ベンチで治療後も続投

 熱戦が続く夏の甲子園で、一回戦屈指の好カードとして注目されたのが、8月7日に行われた愛工大名電(愛知)と星稜(石川)の強豪校同士の一戦だ。両チームに実力がある選手が多く、接戦になるかと予想されたが、蓋を開けてみると、愛工大名電が2回まで10点を奪う猛攻で、14対2と星稜を一蹴した。その一方で、愛工大名電に“不可解な采配”があったことを指摘せざるを得ない。【西尾典文/野球ライター】

 愛工大名電は、6回に84球目を投じたところで、脚が痙攣して、一時ベンチで治療を受けたエースの有馬伽久を8回まで投げ続けさせたのだ。試合はこの時点で11点差がついており、愛工大名電の絶対的な優位だった。

 さらに、チームには有馬以外にも5人の投手がいる。この日、ファーストを守っていた山田空暉や、中日の元守護神・岩瀬仁紀の長男である岩瀬法樹などは球速140キロ以上を誇る実力者である。それにもかかわらず、試合終盤まで有馬を続投させたことに対して、ネット裏の記者席からも疑問の声が多くあがっていた。

 試合後のインタビューで、チームを指揮する倉野光夫監督は、有馬の続投について報道陣から質問が飛ぶと、以下のように説明した。

「どこで交代させるのか、最後までいかせるのか、中盤からは試合を見ながらやっていました。脚を痛めるアクシデントがあっても本人は大丈夫、最後までいきますと言うことなのでいけるところまでいけと。よく投げてくれました」

 一方、有馬はインタビューで「今日も球数は多くなりましたけど、肩や肘など疲れはないです。中盤で脚が攣って、(監督からも)無理して投げるなということは言われたんですけど、初戦は自分が最後まで投げ切りたいという気持ちが強かったです」と語っている。

故障に繋がるリスクも

 有馬本人の意思を尊重しての続投だったことは、彼らの話からも見えてくる。愛知大会で有馬の投げたイニング数は25回で、他校のエースと比べて、目立って多いとはいえない。次の試合まで間隔が空くことを考えれば、多少の無理はきくと判断したと言えるだろう。

 しかしながら、有馬の球速は、立ち上がりに140キロを超えていたが、脚が痙攣した6回以降明らかに落ちた。7回は失点こそなかったものの、3本のヒットを打たれ、満塁のピンチを招いている。この場面で、愛工大名電のブルペンを確認したが、誰も準備している投手がいなかった。

 高校野球の現場で指導するトレーナーは、脚に不安を抱えた投手が投げ続ける“危険性”を指摘する。

「(有馬と同じ)左投手の場合には、左脚のふくらはぎが痙攣することが多いですね。右足を踏み出す時に、左足でマウンドを蹴るため、その時に大きな負荷が左足のふくらはぎにかかります。ふくらはぎが痙攣して、踏み出す力が弱くなれば、ボールは高めに浮きやすくなる。それを上半身の力で補おうとすると、肩や肘、背中などに、さらに大きな負担がかかります。こうした状態で投げ続ければ、当然、故障に繋がるリスクが高くなることから、トレーナーの立場からいえば、異常が生じた時点で、すぐに降板するのが望ましいです」

暑さに加えて“緊張”も

 有馬のコメントにあるように、本人が肩や肘に異常を感じていないことは不幸中の幸いだが、故障の高いリスクを伴った続投だったことは間違いない。

 筆者は、地方大会、夏の甲子園を通じて、試合中に脚を痙攣させる選手を見ている。だが、意外なほど選手が交代するケースは多くない。今大会では、8月8日に行われた海星対日本文理戦では、日本文理のライト、玉木聖大が6回の守備で両足がつり、担架で一度ベンチに運ばれた。その後、試合に戻って、8回までプレーを続けていた。

「痙攣の要因として、暑さに加えて、もうひとつ“緊張”が大きいと思います。甲子園はもちろん、負けたら終わりの試合となると、それだけ選手は緊張して、いつも以上に汗が出てしまう。普段と同じペースで、水分補給をしていても十分ではないこともあります。また、当日だけ、痙攣対策をしても、それには限界があります。なるべく早いうちから暑さに体を慣らしておくことが必要になります。一度痙攣を起こしてしまうと、しっかり安静にして時間を置かなければ、それまでと同じように動くことは難しい。(どんなポジションの選手でも)痙攣したら他の選手に交代する方が良いと思いますね」(前出のトレーナー)

 大会前には、高野連が熱中症対策として甲子園大会を朝と夕方の“二部制”にすることも検討すると報じられたが、球児を取り巻く環境は年々過酷になっている。チーム関係者は、選手の健康を守るべく、できる限りの対策を徹底してほしい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部