連日熱戦が展開される夏の甲子園で、8月16日は特に歴史に残る名勝負が多いことで知られる。今回はこの日に繰り広げられた高校野球ファンの記憶に刻まれる試合を “劇的度”の順でランキングし、ベスト5をご紹介したい。

 まず5位は1958年第40回大会準々決勝の徳島商対魚津(富山)の一戦だ。大会No.1の剛速球右腕・板東英二(元・中日)を擁する徳島商は優勝候補で、対する魚津は春夏通じて甲子園初出場ながら、エース・村椿輝雄が2試合を完封するなど、3連勝でベスト8まで勝ち上がってきた。試合は球威ある速球で三振の山を築く板東に対し、丁寧にコースを突き、打たせて取る村椿の対照的なピッチングが展開され、0-0の投手戦に。当時の規定で、同点なら引き分け再試合となる延長18回に突入していた。

 迎えた18回表、徳島商は1死一、三塁と絶好のチャンスを作るもスクイズが捕邪飛。直後にダブルスチールを敢行するも失敗し、無得点に終わった。魚津の攻撃も中越えの長打が出たが、三塁を欲張ってタッチアウト。結局0-0の引き分けとなった。試合が終わったのは20時3分。3時間半を超える熱戦だった。なお板東は参考記録ながら、1試合最多奪三振となる25をマークしている。

 延長18回で引き分け再試合というルールはこの大会から採用されたのだが、そのきっかけとなったのが板東なのである。同年の春季四国大会の準決勝で延長16回を、翌日の決勝戦で延長25回をともに完投した彼を観た高野連が、健康管理上問題ありと判断し「延長戦は18回で打ち切りとし、引き分けの場合は翌日に再試合を行う」と定められたのだ。そして適用第1号となったのが、その板東だった。再試合は翌日に行われ、徳島商が3-1で勝利した。徳島商は準優勝にも輝き、板東は1大会最多記録となる83奪三振という快挙を打ち立てている。

松井の凄さが浮き彫りに

 4位は92年第74回大会の2回戦、松井秀喜(元・読売など)が伝説となった明徳義塾(高知)対星稜(石川)の一戦だ。星稜の4番・松井の強打を警戒した明徳義塾ベンチは全打席敬遠を指示した。0-0の1回表2死三塁で回ってきた第1打席、0-2となった3回表1死二、三塁の第2打席、1-3での5回表1死一塁の第3打席、さらに2-3の1点差となった7回表2死無走者の場面でも勝負を避けるなど、徹底的に松井をマークする。試合はそのまま2-3で9回表に突入した。星稜最後の攻撃で2死無走者から3番でエースの山口哲治が意地の三塁打を放つのだが、ここで打席に入った松井は当然のように敬遠された。後続の5番は凡退となり、優勝候補だった星稜は姿を消すこととなったのである。

 冷酷なまでに勝利を追い求めた明徳義塾の作戦勝ちだが、この5打席連続敬遠によって、逆に松井の凄さが際立つ 形になったともいえよう。

 3位は73年第55回大会2回戦の銚子商(千葉)対作新学院(栃木)戦である。銚子商のエースはこの翌年の夏に優勝投手に輝く土屋正勝(元・中日など)で、作新は“昭和の怪物”江川卓(元・読売など)だった。特に江川は直前の栃木大会で決勝を含む3試合でノーヒットノーランを達成するなど、5試合で被安打わずか2、70奪三振の無失点という驚異的な成績をひっさげて甲子園入りした。初戦でも柳川商(現・柳川=福岡)相手に延長15回で23奪三振をマークし、2-1のサヨナラ勝ちを収めた。この怪物をどう攻略するかが銚子商の課題だったが、打線は江川の前に沈黙した。それでも銚子商は2年生エースの土屋が熱投し、試合は0-0のまま延長戦へ突入する。

 2人の投手戦の明暗を分けたのは、試合途中から降り出した雨だった。濡れてボールが滑り、制球がままならない江川は延長12回裏に1死満塁という大ピンチを招いてしまう。そして痛恨のサヨナラ押し出し四球を与え、緊迫した雨中の投手戦は0-1であっけない幕切れを迎えることに。これが江川にとって甲子園最後の試合となった。涙雨とともに怪物は甲子園を去って行ったのである。

“高校野球史上最高の試合”

 2位は“高校野球史上最も悲劇的な幕切れ”と言われる98年第80回大会2回戦の豊田大谷(東愛知)対宇部商(山口)の一戦である。2-2の同点で延長戦に突入した試合は、延長15回裏、無死満塁と宇部商が一打サヨナラのピンチに陥っていた。この場面で2年生の左腕エース・藤田修平は次打者の4球目(この試合の211球目だった)を投じようとセットポジションに。だが、ここでキャッチャーの上本達之(元・埼玉西武)が出した2度目のサインに驚き、無意識に投球動作を中断してしまう。極限状態に追い込まれていた藤田は、上本との“2度サインを出す”という決まりを忘れてしまっていたのだ。この行為を、球審は“ボーク”と判定。3時間52分に及ぶ熱戦は、春夏を通じて史上初となる“サヨナラボーク”で決着したのである。のちに藤田は「あの場面でのちょっとした動作を見逃さなかった球審は凄いと思った」と振り返っている。“非運のエース・藤田修平”の名は今も高校野球ファンの胸に深く刻まれている。

 1位は79年第61回大会3回戦、“高校野球史上最高の試合”ともいわれる箕島(和歌山)対星稜(石川)の一戦である。箕島は春の選抜王者であり、史上3校目となる春夏連覇を狙っていた。対する星稜は前評判こそ高くなかったものの、“打倒・箕島”を果たすべく策を練っていた。試合は4回に両チーム1点ずつを取り合う形で延長戦に突入し、迎えた12回表に箕島内野陣のエラーで星稜がついに1点を勝ち越した。その裏の箕島の攻撃も2死無走者となり、春の王者はあと1人と追い込まれてしまった。ここでベンチに向かって「ホームランを打ってきます!」と声をかけたのが、1番の嶋田宗彦(元・阪神)だった。その言葉通り、2球目をとらえた打球はスタンドへ飛び込んだのである。

 起死回生の1発で死地から甦った箕島は、14回裏に1死三塁と絶好のサヨナラの場面を迎えた。だが、三塁走者が隠し球にあい、一瞬にしてチャンスを潰してしまう。星稜は延長16回表に右翼線への適時打でまたも1点を勝ち越し。その裏の箕島の攻撃も、2死無走者となり、今度こそ星稜が大金星を挙げるものと思われた。打席に入った2年生の6番・森川康弘は、気負いからか初球に簡単に手を出し、一塁ファールフライを打ち上げてしまう。だが、これで終わりと思った次の瞬間、星稜の一塁手が転倒。これに命拾いした森川は、レフトスタンドへ同点ホームランを放ったのだ。

 延長18回表に2死満塁のチャンスを逃した星稜に対し、箕島は1死一、二塁から左前適時打をはなつ。引き分け再試合の寸前で、4-3で劇的なサヨナラ勝ちを収めたのだ。試合が終わったのは19時56分。3時間50分にも及んだ“真夏の夜の死闘”だった。

上杉純也

デイリー新潮編集部