中日の根尾昂外野手(22)が5月21日、1軍のマウンドで初登板を果たした。対広島戦(マツダスタジアム)は、8回表が終了した時点で1-10と敗色濃厚。6番手ピッチャーとして登場すると、15球で打者4人を1安打無失点に抑えた。“二刀流”への期待が高まったかと思いきや、野球評論家からは異論が相次いだ。

 ***

 ちなみに5月22日の日刊スポーツでは、根尾の投球を好意的に報じている。

《投手用に用意した新しい赤いグラブが映えた。西日で赤く染まるマツダスタジアム。マウンドに上がった根尾は、バックスクリーンを向き両手を広げて息を整え、打者に向き直った。先頭坂倉への初球は150キロ。大阪桐蔭時代、8日のウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)でも投じた自己最速タイに、3万132人の目撃者から拍手とともに感嘆の声が上がった》

 だが、プロ野球OBからは厳しい意見が相次いだ。スポーツメディアの報道から、見出しだけご紹介しよう。出典は全て電子版だ。

◆上原浩治氏 中日・根尾の1軍初登板に「投手として鍛えるんであれば2年、3年必要」(スポニチAnnex:5月22日)

◆中日OB・宇野勝氏が“根尾二刀流”を嘆く「打つ方も投げる方も中途半端になってしまう」(東スポWeb:5月23日)

◆里崎智也が語る“二刀流”としての大前提「根尾は今のままでは中日投手陣に入ってくる能力はない」(テレビ東京スポーツ:5月24日)

増田大輝への批判

 8日に2軍の対阪神戦で登板したことについても、中日OBの山崎武司氏(53)が批判した。

◆「根尾は今ピッチャーやってる場合じゃない」山崎武司さんがバッターへの集中を助言「二刀流、流行ってるけど…」(東海テレビ:5月14日)

 まず、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(27)のような“リアル二刀流”は、日本であれアメリカであれ、非常に稀な存在であることは言うまでもない。

 その一方で、メジャーリーグでは点差が非常に開いた時など、野手が投手としてマウンドに立つことはよくある。中継ぎ陣を休ませるためだ。

 ならば日本の場合はどうか。ここで興味深い記事がある。NumberWebが5月22日に配信した、

「『ピッチャー根尾昂』に思い出す大阪桐蔭での輝き …大谷翔平は別として“野手で登板”はイチローや2000安打達成者も《巨人・増田大輝の時は賛否》」

 は、野球の記録に詳しいフリーライターの広尾晃氏が執筆したものだ。担当記者が言う。

「広尾氏によると、日本では『野手がマウンドに立つのは相手チームに失礼』という考えがファンの間でも根強いためか、類例に乏しいそうです。2020年の対阪神戦(甲子園)で、巨人の増田大輝外野手(28)がマウンドに立った時も、ファンからの批判が相次いだことが紹介されています」

立浪監督の説明

 投手でプロ入りしたものの、後に打者へ転向した選手がいる。こうした“元投手”の生涯記録に、1軍での登板機会が残っているのは珍しくも何ともない。

 増田は高校生までは投手だったが、独立リーグの徳島インディゴソックス時代から内野手に転向した。彼のように「プロでは最初から打者」が投手として1軍の試合に出場したのは、日本の場合は類例に乏しいということのようだ。

 広尾氏の調査によると、《2000本安打を打った54選手のうち、投手成績がある》のは、川上哲治(1920〜2013)、広瀬叔功(85)、柴田勲(78)、石井琢朗(51)の4氏だけという。

「川上さん、柴田さん、石井さんの3氏は、プロ入りした時は投手でした。根尾さんや増田さんと同じ『プロ入団時点で打者』という条件を満たすのは広瀬さんだけなのです。メジャーとは異なり、日本のプロ野球で打者がマウンドに立つことが、どれだけ珍しいかがよく分かります」(同・担当記者)

 改めて、なぜ根尾はマウンドに立ったのか。中日の立浪和義監督(52)が明確な説明を行っていないことも、様々な議論を呼ぶ一因になっているようだ。

精神面への悪影響は?

「広島戦での起用について立浪監督は、『最後の一人がどうしても足りなかった』と、投手不足が原因だと説明しました。更に『またこういう展開で投げることもあるかもしれない』と、大差で負けている時は投げるという、メジャーリーグスタイルでの起用についても言及しました。その一方で、今後については『なんとか根尾を生かしていかないといけない。今年1年で、根尾のことは考えながらやっていきたい』と、妙に思わせ振りな発言もしたのです」(同・担当記者)

 野球解説者の広澤克実氏は、「根尾くんが高校3年生だった2018年、夏の甲子園が強く印象に残っています」と言う。

「大阪桐蔭高校の根尾くんは、2回戦と準々決勝で先発しましたが、決勝戦では登板しませんでした。中日の入団会見でも、『ポジションはショート一本でいかせてください』と球団に依頼したと説明しました。打者としてやっていくと決断したとばかり思っていましたから、今回の登板には本当に驚きました」

 根尾は今年のキャンプで、投手としての準備も重ねてきたという。とはいえ、もし「投手はもういい」と決心したにもかかわらず、再びマウンドに立つよう指示されたのだとしたら、精神面などに悪影響が出ないかと心配になるという。

新庄の投手挑戦

「根尾くんが入団前に決断したにもかかわらず、4年目のシーズンで球団は、それを覆してくれと頼んできたわけです。彼の心中はいかばかりかと思ってしまうのは仕方ないでしょう。プロ野球は未だにタテ社会です。監督やコーチに『投手としての準備もしてくれ』と命じられたら、内心はどうであっても、『嫌です』と拒否できる選手はまずいないのではないでしょうか」(同・広澤氏)

 一方で、「ピッチャーとしての経験が、打撃にも好影響を及ぼすのではないか」という期待も根強い。孫子にも“彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず”という言葉がある。

「阪神の監督だった野村克也さん(1935〜2020)が、今季から日ハムの監督に就任した新庄剛志外野手(50)に、キャンプ中、ピッチャーとしての練習を指示したことがあります。その時にも同じ期待が語られましたが、新庄くんが登板することはありませんでした。“打撃技術の向上のため、ピッチャーの経験を積ませる”というアプローチは、効果に乏しいということを示しているのではないでしょうか」(同・広澤氏)

 となれば、やはり根尾は打撃に専念すべきということになる。

立浪と小園

「高校生や大学生の投手が相手なら、根尾くんは今のままでも、ヒットやホームランを打つでしょう。問題は、『プロ1軍の投手を相手にすると打てない』ということです。これはフォームの改造が必要だということを意味しています。一流のピッチャーが投げる球には対応できていないからです」(同・広澤氏)

 立浪監督は現役時代、高卒ルーキーながらショートのポジションで開幕1軍デビューを果たした。以来、通算22年、中日だけでプレーした。「ミスター・ドラゴンズ」と聞けば、立浪監督の名前が浮かぶファンも多いだろう。

 立浪はショートだけでなくサードやレフトも守った。とはいえ、「中日のショートと言えば立浪」というイメージは強い。だからこそ根尾に「立浪二世」としての活躍が期待されている。

 立浪の生涯成績は、打率2割8分5厘。ホームランは171本。通算二塁打の487本はプロ野球記録だ。

 守備では、ショート、セカンド、サードでゴールデングラブ賞に輝いた。3ポジションでの受賞は最多記録だという。

 広島の小園海斗内野手(21)は根尾と同期であり、ポジションも同じショートだ。根尾が登板した際は打者として対戦したという“奇縁”も話題になった。

星野仙一の“決断”

 5月24日現在、小園の今季の打撃成績は、打率2割3分4厘、ホームランは2本。だが、5月は打率3割6分2厘、ホームラン2本と大活躍を果たした。

 一方の根尾は、これまでに出場したのは18試合、33打数7安打で打率2割1分2厘という成績だ。

 立浪の背中は遥か遠く、ライバルの小園にも差を付けられている──率直に言って、今の根尾は展望が開けないという状況ではないか。

「いや、私はそうは思いません。根尾くんのポテンシャルは、立浪くんにも、小園くんにも劣りません。立浪くんには類い稀な素質がありました。だから中日も、ドラフトで1位指名しました。とはいえ、当時の星野仙一監督(1947〜2018)が、どんな批判を受けても、立浪くんをルーキーの頃から1軍の試合にフル出場させた決断が何より大きかったと思います」(同・広澤氏)

 立浪の1年目は、打率2割2分3厘、本塁打は4本。2年目に至ってはケガで30試合しか出場できなかった。

 それでも星野監督は立浪を起用した。3年目の1990年、立浪は128試合に出場。打率は3割0分3厘と“打撃開眼”を果たした。

「小園くんの場合も今年、佐々岡真司監督(54)がフル出場させる英断を下しました。選手は監督に期待されると意気に感じます。更に、1軍の試合で場数を踏むと、その経験が貴重な糧となります。立浪くんと小園くんが才能を開花させた最大の理由です」(同・広澤氏)

指導者を探せ!

 ならば今からでも遅くない。根尾も1軍の公式戦にフル出場させればいいではないかと思ってしまうが、広澤氏は「もう我慢して出場させる時期は過ぎた可能性があります」と言う。

「根尾くんは中日にとって期待のルーキーでした。様々な関係者が様々なアドバイスを行い、頭の中が混乱している可能性があると思います。何が正しくて、何が間違っているのか、全く分からない状態になっているのではないでしょうか。一度すべてをリセットして、改めてイチからバッティングフォームを再構築する必要があると見ています」(同・広澤氏)

 根尾の両親は共に医師。中学までの成績はオール5で、慶應大学医学部に進学する可能性もあったことが伝えられている。

「根尾くんが非常に理知的で頭脳明晰なタイプだというのは、球界でもよく知られています。そのため彼は、理論派の打撃コーチと相性がいいはずです。プロの打者なら誰でも、コーチの『つんのめるのはダメ』とか『肩を開くな』という曖昧なアドバイスに悩まされたことがあります。そういう感覚的な指導は、特に根尾くんは合わないのではないでしょうか」(同・広澤氏)

 自分にとって最高の“師匠”をどう探すか。広澤氏は「中日というチームの中だけでなく、外にも目を向けるべき」とアドバイスする。

「人との出会いは運です。才能ある選手でも、指導者との縁がなく、球界を去ることは珍しくありません。とはいえ、じっと待っているだけなら、もっと運は遠ざかります。中日以外のOBでも、機会があるなら貪欲に教えを乞う。そうすると、『この人だ!』と思える人に巡り会える可能性は上がるはずです」(同・広澤氏)

デイリー新潮編集部