手の良さから各球団で重宝され、通算438試合登板を記録。最速152キロの速球を武器に、常に全力でプレーした“鉄腕リリーバー”を懐かしむファンも多いはずだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年10月18日 掲載