「故意に当てたのか」

 白井一行球審が判定をめぐり、ロッテ・佐々木朗希に詰め寄った事件は、ゴールデンウィーク後の5月9日にもNPBの理事会と12球団の実行委員会で取り上げられるなど、今なお話題が尽きない。そして、過去にも、審判と監督、選手との間で起きたグラウンド上のトラブルがあった。【久保田龍雄/ライター】

 判定を巡って、球審とひと悶着があったのは、巨人のV9戦士の一人・柴田勲である。1973年8月26日のヤクルト戦、1対0と巨人リードで迎えた5回、柴田はカウント1-2から安田猛の低めスライダーを見送ったが、平光清球審は「ストライク!バッター、アウト!」と高らかにコールした。

「低過ぎてボールだと思った」という柴田は直後、不満そうにバットを放り出したが、なんとも間の悪いことに、地面を転がったバットが、平光球審の足に当たってしまう。カチンと来た平光球審は、柴田を呼び止め、「(判定が不服で)故意に当てたのか」と尋ねた。

 すると、柴田は「故意じゃないよ」と答えたが、続けて「お前さんだって、よく(判定を)間違えているじゃないか」と言ったのがまずかった。「柴田は故意ではないと言ったが、故意とわかる発言だった」と判断した平光球審は「判定には自信がある。明らかに審判への侮辱だ」と退場を宣告した。

「代打・進藤」

 巨人の選手では、71年に自身が退場となって以来の不名誉な処分を受けた柴田は「別に審判目がけてバットを放ったんじゃないし、僕はどこを転がったかもわからなかった」と話していたという。

 ちなみに、平光審判は87年7月25日のオールスター第1戦で、巨人・吉村禎章の中前安打をセンターのダイレクトキャッチと誤審。さらに、8月4日の巨人対大洋では、大洋の捕手・若菜嘉晴がボールの入っていないミットで“空タッチ”したのをアウトと判定している。10日間で2度も誤審で不利を被った巨人・王貞治監督には「(死角で見えず)あの人はついてないね」と同情されている。

 監督が交代を告げてもいないのに、審判が自らの判断で代打を告げる珍事が起きたのが、2003年5月30日のオリックス対日本ハムである。

 5回に3点差を追いついたオリックスは、なおも2死満塁と一打勝ち越しのチャンス。次打者は5番・オーティズだったが、ネクストサークルには進藤達哉が控えていた。これを見た佐藤純一球審は、てっきり進藤を代打で起用すると思い込み、「代打・進藤」をコールした。これに呼応する形で、日本ハムも先発の左腕・吉崎勝を右腕・芝草宇宙に代えた。

「言った」「言わない」の押し問答

 ところが、オリックス・レオン監督は「代打・進藤とは告げていない」と主張し、猛抗議。審判団と「言った」「言わない」の押し問答となり、試合は6分中断してしまう。

 結局、「レオン監督とアイコンタクトを取った」と言う佐藤球審に押し切られる形で、進藤が打席に立ち、二ゴロに倒れた。試合はオリックスがサヨナラ勝ちしたものの、レオン監督は「あの場面は、必ず投手を代えてくると思ったから、待っていた。アイコンタクトなんかしていない。代打を出すときは、ベンチ前のグラウンドに足をかけて、バッターを指差し、名前を告げている」と試合後も怒りが冷めやらなかった。

 一方、佐藤球審は「名前をしっかり確認しなかった僕のミスです。アイコンタクトと思ってしまったんですが、日本ハムの投手交代を戻すわけにもいかないので、代打・進藤で試合を再開してもらいました」ときまりが悪そうだった。オリックス側は「選手交代の主導権を審判が握るのは、信じられないケース」として、連盟に要望書を提出している。

投球のたびにポケットを触るので

 ポケットの中の“異物”をめぐって、審判と投手が口論になる騒ぎが起きたのが、15年8月7日の巨人対広島だ。0対0の延長12回に無死一塁と予断の許せない局面を迎えた巨人・原辰徳監督は、マシソンに代えて、山口鉄也をマウンドに送った。

 だが、山口は犠打と四球、安打で1死満塁とピンチを広げたあと、菊池涼介、丸佳浩に連続タイムリーを浴び、2点を勝ち越されてしまう。

 思わぬアクシデントが起きたのは、直後だった。深谷篤二塁塁審がマウンドに歩み寄ると、山口のズボンの後ろポケットを指差し、「何が入っているのか?」と尋ねたことがきっかけだった。投球のたびに、山口がポケットを触っていたので、不審に思い、不正投球と疑われないよう、説明を求めたのだ。

 ところが、山口はポケットに“何か”を入れていることは認めたものの、「本来物を入れてはいけない。出しなさい」という深谷塁審の言葉に激高。「出しなさい」「嫌だ」の言い争いになったため、ショート・坂本勇人が慌てて仲裁に駆けつけた。続いて原監督もベンチを飛び出したが、審判団から事情説明を受けると、興奮状態で続投は無理と判断したのか、宮国椋丞への交代を告げた。

 この間、場内には一切説明がなされなかったので、スタンドのファンは何が起きたのか、さっぱりわからなかった。その後、山口がポケットに入れていたのは、お守りの数珠と判明する。深谷審判の問いかけに「数珠です」と答えたのに、うまく伝わらず、不毛の押し問答になってしまったのだという。

 原因は些細なことでも、ボタンをひとつ掛け違えただけで、感情的なドタバタ劇になってしまうのは、野球の世界でも一緒。コミュニケーションの大切さを改めて痛感させられる。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部