吉川尚輝が1軍復帰

 巨人がペナントレースの序盤戦を首位・ヤクルトに1ゲーム差の2位で終えた。

 開幕から9試合を消化して8勝1敗とこれ以上ないスタートダッシュを切っていただけに少し寂しいが、菅野智之、坂本勇人、吉川尚輝ら主力が相次いで離脱した。ここは2位でヨシとしておきたい。

 その吉川尚が17日の広島戦から1軍に復帰した。4日の広島戦(マツダ)で黒原拓未投手から左肩甲骨付近に死球を受けて骨挫傷で離脱していた。

 打率3割4分1厘(復帰時点)の「不動の1番打者」が帰ってきたと思ったら、原辰徳監督は1番に丸佳浩を起用し吉川尚を3番に置いている。2番はアダム・ウォーカーだ。これには理解に苦しむ。

 吉川尚は開幕から「1番・二塁」として活躍してきた。巨人の長年の課題だった1番打者と二塁手を一気に解決した格好だった。

 原監督はおそらく今季の丸の得点圏打率の低さを気にして1番に据えたのだろう。23日時点で2割だ。これは巡り合わせの問題もあろう。対して吉川尚は3割4分4厘の成績を残している。

 だが打者にはタイプがある。適材適所というものがある。例えば私は長い間1番として出場してきたが、ケガから復帰して、首脳陣に「3番を打ってほしい」と命じられたことは一度もなかった。

 一時期5番を打ったが、この時は川上哲治監督に「3番を打たせてほしい」と直訴したことがあるにはあった。また、王(貞治)さん、長嶋(茂雄)さんが健在なのに1試合だけだが4番を任されたことがある。これはONの気分転換が狙いだった。

1番・吉川尚、3番・丸

 4番の岡本和真が5月、ここまでの18試合で月間打率1割9分、2本塁打、6打点と不調に陥っている。だが、6番に据えようなんて話は一切出てこない。

 中田翔が絶好調で4番の働きが期待できそうだ。こうなったら分からないでもないが岡本はなんといっても巨人の「不動の4番」である。動かせない。

 吉川尚は1番打者として出塁に心がけ、出塁したら足を使う。丸は吉川尚と比較して長打で優る。ここ一番での勝負強さも持っている。

 ここは1番・吉川尚、3番・丸が妥当なのではないか。第一相手チームが嫌がる。こう思う次第である。

 20日からの阪神3連戦(甲子園)、ビックリしたのが20日、ルビー・デラロサが9回裏2死一塁で大山悠輔に浴びた一発だ。2ストライクと追い込んで次の1球は134キロ、ど真ん中のスライダーだった。キッチリ捉えられて土壇場での同点弾となった。

 大城卓三は外角スライダーを要求したようだがよりによってど真ん中だ。なにを考えているのか。おかしい。延長戦をなんとか制したが勝っていなければ3連敗もあった。

阪神との制球力の差

 この3連戦、巨人投手陣と阪神投手陣の制球力の差が出た。阪神の先発・青柳晃洋、アーロン・ウィルカーソン、そして伊藤将司は低めへていねいに投げていた。ストライクを先行させてボール球を振らせる。仕留める。これができていた。

 投手にとって「すごい速球を投げ込む」とか「鋭い変化球がある」といった評価は関係ない。いかに自分のボールを狙ったところに投げ切れるか。これだ。この3連戦、阪神投手陣は30パーセントできて、巨人投手陣は10パーセントくらいしかできなかった。

 戸郷翔征にしてもエイッと投げることが多いタイプである。制球力に関してはどちらかといえばアバウト(大ざっぱ)だ。フォークを持っているからいいが、もっと制球力を磨く必要がある。

 マット・シューメーカーは確かに低めを意識して投げていたが、いかんせん球威が物足りない。少しでも甘くなれば打たれる。

 22日の高橋優貴はひどかった。2回途中で降板したが、四球連発でピンチを招いた。ストレートで与えた四球があれば、投手の伊藤将も四球で歩かせた。四球が絡めば大量失点に結び付く。

 昨年チーム最多の11勝を挙げた高橋だがそんなことは関係ない。ここは原点に戻って再出発してほしい。今後のチームにとって絶対に必要な戦力である。

 さて、今季の巨人投手陣の四死球数は181個でリーグワーストだ。桑田真澄投手チーフコーチも頭を抱えているに違いない。現役時代は制球力が抜群だった。それだけに尚更だろう。

 冒頭で2位をヨシとしたが、もちろん上がり目を十分持っている。なんやかんやいって菅野が5勝を挙げているのは大きいし、坂本もいずれ復帰してくる。若手も頑張っている。我慢して戦っていけば、いずれいい方向に動き出し、開幕当初の快進撃も期待できる。

(翁田)大勢という頼りになるストッパーがいるのも力強い。

 24日からは交流戦だ。褌(ふんどし)を締め直して臨んでもらいたい。
 (成績は23日現在)

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長を務める。

デイリー新潮編集部