1位指名は11連敗だが

 昨年はリーグ3連覇を逃し3位に沈んだ巨人。今年も坂本勇人など主力選手が故障で離脱し、5月に入ってから5連敗を喫するなど、ペナント奪還に向けて一進一退の戦いが続いている。しかしながら、巨人にとって明るい材料が若手投手陣の躍進だ。クローザーに定着したルーキーの大勢を筆頭に、堀田賢慎、戸田懐生、赤星優志、平内龍太、山崎伊織と、ここまで6投手がプロ初勝利をマークしている(5月17日終了時点)。【西尾典文/野球ライター】

 この6人の中で昨年までに一軍登板経験があった投手が、戸田と平内のみだったことを考えれば、いかに投手陣が大きく入れ替わっているか、よく分かる。他にも、リリーフとしてフル回転している鍬原拓也、育成ドラフト6位ルーキーで早くも一軍デビューを果たした菊地大稀、故障から復活した直江大輔も一軍の戦力となっている。

 なぜ、急にこれほど多くの若手投手が開花しているのだろうか。その背景にあるのは、やはりドラフト戦略と言えるだろう。

 巨人は昨年のドラフトまで再抽選を含めて重複となった1位指名で11連敗と狙った選手をことごとく外してきた。豊富な資金力を背景にアマチュアの好素材を抽選なしで獲得できた逆指名(希望枠、自由獲得枠含む)時代と比べれば、思うような指名ができていない。

 しかし、ここ数年は抽選を外すことが多いこともあってか、その後の方針に“一貫性”が見られるのだ。他球団のスカウトは巨人の指名について以下のように話している。

未完成でもスケールの大きい選手を狙う

「1位を抽選で外した後の指名は、多少、未完成でもスケールの大きい選手を狙っているように見えますよね。堀田や平内は、その典型例だと思います。堀田は、甲子園に出ておらず、知名度が低く、巨人が最初に指名した奥川(恭伸・ヤクルト)に比べると、完成度はかなり劣りましたが、ストレートには目を見張るものがあった。入団直後に怪我があって、いろいろと球団内部では責任問題になったようですが、他の球団も高い順位で狙っていたと思います。平内や大勢、山﨑など、アマチュア時代に怪我があっても、それを理由に指名を回避するのではなく、万全になった時のプラス面を評価していますよね。堀田の件があったのに、怪我をしていた選手をこれだけ上位で指名したのは正直驚きました」(セ・リーグ球団スカウト)

 先述した中でも、大勢、堀田、平内、鍬原の4人は“外れ1位”、もしくは“外れ外れ1位”で入団した選手である。このスカウトが話すように、大勢以外の3人は故障などで出遅れたが、現在は、プロ入り前よりもスケールアップした姿を見せている。リスクをとりながらも、各投手の長所に目を向ける方針が奏功していると言えそうだ。

桑田コーチの“覚悟”

 そして、もうひとつ理由は、現場の体制ではないだろうか。巨人の球団関係者は、昨年から就任した桑田真澄コーチの存在を挙げている。

「やっぱり桑田さんがコーチになったことが大きいですよね。去年は1年目で宮本(和知)さんが上にいたので、少し様子を見ながら……という感じでしたけど、今年はチーフになって、原(辰徳)監督からも全面的に投手陣を任せられているので、思い切った抜擢がしやすくなったと思います。選手との対話を凄く重視していて、押し付けているような感じもしない。桑田さんは実績があるだけでなく、いろんな事を勉強してきて論理的に話をするので、選手も納得感があるのではないでしょうか。また、選手だけではなく、他のスタッフとも上手く連携していると聞きます。原監督も去年、コーチングスタッフが決まった後に桑田さんを招聘したというのは、それだけの危機感があったでしょうし、桑田さん自身も、それをくみ取って投手陣を変えようとしています」(巨人球団関係者)

 今年から投手チーフコーチになったこともあって、試合中にマウンドに行く姿も多く見られ、またベンチに戻ってきた投手と長く話し込むことも珍しくない。いくら好素材の若手とはいえ、実績がない投手をこれだけ起用しているというのも、桑田コーチの“覚悟”が感じられる。

 一方で、現在のチーム防御率は、リーグ5位と決して褒められた数字ではなく、特に与四球は12球団でワーストだ。未完成な投手を多く起用しているがゆえの“弊害”が出ていることも事実である。原監督、桑田コーチが今後、V奪還に向けて、どのような投手起用をしていくのか、今シーズンの巨人を占ううえで、非常に重要な注目ポイントとなる。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部