スカウト陣が注目する「3人」

 3度目の甲子園春夏連覇を目指していた大阪桐蔭がまさかの敗退だ。8月18日に行われた夏の甲子園、準々決勝で下関国際に5−4で逆転負けを喫した。今年のチームは西谷浩一監督と主将・星子天真がたびたび「飛び抜けた選手はいない」と話していたように、2012年の藤浪晋太郎(現・阪神)、森友哉(現・西武、当時2年)、2018年の藤原恭大(現・ロッテ)、根尾昂(現・中日)といったドラフト1位指名が確実と言われる目玉選手は不在だが、それでも高い能力を持った選手は多く、10月のドラフト会議で、大阪桐蔭の有望選手がどれだけ指名されるか、注目される。【西尾典文/野球ライター】

 関係者の話を総合すると、プロ志望届を提出すると見られている選手は、エース・川原嗣貴、キャッチャー・松尾汐恩、センター・海老根優大という3人だ。なかでも、松尾はスカウト陣の評価が高いようだ。

松尾は、旧チームからの唯一のレギュラーで、昨年の夏の甲子園、秋の明治神宮大会、今年春の選抜と、全国の大舞台で全てホームランを放ち、「強打の捕手」として注目を集めている。今年の夏の甲子園、1回戦の旭川大高戦で、反撃の狼煙となるタイムリーを放つなど、3安打2打点という活躍を見せた。1回戦終了後に複数のスカウトに取材すると、軒並み高い評価だった。

「高校から本格的にキャッチャーになったということもあって、去年まではまだ地に足がついていない印象でしたが、春から夏にかけてキャッチャーらしくなりましたね。もともと地肩の強さには素晴らしいものがありましたが、あれだけ捕ってから早く、強いボールを投げられるのは魅力です。また、足が速くて、走塁に対する意識も高い。なおかつ、あれだけ打てるとなれば、当然、プロ側の評価は高くあります。ドラフト会議の巡り合わせ次第ですが、ドラフト1位で消える可能性は高いと思います」(セ・リーグ球団スカウト)

先輩・森友哉に続くか

 筆者は、夏の甲子園の現地取材で、各捕手の「セカンド送球タイム」を独自に計測している。一般的には、このタイムで2.00秒を切れば、“強肩”とされるが、旭川大高戦で松尾が出したタイムをみると、1.77秒が2度もあった。この数字は、プロ選手でもなかなか出せないものだ。

「松尾はキャプテンではありませんが、リーダーシップがあります。ベンチにいる時もよく声が出ていますし、良い意味で“血気盛んな感じ”がします。少しやんちゃそうなイメージは(西武で活躍する先輩の)森友哉とも重なります。タイムをとってマウンドに向かうタイミングもいいですよね。キャッチャーはコミュニケーションが大事ですし、こうした点も評価できると思います」(関西地区担当スカウト)

 大阪桐蔭の捕手で1位指名となれば、前出の森以来2人目となる。松尾にはその資格が十分にあるといえるだろう。

肩の強さは圧倒的

 続いて、スカウト陣の評価が高いのは、センターを守る海老根である。旧チームでは控えに甘んじていたが、新チームになると中軸を任されている。旭川大高戦では、1点を追う6回に値千金の同点ソロを放っている。

「あれだけ大きい体格で(身長182cm、体重85kg)、軽快に動くことができるところが評価できますね。センターの守備範囲は広く、何よりも肩が素晴らしい。(肩の強さは)高校生の外野手でナンバーワンでしょうね。バッティングは、(去年のドラフト会議でオリックスにドラフト5位で指名された)池田陵真と比べると、少し穴が多いですが、海老根は振る力と飛ばす力を持っている。一軍で活躍するには少し時間がかかりそうなタイプですが、上手く育成すれば、プロでもセンターで中軸を打つ選手に成長するかもしれません」(パ・リーグ球団のあるスカウト)

 このスカウトが話すように、シートノックの時に海老根がセンターから見せるスローイングは圧倒的で、甲子園のスタンドからどよめきが聞かれることも珍しくない。取材したスカウト陣からは「上位指名」という声こそ聞かれなかったが、ドラフト会議で海老根の名前が呼ばれる可能性は高い。

評価が割れるエース

 そして、もうひとり。エースの川原については、スカウト陣の評価が分かれている。188cmという長身で、スケールの大きさを評価する声が聞かれた一方、乗り越えるべき課題を指摘する意見があった。

 前出のパ・リーグ球団スカウトの話。

「去年に比べるとかなり良くなりましたが、まだちょっと力強さが出てこない。これまで、ストレートで相手を圧倒するというピッチングを見たことがありません。川原が少し神経質な性格なのか、厳しいコースを狙いすぎているように見えます。あれだけ、体が大きく、コントロールも悪くないので、各球団から一定の評価を受けていると思いますが、高校生が相手ならば、多少、コースが甘くなっても、バットを押し込むような球威を見せてほしいですよね」

 実際、旭川大高戦で3回にツーランを浴びるなど、ストレートをとらえられるシーンが目立っていた。現時点では、今の実力ではなく、将来性に期待して指名するかどうか検討されそうだ。

 最後に、スカウト陣から名前が挙がったその他の選手を紹介したい。トップバッターの伊藤櫂人は打撃と安定したサードの守備、4番の丸山一喜はワフルなバッティング、控え投手で最速150キロを誇る別所孝亮は、春から夏にかけての成長といった面をそれぞれ評価されている。

 8月14日の聖望学園戦では、19対0で聖望学園を一蹴し、ベスト16に進出した。松尾は二打席連続ホームランを含む5打数4安打5打点。海老江は5打数3安打5打点と、大活躍をみせている。一方、川原はこの日は登板しなかった。

 また、同16日の二松学舎大付戦は、川原が完封して4対0で完勝し、ベスト8入りを果たした。松尾は2打数0安打1打点、海老江は3打数1安打1打点と、ゲームの流れを呼び込む貴重な得点に貢献している。冒頭で触れた下関国際戦は、松尾は3打数1安打1打点、海老江は5打数2安打0打点。川原の登板はなかった。

 今年のドラフト会議で、大阪桐蔭から何人の選手の名前が呼ばれるのか、目が離せない。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部