2000万円の“特別ボーナス”

 トレードはシーズンオフに限った話ではない。開幕直前の駆け込みトレードもあれば、シーズン途中に成立するトレードもある。現在、首位獲りを狙う巨人も、昨年の中田翔をはじめ、近年はシーズン中のトレードを活発に行っており、今季もトレードに動く可能性は強い。そして、過去においても、シーズン途中のトレードで花開いた選手は多数に上る。【久保田龍雄/ライター】

 西武では7年間も出場機会に恵まれなかったのに、巨人移籍後にブレイクし、年俸の2倍にあたる2000万円の“特別ボーナス”を手にしたのが、大久保博元である。

 1985年に強打の捕手としてドラフト1位で西武に入団した大久保は、1989年に当時イースタン・リーグ記録だった24本塁打、70打点で“2軍の二冠王”に輝いた。

 だが、1軍では不動の正捕手・伊東勤が他の追随を許さず、ファーストも清原和博がいたため、DHや代打など出番が限られ、トレードの前年も出場わずか5試合。ディフェンス重視のチームにあって、100キロを超える肥満体型もネックとなり、毎年のように減量を命じられていた。

 そんな不遇の日々のなか、「今、西武でチャンスがなくても、ほかに11球団もある。一生懸命やっていれば、誰かが見ていてくれる」と自らに言い聞かせた大久保は、92年の春季キャンプで早出特打ちを続けた努力が報われ、「いち・にい・の・さん」で打つタイミングを会得した。以来、絶好調を維持し、1軍昇格を打診されると、「今が売り時」とトレードを直訴した。

「なんだ、デーブ、たった1枚か」

 同郷の大先輩にあたる根本陸夫管理部長も「よく7年間辛抱した」と親身になって動いてくれ、5月11日、巨人・中尾孝義との交換トレードが決まる。

 自著『一発逆転 プロ野球かくも愉快な仲間たち』(新潮社)によれば、巨人に移籍直後、藤田元司監督は「太っていることなんか気にしなくていいから」と励まし、遠征先の宿舎で大久保が1枚のステーキを小さく切り、遠慮して食べているのを見ると、「なんだ、デーブ、たった1枚か。それじゃ足りないだろう」と2枚追加してくれたという。

「この監督のためなら死ねる」と涙の塩味がまじったステーキ3枚を平らげた大久保は、オールスターまでに12本塁打を放つ一方、強気のリードで投手陣の持ち味を引き出し、6月の月間MVPを受賞した。天性の明るい性格で、下位に低迷していたチームのムードメーカー的存在になり、米国留学時代に覚えた英語で、モスビーら助っ人たちの良き話相手にもなった。

 そんな多方面にわたる貢献度が評価され、7月24日、移籍選手では前代未聞の2000万円の特別ボーナスが贈られた。

新天地でリリーフエースに

 大久保同様、ドラ1で入団し、即戦力と期待されながら8年間鳴かず飛ばずだったのに、新天地でリリーフエースになったのが、藤田太陽である。

 藤田は、社会人ナンバー右腕と注目され、2000年のドラフト会議でドラフト1位(逆指名)で指名され、阪神入りを果たした。開幕投手候補にも挙げられたが、キャンプの投げ込み過多で炎症を起こし、1年目は登板3試合、0勝1敗に終わった。

 2年目以降も故障が相次ぎ、1軍では出番が少なかったが、藤田は「誰かが見ていてくれる」と信じて努力を続けた。そんな矢先の09年シーズン中、抑えのグラマンが故障離脱した西武が獲得に動き、7月11日に内野手の水田圭介との交換トレードが成立。この移籍が大きな転機となる。

 8月1日のオリックス戦、8回にリリーフした藤田は3者凡退に抑え、阪神時代の06年8月5日の広島戦以来、1092日ぶりの通算6勝目を挙げた。

 その後、8月12日のロッテ戦でプロ初セーブを挙げたあと、同25日の楽天戦では、阪神時代の恩師・野村克也監督に再会し、「活躍しとるやないか」と褒められた。野村監督は1年目のキャンプ初日にフォームをいじったことを「悪かったなあ」と謝罪したという。

 同年はシーズン終盤には抑えも任されるなど、移籍後の2ヵ月余りで自己最多の25試合に登板し、2勝0敗3セーブ4ホールドを記録。翌年も48試合で6勝、19ホールドを挙げた。

 13年の現役引退に際し、藤田は「泥水を飲んでいる時間のほうが圧倒的に長かったけど、(阪神時代の)初勝利と西武で優勝争いをさせてもらったのは、いい思い出です」と振り返っている。

“8回の男”

 2軍どころか3軍落ちの屈辱まで味わったのに、トレードを機に新天地で復活し、シーズン後にメジャー入りの夢を叶えたのが、沢村拓一である。

 コロナ禍の影響で開幕が3ヵ月遅れた20年、巨人10年目のシーズンを迎えた沢村は、制球に苦しみ、不安定な投球が続く。7月1日のDeNA戦では、1点リードの8回にリリーフも、四球で自滅し、降板直後のベンチで、原辰徳監督から公開説教される様子がテレビカメラに映し出された。

 そして、右肩違和感のサンチェスの代役で先発した7月25日のヤクルト戦でも、4回途中2失点KOと結果を出せず、翌日2軍落ち。さらに2軍戦でも7イニングで10四球と制球難を露呈し、8月11日に3軍降格となった。

 だが、通常のシーズンではあり得なかった9月のトレードが、野球人生を劇的に変える。

 ソフトバンクとV争い中のロッテがリリーフ陣強化のため、沢村獲得に動き、9月11日に香月和也との交換トレードが決まったのだ。同日中に1軍登録され、日本ハム戦の8回にリリーフした沢村は、3者連続三振でチームの勝利に貢献すると、“8回の男”として22試合で0勝2敗1セーブ13ホールド、防御率1.71を記録した。

 ロッテはクライマックス・シリーズでソフトバンクに惜敗し、日本シリーズ進出を逃したが、シーズン中の10月17日に海外FA権を取得した沢村は、翌年2月にレッドソックスと契約した。3軍降格の半年後にメジャー入りという“大出世物語”は、まさしくシーズン途中のトレードの効用と言えるだろう。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部