5番で迎えた開幕戦

 プロ野球はペナントレース最終盤を迎え、大物選手の引き際に関するニュースが聞こえ始めた。巨人の亀井善行外野手(39)は引退、西武の内海哲也投手(39)は残留と報じられたが、その一方で、ヤクルトの内川聖一内野手(39)の去就は明らかになっていない。球団内には「活躍できていないとはいえ、ビッグネームはクビにしづらい」というプレッシャーがあるようだ。

 内海は今季2試合に先発し1勝にとどまり、防御率は7・71だった。2軍暮らしが長かったが、若手のお手本としての能力も期待されての契約更新だという。

 一方の内川は今季ソフトバンクから加入し、38試合に出場して打率2割8厘、0本塁打、2打点の成績だった。

「ヤクルトは開幕当初、新型コロナの影響で外国人が来日できないなどの理由で5番が不在でした。そこで、その役割を内川に担ってもらいたいと高津監督は考えていたんです」

 と担当記者。実際、3月26日の対阪神開幕戦では5番ファーストでスタメンに名を連ねた。しかしチームは阪神に3タテを食らい、内川自身も調子がつかめないまま、選手とスタッフがコロナに感染した件で3月31日に濃厚接触者に認定され、2週間の隔離生活を余儀なくされた。

代打の切り札にもなれず

 この記者が続ける。

「この時は内川のほか、開幕から先発出場してきた2番・青木宣親、3番・山田哲人やショートの西浦直亨、30日に先発したスアレスも1軍の出場選手登録を外れました。選手をかなり入れ替えることになったわけですが、チャンスを掴んだ若手がレギュラー陣を刺激し、図らずもチームの新陳代謝が進み、今季の快進撃を生んだとも言えますね」

 内川に話を戻すと、4月16日の阪神戦で1軍に復帰したものの、すぐに2軍へ。5月25日の日本ハム戦から再昇格したが、代打での起用が主となっていた。

「オスナとサンタナが4月下旬からチームに合流し、レギュラーに定着すると出場機会に恵まれなくなりました。さらに今のヤクルトで代打と言えば川端慎吾。85打数32安打で打点18。長打率はほぼ.500、出塁率は.424(25日現在)などと驚異的でチームへの貢献度は高い。2015年に首位打者を獲得してリーグ優勝に貢献した逸材ですから、活躍は意外ではありませんが……」

 椎間板ヘルニアなどの影響で代打の切り札となった川端が打ちまくったことで、同じく首位打者ホルダーの内川と言えども代打の2番手以降に甘んじることになった。

年俸5000万円は安いか高いか

 唯一と言ってよい見せ場は7月9日の広島戦。同点の9回1死満塁、代打で出番が回ってきて、センター前にサヨナラ安打を放ち、お立ち台に登った。

「正直、成績は期待外れとしか言いようがなく内川は1年契約なので今年でクビもあり得るわけですが、残留問題が浮上しているのは、たとえ活躍していなくともビッグネームはクビにしづらいからです。例えば松坂大輔もメジャーリーグから戻ってきてソフトバンク→中日→西武と渡り歩きましたが、全て2年以上在籍しています。内川は2000本を達成している大物選手で、そう言った格のある選手を1年で切るという選択はなかなかないのです」(先の記者)

 内川の今季の年俸は5000万円。不甲斐ない成績に決して安い買い物とは言えまい。

「来季も同額だと1億ですからね。ヤクルトは山田や石山泰稚投手など長期・大型契約を結んでいる選手が複数いて、何かをカットしない限り、ここ数年は金欠状態で凌がなければならない。さらに嬉しい悲鳴というべきか、今年は活躍した選手が多く年俸アップが続出するのは間違いない。たとえ5000万円でも出費は抑えたいところでしょう」

なんでオレが2軍なの?

 チームが優勝を争う中、内川は10月16日に出場選手登録を抹消された。

「2軍の日程が終わり、そこから勢いのある選手を上で使いたいと監督が考えるのは当然です。内川は常勝ソフトバンクの一員として経験も豊富なので、そういった部分で寄与して欲しいという狙いもあったかと思いますが、なにぶん気難しいというか孤高というか、若手のお手本にはなり得ていません」

 この点、先に触れた内海とは違うようだ。

「今季は何度も1軍から外れましたが、そのたびに“なんでオレが2軍なの?”というような態度だったようです。成績が伴っていないことへの歯がゆさもありつつ、もっとチャンスが欲しいとイライラを募らせたということなのでしょう。ソフトバンクを出る時の理由がそれでしたからね。それはともかくとして、首脳陣としては使いづらい選手になってしまっているのかもしれませんね」

デイリー新潮取材班

2021年10月26日 掲載