2022年シーズンに向けた争奪戦

 果たして今オフ、海を渡る日本人メジャーリーガーは誰なのか――。プロ野球ではレギュラーシーズン終了が近づく今も、セ・パ両リーグともにペナント優勝、CS(クライマックスシリーズ)出場権を巡るAクラス争いで激しいデッドヒートが繰り広げられている。一方、MLBのスカウトたちも群雄割拠のNPBでインパクトを残す日本人選手たちの一挙一動を注視しながらスカウティング・リポートをまとめ上げ、詰めの作業に入っている段階だ。2022年シーズン以降、米大リーグでプレーする可能性のある「4人のサムライ」についてア・リーグ某球団の極東スカウト・I氏に忖度なしの「リアル評価」を聞いた。

【田中将大(楽天=32歳・プロ15年目)】
 とにかく勝ち星に恵まれない。そんな印象のある今季の成績はここまで22試合に先発し、4勝8敗、防御率3.11。名門ヤンキースで7年間プレーし、2019年まで6年連続で2桁勝利を飾ったはずのレジェンド右腕が8年ぶりに復帰した古巣では勝敗だけ見ると“苦戦”しているように思える。楽天のエースとして24勝0敗、防御率1.27という驚異的な成績を残した2013年の衝撃が余りにも強過ぎたことも、物足りなさを覚える要因となっているだろう。

ウイニングショットのスプリットの落差

 しかしながらMLBも重視するセイバーメトリクス(統計学的な分析)の投手指標の1つである「WHIP(投球回あたり与四球と被安打数の合計)」は1.05となっており、リーグ勝ち頭の山本由伸(オリックス)に次いで同2位をマーク。たとえ勝てなくても屈指の好投手として、それなりの内容を残していることに疑いの余地はない。

 だが、こうした点も加味した上でI氏は「確かに登板試合でゲームを作っているケースが多く、打線の援護を得られずに黒星を重ねていることに関しては不運なところもあるが」としながら意外にシビアな見解を示しつつ、次のように続けている。

「メジャー時代から彼の生命線であり、ウイニングショットとしても多投していたスプリットの落差がなくなり、見切られてしまって投球の幅がなくなっている。加齢によるものなのか、それとも今シーズン開幕に間に合わない原因となったコンディション不良によるものなのかは不透明だが、いずれにせよ下半身に踏ん張りが利かなくなっていることが投球に多少なりとも悪影響を与えている感は否めない」

 それも、勝負どころで痛打される要因として挙げられるという。

東京五輪でマイナーリーガー相手に

「今夏、東京五輪の米国戦でマイナーリーガー相手に4回途中3失点でKOされたことも間違いなく悪い材料だ。NYメディアはチームがワイルドカードで敗れたことで今になって四の五の文句を言っているが、ヤンキースが昨オフに田中の契約を“後回し”にした判断は決して誤った判断ではない」

 田中と楽天は推定年俸9億円の2年契約を締結しているが、今オフに契約の見直しが行われる可能性もあるという。今季終了後にオプトアウト(選手自ら契約を途中で破棄できる選択)で再びMLBへ復帰することも十分に考えられ、I氏は「MLBでの経験値が高い田中ならば、手を挙げる球団は複数出てくるだろう」と見込んでいる。

 それでも提示内容に関しては「ヤンキースや楽天で得たような高額サラリーのオファーは厳しい。来年33歳を迎えることも考慮すれば、インセンティブを除き2年200万ドルぐらいに収まるのではないか。ローテ入りも保証はされず、スプリング・トレーニングでは過去の実績を捨てゼロからの再出発を強いられると思う」とやや手厳しく締めていた。

年俸150万ドル〜200万ドル

【菅野智之(巨=32歳・プロ9年目)】
 昨オフにポスティングシステムを利用してのMLB挑戦を目指したが「100%自分の中で納得できるものがなかった」と移籍を断念。今年以降の再挑戦を見据えて臨んだ今季は故障や不振などで4度の出場選手登録抹消を繰り返し、18試合の登板で5勝7敗、防御率3.25にとどまっている。

 ただ、9月12日の広島戦(マツダ)以降の直近6試合は全てクオリティスタート(QS=6回を3失点以内)の内容でまとめるなど、MLBも評価ポイントとするQSの積み重ねによって尻上がりに本来の輝きを取り戻しつつあるようだ。

 とはいえ、I氏は「現状、是が非でも彼を欲しいという球団はない」とバッサリ切り捨て、こう続けている。

「今季の巨人での年俸は8億円(推定)とのことだが、仮に獲得する球団が現れたとしてもMLBに移籍するなら半分も用意できないとみている。高く見積もったとしても、インセンティブ抜きで年俸150万ドル〜200万ドル。そのラインで単年契約が妥当だ。彼は今季で株を大幅に下げた。故障を抱え、1年間フルで投げられないことをあらためて立証してしまった。来年32歳になる年齢面を見ても今後衰えが顕著になってくる」

『Make-Up』という項目

 さらにI氏が続ける。

「新天地で道を切り開いていこうという意思が見えづらい。MLBでは選手を獲得する際、技術や能力に加え、そのような人間性に関しても『Make-Up』という項目を設けて判断する。おそらく、今お話した程度の評価では余程の覚悟がない限り、菅野も代理人も折り合いを付けられないだろう。タイミングで言えば、昨オフがベストの条件だった。プロ入り前に巨人へ入るため1年浪人し、年齢を重ねていることもネックと言えばネック。個人的にはMLB移籍の道は断念し、来年以降も巨人に残留することになると予想している」

 一部メディアでは「オファーが必ずある」とも報じられていたが、どうやら見通しは厳しい模様。いずれにせよ、去就決断の行方が注目される。

【山本由伸(オリックス=23歳・プロ5年目)】
 現状で評すれば、I氏曰く「NPBの日本人投手では文句なしのベストピッチャー」。この言葉に異論を向ける声は皆無に等しいはずだ。

 今季成績は17勝(5敗)、防御率1.46、奪三振数199といずれも断トツのリーグトップで投手個人タイトル3冠獲得も当確ムード。WHIPも同1位でリーグ唯一、1ポイントを下回る0.86と驚異的な数値を叩き出している。

 海外FA権取得までは今季終了後から換算して未だ5年と12日もあるが、MLB関係者の間では「NPBの中でも比較的に寛容なオリックスならば、ポスティングシステムによる移籍を早い段階で容認する可能性が高い」とみられ、水面下では早くも“Xデー”に向けてMLB複数球団による調査合戦が繰り広げられているという。

そう遠くない日に年俸2000万ドル以上

 I氏も「仮に今オフ、山本がポスティング移籍を決断するとしたら年俸2000万ドル以上を用意してでも獲得したい球団は複数現れるだろう」と述べ、激しいマネーゲームが勃発すると予想しているほどだ。

 多くのMLB球団から熱い視線を送られる山本のストロングポイントについても同氏は「全ての球種をウイニングショットにすることができ、欲しいところで三振も奪える。フォーシーム、ツーシーム、カットボール、パワーカーブ、フォーク、スライダーと引き出しの多さも特徴で、まるで精密機械のようにコントロールも抜群だ」として大絶賛している。

 そして、その豊富な球種の中でも「あのボールはMLBでも特に有効となる」と目を見張っているのは左打者に対して大きく弧を描くように飛び込む“スローカットボール”。

「グローブサイド(右投手である山本のグローブ側)にしっかりいく。より打者に近いところで曲がるカットボールで相手は対応しにくい」とI氏は太鼓判を押している。今夏の東京五輪でも金メダルを獲得した侍ジャパンのエースとして活躍し、米国にその名を轟かせた「ヨシノブ・ヤマモト」がメジャー挑戦を決意する日はそう遠いことではないかもしれない。

MLB関係者から「非常に優れた日本人野手」

【鈴木誠也(広島・27歳=プロ9年目)】
 シーズン終盤で急失速する3位・巨人を猛烈な勢いとともに追い上げる広島において鯉の主砲の猛奮起は、間違いなく大きな原動力となっている。今季成績を見ても打率3割2分2厘でセ・リーグ首位打者の座をキープ。

 本塁打王争いでも後半戦から驚異的なハイペースで38本をマークし、リーグトップで並ぶ巨人・岡本とヤクルト・村上に僅か1本差にまで肉薄。さらに最高出塁率も4割3分6厘でリーグトップとし、個人タイトル打撃3冠も視野に入る。

 さらに打点は87でリーグ4位、得点圏打率も3割で同6位。セイバーメトリクスの打者指標「OPS(出塁率+長打率)」は1.090でリーグトップの数値を示すなどトータルで高い打撃能力を誇る点が、MLB関係者たちから「非常に優れた日本人野手」として注目を集めている。

 その流れを象徴するようにI氏も「2002年オフに巨人からヤンキースへ移籍し、大成功を遂げた松井秀喜と遜色ないレベルになり得るスラッガーとして鈴木はチェックし続けている。

 国際試合でも2年前のプレミア12、そして今年夏の東京五輪でも日本代表として潜在能力の高さを証明した。彼はアベレージヒッターでもあり、状況に応じて使い分けられる卓越したバットコントロールを身につけているところも魅力だ」

複数年契約の5000万ドルのオファーは見込める

「器用な打者であるがゆえに、MLBでもそれほど戸惑うことなく早い段階でアジャスト(順応)できるとみている。外野守備もNPBでゴールデングラブに過去4回輝いていることも把握しているし、攻守の両面で非常に優れたプレーヤーというのが我々の評価」と明言。そして「実を言えばMLBでは『今オフ、鈴木が広島からポスティングシステムによるメジャー移籍を容認されるのではないか』という情報が飛び交っている」とも打ち明けている。

 鈴木誠の海外FA権取得は早ければ2023年シーズン中となる見込み。だが広島には2015年オフに当時エースの前田健太(ツインズ)をポスティングシステムによるMLB移籍を容認した例もある。

 となれば、将来的なMLB挑戦を示唆している主砲と球団側との話し合いの末、急転直下で今オフのMLB挑戦にゴーサインが出されることも考えられなくはない。そのシナリオも想定し、I氏は「おそらくインセンティブを除いて複数年契約の5000万ドルのオファーは見込めるだろう。我々の球団も含め争奪戦になるのは確実」と言い切り、フロント幹部と連絡を取りながら準備を進めているという。

 さて、MLB移籍がウワサされる「4人のサムライ」たちの運命はいかに――。

デイリー新潮取材班

2021年10月25日 掲載