ドイツ戦の「ドーハの歓喜」で、采配も力も神業のようにたたえられた森保ジャパン。それがコスタリカに敗れると、手のひらを返して酷評される。そんな天国と地獄を同時に味わう場がW杯なのだろう。そこに挑んだ監督の実像については、実父が語ってくれた。

 ***

「勝てば官軍、負ければ賊軍」とは、よく言ったものである。11月23日、初戦で格上のドイツを相手に、逆転で劇的な勝利を挙げると、森保一監督(54)が見せた後半の大胆な采配は、神業であったかのように称賛された。アジア最終予選では解任論が噴出したのと同じ監督であるなど、到底信じられないほどだった。

 しかし27日、多くの人が勝てると踏んでいたコスタリカに負けると、一転して批判を浴びる。「先発メンバーを5人も入れ替えるべきだっただろうか」「三笘や伊藤のような攻撃的カードを、なぜ早く切らなかったのか」といった具合だが、敗者に対する手のひら返しは世の常で、しょせん、官軍と賊軍は紙一重なのである。

スタッフも「森保監督が怒ったのを見たことがない」

 とはいえ、結果がどうであれ、日本代表チームが森保カラーに染められていることには違いない。日本代表の戦いの総括は、森保監督を知るところからしか始まるまい。カタール現地で取材する記者が言う。

「ドイツ戦の前には選手みんなが“我慢強く”と言っていましたが、これは森保監督の言葉。監督の話が選手に広まるのは、それだけ監督の影響力が強いからです。ドイツに勝利後、監督はマスコミの前で“一喜一憂しすぎない”と引き締めていましたが、選手たちも“一喜一憂しない”“次が大事”と言っていました」

 別の記者も言う。

「トゲがない吉田麻也がキャプテンのギスギスしないチームも、森保監督が意図した通りでしょう。歴代の日本代表チームは毎回、監督と選手、あるいは選手間の対立が問題になりました。ジーコのときは海外組と国内組が対立、ハリルホジッチのときは、本田圭佑らが監督解任を協会に直訴しました。こうしたことを反省してチーム作りを進め、和やかな雰囲気になったのでしょう。スタッフも森保監督が怒ったのを見たことがないそうです」

チーム内の序列を表に出さない

 元「サッカーダイジェスト」編集長の六川亨氏も、

「外国人監督は、チームをレギュラー組とサブ組にドライに分けがちです。監督がそうやってチーム内に序列を作ると、チームがまとまりに欠ける、という面はあります。一方、日本人監督は、チーム内の序列は暗黙の了解としてはあっても、表に出しません」

 と説く。森保監督は、少なくともチームのムード作りには成功した、ということだろう。「それは取材で接しても感じる」と言うのは先の「別の記者」で、

「チーム状況や試合結果次第で感情的になる監督は多く、それも仕方ないと思いますが、森保監督は余裕があって、なにを聞いても動じず、焦りません。“聞く力”があるのは岸田文雄総理より森保監督で、“参考にするからどんどん批判してくれ”という姿勢は、時に“ウソばっかり書きやがって”と言っていた岡田武史監督とは大違いです」

マスコミに“今日も来てくれてありがとうございます”

 先の記者も同様に、森保監督を「昔の日本人のような礼儀正しい人」と評し、

「カタールでも練習が始まる前に必ず、わざわざピッチを横切ってマスコミの前に来て、“今日も来てくれてありがとうございます”と言うんですね。そんな代表監督は見たことなく、余裕がないとできません」

 と話すのである。

 一方、それが緩さにつながった面もあるのかもしれない。現地で取材を重ねるサッカージャーナリストの元川悦子さんが、対コスタリカの敗戦を受けて言う。

「コスタリカはスペインに7点も取られ、国内メディアからすさまじい批判を浴び、日本戦前日の会見でも、記者が監督らにケンカ腰で質問したようで、日本にも負けたら帰国できないほどの批判を浴びていたと思います。中南米のサッカー熱は日本の比ではなく、致命的なミスで敗戦すれば猛批判を浴びるケースも。そこでコスタリカは原点回帰を図ってセイフティーな戦いに徹した。森保監督は相手が後半、調子が落ちたら畳みかけて点を取る狙いだったのでしょうが、コスタリカは想定したようにはペースダウンしませんでした」

相手の3年生に殴りかかりレッドカード

 監督の采配にあれこれ思ってしまうのは、身内も同様のようで、

「なんであっちを出さないのか、なんで代えんのかとか、思うときもあります」

 と話すのは、森保監督の長崎の実家で暮らす父親の洋記さん(80)である。

「カタールに発つ前の11月4〜5日、東京の一(はじめ)のマンションに行きました。“2日間だけなら時間あるよ”と言うんで、泊まらせてもらったんです。次の日は泉岳寺の浅野内匠頭のお墓に行きました。歴史が好きで、一の自宅がすぐ近くなもんで、連れて行ってもらいました。一も、一の奥さんも線香を上げましたよ」

 名前が似ている浅野拓磨に期待して、線香を上げたのだろうか。

「ハハハッ。それは偶然でしょ。名前はよく似ているけど。サッカーの話はしなかったですよ」

 ところで、余裕があって人に気を使える監督の原点も聞きたいところである。

「結構、気が短いんですよ、僕に似て。僕はスパルタ教育で、口で怒るより手のほうが早かったからね。(高卒後)広島に行ってから、短気じゃダメだってわかったんじゃないですかね。サッカーの試合で、チームメートがラフプレーでやられたりすると、怒りよったです。僕が見たのは高1のときに3年生がやられて、一が走っていくからなにかと思ったら、相手の3年生に殴りかかっていて、レッドカードをもらっていました。やられたらやり返すと教えてきたから。会社から帰って練習を見てたりしたんですが、ちんたらしてたら蹴っ飛ばしよったですもん。代表では怒らないというけど、僕の子供だから、本当はそれくらいしたい気持ちもあるのに、ぐっとこらえとるかもわからん」

「よくあんな子が一にほれたなあ」

 いまの余裕は、どこで身に付いたのだろうか。

「たしかにうちの女房には優しい。静岡に女房の実家があるんですが、清水に視察に行ったりすると、実家に寄って墓参りしてくれるんですよ。小さいときから“あいさつはしなさい”と言ってたんです。勉強は、僕がボンクラだから言ったことがなかったけど、“後輩をいじめるな”とか、そういう教育はしてきました」

 加えて監督の妻、由美子さんの影響はないのか。

「長崎日大高校の同級生で、高校時代は嫁のほうが短距離選手で有名人だったんですよ。23歳くらいで結婚しましたね。通学バスが一緒で知り合ったみたいで、高校の監督から“由美子さんは心がやさしい子で、あんな子はそんなにおらんから、嫁にするならあの子がいいよ”と言われていたんです。僕らにも優しく、嫁姑問題もまったくない。よくあんな子が一にほれたなあって。中学では飛び抜けて足が速かったようで、西彼杵(そのぎ)郡で出した記録がいまだ破られていないらしい。姓が同じ森保だったんです」

「一より嫁の方が優しい」

 森保監督といえば、ドーハの悲劇を経験している。

「あのとき由美子さんは、アメリカ大会には行く予定でしたが、ドーハには家族は行っていません。小さい子供もおったし、行けんかったですよ。協会の川淵チェアマンが、W杯出場が決まったら各選手に1千万円の特別ボーナスを渡すと約束してて、一は“もらえるけんアメリカに連れて行く”って私にも言ってたんです。今回は、一の三男坊は大学生ですが、子供は巣立っているので、由美子さんも行けましたね。僕も誘われたけど、中東があまり好きじゃないからさ」

 監督のそういう優しさも妻に由来するのか。

「一より嫁のほうが優しいです。最初の孫が生まれたとき、女房と二人で車で広島に行ったんだけど、1週間くらいいても歓迎してくれましたからね。知っとるかぎり、一と嫁がケンカしたのは見たことも聞いたこともないです。一は負けが込んでも怒ったり愚痴をこぼしたりしないと、嫁が言っていました。二人ともお酒は飲まないです。一はビールをコップに半分飲んだら真っ赤になりますから。先日、東京では、夕食は一と時間がズレてたんですけど、由美子さんは一が帰ってから一緒に食べるって言うんですね。いつも食べずに待って、一緒に食べるみたいです。年寄りにも負担がかからないように、聞いてくれたうえで野菜が多く入った炒め物とか作ってくれて、優しいですよ」

「週刊新潮」2022年12月8日号 掲載