プロ野球ドラフト会議が10月20日に行われ、支配下選手69人と育成選手57人の計126名が12球団から指名を受けた。毎回この時期になると気になることがある。“プロ野球選手を最も輩出している都道府県は?”というものだ。

 今年の結果も加え平成以降のドラフトを対象に調べてみると、100人以上のプロ野球選手を輩出している都道府県は以下の8つだった。

 第1位 大阪府 296人(野茂英雄、ダルビッシュ有など)
 第2位 神奈川県 191人(菅野智之、青柳晃洋など)
 第3位 兵庫県 174人(古田敦也、田中将大など)
 第4位 東京都 165人(松坂大輔、鈴木誠也など)
 第5位 福岡県 161人(新庄剛志、今永昇太など)
 第6位 千葉県 136人(高橋由伸、近藤健介など)
 第7位 埼玉県 127人(小島和哉、松本剛など)
 第8位 愛知県 122人(イチロー、大島洋平など)

 ダルビッシュ有や田中将大、松坂大輔は出身高校のイメージが強いが、ダルビッシュは大阪府羽曳野市、田中は兵庫県伊丹市、そして松坂は東京都江東区出身である。この8都府県は人口の多い都道府県ランキングでもベスト10入りしており(残る2つは北海道と静岡県)、プロ野球球団の本拠地でもある。高校野球の強豪校も多いため、ある意味納得のいく順位といえる。では指名された選手が少ない都道府県はどこか。“ワースト5”を紹介する。

スーパースターは多く輩出も…

 まず第5位だが、3県が20人で並んだ。今年のドラフトで1名ずつ指名され、3県が並んだのである。昨年までの結果では、高知県が単独で5位の位置にいた。高知市出身で“火の玉ストレート”で知られた藤川球児(元・阪神など)、現役なら中日の打てる捕手・木下拓哉(高知市出身)に、去年の阪神のドラ1だった森木大智(土佐市出身)などがいる。特に森木は高卒新人ながら今季1軍で2登板。来季、ローテーション入りが期待される若手の成長株だ。

 高知県に並ぶひとつが長野県だ。代表的な選手としては現役なら横浜DeNAが誇る強打の4番・牧秀悟(中野市出身)、埼玉西武が誇る強力リリーフ陣の一角を担う水上由伸(上伊那郡宮田村出身)が挙げられる。特に水上は今季、60試合に登板し、4勝4敗31ホールド1セーブをマークし、一躍ブレイク。最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得すると同時にパ・リーグの新人王候補最有力とみられている。

 ほか4人が現役だが、そこに今年広島に2位指名された高卒内野手・内田湘大(佐久市出身)がいる。内田は利根商(群馬)に進学すると打っては通算36本塁打、投げては最速149キロの直球を誇る“二刀流として活躍。甲子園出場経験はないものの、投打両面で高い評価を受けており、プロでも二刀流継続を希望することを表明した。どのような決断を下すのか注目である。

 岩手県も20人だ。トロント・ブルージェイズの菊池雄星(盛岡市出身)とロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(旧・水沢市/現・奥州市出身)という2人の現役メジャーリーガーに加え、最速164キロを誇る“令和の怪物”佐々木朗希とスーパースターを続々と輩出している。それだけに少し意外な結果といえよう。現役の岩手県出身選手は佐々木を含む8人がおり、そこに今回オリックスから3位指名された高卒右腕の斎藤響介(滝沢市出身)が加わった。在校中の盛岡中央では2年夏からエースとなり、3年夏の県大会では決勝戦まで進出し、惜しくも2-3で敗れた。3年間で1度も甲子園出場がない中央球界では無名の存在だったが、今夏の県大会2回戦で自己最速となる152キロをマークし、脚光を浴びることに。将来性豊かな本格派右腕は果たして“怪物の系譜”にその名を連ねる存在になれるのか、注目したい。

 17人でワースト2位となったのが島根県である。代表的な選手には前・広島監督の佐々岡真司(旧・那賀郡金城町/現・浜田市出身)の名が挙がる。現役ならば福岡ソフトバンク所属のサウスポーで“最後の松坂世代”となる和田毅(出雲市出身)、阪神が誇る俊足好打の内野手・糸原健斗(雲南市出身)、そして先日読売から自由契約を宣告(なお、育成再契約される見込み)されたベテラン外野手・梶谷隆幸(松江市出身)も島根県出身だ。計6人が現役組。そこに新たに千葉ロッテから4位指名された社会人左腕・高野脩汰(出雲市出身)が加わった。先発、中継ぎ、抑えとあらゆる起用に応えられる器用さが持ち味で、直球と縦の変化球のコンビネーションが武器。岡島秀樹(元・読売など)を彷彿とさせるダイナミックなフォームは打者がタイミングを取りづらい。即戦力として活躍できそうだ。

ワースト1は…

 注目のワースト1は、鳥取県だった。その人数はわずか5人。しかも今年のドラフトで読売が育成9位で高校生左腕・森本哲星(南部町出身)を指名したことでようやく5人となった。ほかの4人はすべて現役で、広島のローテーション右腕・九里亜蓮(米子市出身)、同じく広島の昨年のドラ2左腕・森翔平(鳥取市出身)、読売の20年育成ドラ1の岡本大翔(西伯郡伯耆町出身)、そして千葉ロッテの20年育成ドラ3の外野手で今年7月に支配下登録を勝ち取った山本大斗(米子市出身)がいる。森本が入団すれば、5人のうち2人ずつ広島と読売に所属するというかなり偏ったかたちとなる。千葉県の市立船橋に進学した森本は、最速143キロの直球と切れ味の鋭いスライダーを武器に今夏チームを15年ぶりの甲子園出場に導き、初戦突破も果たした。U18日本代表チームにも選出され、その身体能力が高く評価されている逸材だ。まずはケガをしない、プロ仕様の身体をつくることだろう。支配下を勝ち取ったあかつきには数少ない鳥取県出身者選手としての活躍を期待したい。

 ちなみに日本以外の「出身国」も加味すると、2位島根県と1位鳥取県の間に9人のブラジル(のちに日本に帰化した玉木重雄など)と、7人の台湾(陽岱鋼など)が入ってくる。なぜここまで鳥取県が少ないのか? 考えられる最も大きな理由は人口の少なさだ。47都道府県で唯一60万人に達しておらず、やはり最下位なのだ。その点でいえば、2位の島根県と3位タイの高知県も口の少ない都道府県ランキングでも2位、3位だが、鳥取県とは11万人以上、高知県とは13万人以上もの差がある。当然、野球人口も少ないだろう。加えて甲子園で上位進出する強豪校が見当たらない点も大きい。米子東や鳥取城北などの甲子園常連校は存在するのだが、夏の甲子園では7年連続初戦敗退中。甲子園で通用する強豪校が1校でも現れれば、もっとプロ野球選手が増えると思うのだが、さて……。

上杉純也

デイリー新潮編集部