落合博満を超える最年少「三冠王」も

 セ・リーグ連覇に向けて首位を快走しているヤクルト。その最大の原動力となっているのは主砲の村上宗隆であることは間違いないだろう。ここまでリーグでダントツのトップとなるホームランと打点数をマークし、7月31日と8月2日の2試合にかけて5打席連続ホームランのプロ野球新記録を樹立した。打率も上位につけており、令和初となる三冠王獲得が視野に入っている。三冠王の最年少記録は1982年に落合博満(当時ロッテ)が記録した28歳であり、今年22歳の村上が達成することになれば、それを大幅に更新する。【西尾典文/野球ライター】

 村上が活躍すればするほど話題となるのが、なぜドラフトの時点で“外れ1位”という評価だったかということだ。最も大きな要因としては、やはり同学年に前人未到の高校通算111本塁打を清宮幸太郎(日本ハム)がいたことだろう。2017年のドラフト会議では、清宮の抽選を外した3球団(ヤクルト、巨人、楽天)が2度目の入札で競合となり、ヤクルトが当たりくじを引き当てている。

 スポーツに“たら、れば”は禁物と言われるが、もしこの抽選で違う球団が当たりくじを引き当てていれば、もしくは1度目の入札から村上を指名する球団がいたら、セ・リーグの現在の勢力図は大きく異なっているものになった可能性は高い。

甲子園に出たのは1年夏だけ

「どの球団も評価は高かったと思いますよ」と話すのは、村上獲得を狙っていた他球団の九州担当スカウトだ。それでも最初の入札で1位指名がなかった理由について、以下のように解説する。

「1年生の時から4番として夏の甲子園にも出場していますから、当然、早くからその存在は知られていました。甲子園では打てませんでしたけど(※初戦となる2回戦で遊学館と対戦してチームは3対5で敗れ、村上は4打数ノーヒット)、そこからの成長が凄かった。2年生になってからは完全にチームの中心になって、3試合連続でホームランを打ったこともありました。それでも、外れ1位になったのは、やっぱり誰もが見ているところでの活躍じゃないでしょうか。甲子園に出たのは1年夏だけ。当時の熊本県は秀岳館が全盛期で、最後の夏も結局、秀岳館に勝つことができませんでした。村上自身もまた、秀岳館の左ピッチャーを打てませんでしたからね。高いレベルのピッチャーを相手にするとまだ脆さがありました。担当スカウトが推しても、大きな大会で実績がないと、ドラフト1位で指名することが難しいのは、どの球団にもあります。3年生の春か夏に甲子園に出ていてホームランでも打っていれば、『清宮で競合するよりこっちの方がいいんじゃないか?』という声も出てきたかもしれません」

捕手から内野にコンバート

 村上が指名された2017年のドラフト会議といえば、もうひとり忘れてはいけない選手がいる。同年の夏の甲子園で大会記録を塗り替えた6本塁打を放った中村奨成だ。中村は、最初の入札で2球団が競合し、広島が交渉権を獲得した。甲子園を沸かせた活躍がなければ、村上と同様に「外れ1位」まで残っていたことが十分に考えられる。

 前出の九州担当スカウトは、当時の村上と中村がいずれも捕手だった点を指摘したうえで、ヤクルトがコンバートさせて育成する方針が成功したと話す。

「村上は2年からキャッチャーをやっていて、肩も強かったのですが、守備全般で考えると、中村奨成のような飛び抜けた実力があったわけではありません。プロでもキャッチャーで勝負させるのか、打撃を生かしてコンバートするのか、コンバートするとしてもどこにするのか、そういった議論は当然ありましたよね。守備で覚えることが多いキャッチャーであれば、当然、プロで一軍の試合に出るには時間がかかるため、村上が2年目からレギュラーになることはなかったと思います。ヤクルトは、最初から内野にコンバートして、守備には多少目をつぶって、打撃を伸ばそうという方針が一貫していました。また、村上が一軍に定着した2019年はチームが最下位に低迷していたので、抜擢しやすかった。こうした経緯を考えると、本人にとってもヤクルトに入団したことは良かったと思います」(前出の九州担当スカウト)

 筆者は、実際に、他の球団で村上を捕手として評価していたという話をスカウト陣から聞いたことがある。我慢すれば、阿部慎之助(元巨人)クラスの“打てる捕手”になった可能性は否定できないとはいえども、昨年達成した最年少通算100号本塁打など、これほど若くして大きな成功をつかむことはなかっただろう。

 現在の状態を考えれば、2002年の松井秀喜以来となる日本人選手の50本塁打到達は十分に射程圏内であり、さらには、王貞治の持つ日本人選手最多の55本塁打、バレンティンの持つシーズン60本塁打に迫ることが十分に期待できる。ここからどこまでの高みに上り詰めていくのか、今後も村上のバットから目が離せない。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部