「金本監督の責任は大きい」

 プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(28)が9月27日、今オフにもポスティングシステムによるMLB挑戦の希望を表明した。プロ1年目から3年連続で2桁勝利を挙げた後、制球難で長いスランプに陥った。今年は8月上旬の1軍昇格後は先発として好投を続け、制球に改善の兆しは見えるものの、渡米は「時期尚早」との声が上がる。藤浪のMLB挑戦は今がベストなのか、実現した場合の成否とともに探った。【津浦集/スポーツライター】

 藤浪は大阪桐蔭高校を甲子園大会の春夏連覇に導いた後、2013年にドラフト1位で阪神に入団した。150キロを優に超える剛速球を武器に、ルーキーイヤーから開幕ローテーション入り。細かな制球はなくてもナチュラルにシュートする直球は特に、右打者には脅威だった。いきなり10勝を挙げると、2年目以降も11勝、14勝と順調にエースに成長しつつあった。

 しかし16年、金本知憲監督の就任と同時に、快進撃が止まる。同年7月、制球が定まらずに崩れるというパターンを繰り返していた藤浪に、金本監督は明らかに限界だったにもかかわらず、161球の懲罰完投を強いた。

「これがスランプを長くした元凶。1軍で実績十分だった投手に強制的に多くの球数を投げさせ、さらし者にしたような采配はいただけなかった。“イップス”のような藤浪の制球難は金本監督の責任に依るところが大きいと、6年以上経ってもそう思う」(NPB元監督)

 シュート回転が武器だった直球は制御できず、すっぽ抜けて右打者を襲うようになった。時に乱闘を招くことも。「広島の大瀬良(大地投手)にまで死球を与え、大瀬良に逆に気遣われることもあった。それほど深刻だった。(中日で通算219勝の)山本昌に臨時指導を受けても、復活が遠かった。藤浪はこのまま終わるのではないかと、多くの人が思った」(阪神担当記者)

 リリーフに配置転換されても活路を見いだせなかった。16年に最高1億7000万円だった年俸は漸減し、今季は4900万円まで落ち込んだ。

「ポテンシャルの高さは誰もが認めていた。けがをしているわけでもない。(来季監督になる)岡田さんは評論家時代に、藤浪を再生できたコーチは年俸1億円でも2億円でも与えるべきとしていた」(同)

「ショートアーム」で復活の兆候

 だが今年8月上旬、1軍に昇格すると、見違えるように制球を改善し、先発として好投を続けた。元NPB球団監督はその変貌ぶりに驚く。

「特にテークバックが安定した。キャンプのブルペンで捕手の後ろから見た時は、右手のトップの位置が頭の後ろに行ったり、前に行ったりと全く定まっていなかった。これではストライクが入るわけがないと思った。それが右耳の横に高確率でぴたっと収まるようになった。トップの位置までの持っていき方も、ダルビッシュ(有=パドレス)や大谷翔平(エンゼルス)が導入した、メジャーで流行の『ショートアーム』に近い。内野手のようなコンパクトな動きで、これなら以前のようには乱れない」

 制球さえ定まれば160キロ超の速球、150キロに迫ろうかという高速スプリットはMLBでも十分に通用する。身長は197センチで、193センチの大谷を上回る。長身はMLBでもアドバンテージになるはずで、高い角度からの投球は強打者にも脅威となりそうだ。

「MLBの野球にアジャストすれば、6人の先発投手枠に入る可能性はある。狙って三振を奪え、救援経験もあるから先発でなくてもニーズはある。日本にいたままでは制球難が定着した負のイメージも拭えない。MLBはよりレベルが高いが、逆にショック療法的に潜在能力が顕在化する期待もある。30歳になると、MLBでは途端に契約が難しくなるから早ければ早いほどいい」(MLBのベテラン代理人)

MLB公式球で「ノーコン病」再発の危険性

 一方で前出の元監督は懸念を抱く。

「8月以降の復調はまだ半信半疑。いつ制球難が再発するか不安は残る。渡米はあと1年、阪神で揺るぎないものにしてからでもいいとは思う。しかもMLB公式球は日本のものより滑りやすい。特に藤浪の武器のスライダーは抜けやすい。また当ててしまい、精神的にやられてしまう危険性は消えない」

 藤浪は既に球団と複数回、交渉を重ねており、オフには本格的に協議するという。ここでは新監督になる岡田氏の意向も鍵を握りそうだ。

「(評論家として)岡田さんはかねて復活には先発をやらせるしかないというのが持論だった。球界随一の阪神の投手陣をさらに強化するために藤浪は必要だと考えているだろう。就任前から補強より育成をテーマに掲げており、最初の大仕事は藤浪の慰留になるかもしれない」(前出の担当記者)

 松坂大輔、ダルビッシュ、田中将大(楽天)……、多くの投手がNPBの所属球団で十分な実績を残した後に、海を渡った。藤浪はここ5年でわずか計12勝。過去、この水準でポスティン移籍した例は皆無だけに、“高性能”を示してきた日本人投手といえども、MLBでの成功が保証されているとは言い難い。阪神、そして藤浪の決断に注目が集まっている。

津浦集(つうら・しゅう)
スポーツライター

デイリー新潮編集部