悩みの尽きないファミリーにまた一つ、大きな懸念が生じてしまった。英王室は2月5日、チャールズ国王(75)が「がん」にかかっていると公表。直後、次男・ヘンリー王子(39)が米国から駆け付けたことで“和解”の期待も高まったのだが、現実は程遠く……。

 ***

 英国在住ジャーナリストが言う。

「王室は1月17日、チャールズ国王が翌週から前立腺肥大の治療を受けると発表しました。国王は26日からロンドンの病院に入院し、29日に退院。2月4日には、別邸のある東部ノーフォーク州サンドリンガムの教会の礼拝にカミラ王妃と出席し、沿道の人々と交流していましたが、翌5日に“治療中にがんが発見された”と、王室から突然の発表があったのです」

 がんの部位は「前立腺ではない」というのだが、

「進行の程度と合わせ、詳細は明らかになっていません。また、前立腺治療のアナウンスがあった先月17日、王室はキャサリン皇太子妃が入院し、腹部の手術を受けたとも発表しました。妃も国王と同じ病院に入院し、29日に退院していますが、症状については『がんではない』としか伝わっておらず、退院後もロンドン郊外ウィンザーの自宅で療養し、公務復帰まで数カ月かかる見通しです。健康に関する重要発表が王室から立て続けに出て、国民の間には不安が広がりました」(同)

1年4カ月ぶりに父と対面

 国王は一昨年9月、エリザベス女王の死去に伴い、英国史上最年長の73歳で王位に就いたばかり。そして、この“異変”を聞いてはせ参じたのが、2020年以降公務から退いていたヘンリー王子であった。

「王子は6日の午後、ロサンゼルスから11時間のフライトでヒースロー空港に到着。そのまま国王のロンドンの邸宅であるクラレンス・ハウスへ急行しました。そこで国王と30分余り面会し、翌日の15時には英国をたっています」(同)

 わずか25時間の英国滞在を終え、メーガン妃と2人の子が待つカリフォルニア州サンタバーバラへとんぼ返りしたヘンリー王子は、女王の死去以来、実に1年4カ月ぶりに父と対面を果たしたことになる。

「王子の回顧録『スペア』が昨年1月に刊行されたことで、王室との関係はいっそう険悪になっていましたが、国王との直接対話が実現したことで“雪解け”を期待する向きもあります。ですが今回、兄のウィリアム皇太子とは対面できませんでした。退院から間もないキャサリン妃の体調もありますが、その最大の理由は兄弟間の確執が消え去っていないからです」(同)

 実際に『スペア』には、19年にヘンリー王子の自宅を訪ねてきた兄がメーガン妃を“ぶしつけだ”などと批判したため口論になり、兄から暴力を受け背中にけがをしたとの記述が登場する。また、その前年、第3子を生んだ直後のキャサリン妃をメーガン妃が“赤ちゃん脳”などと揶揄したことから、ウィリアム王子(当時)と口論になったという回想もされているのだ。

メーガン妃の差し金?

 英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏は、

「イギリスのスナク首相は毎週、バッキンガム宮殿で国王に謁見しています。がん公表後、当初は対面で可能だとされていましたが、まずオンラインに切り替わり、さらには電話でのやり取りに後退しました。こうしたことから、症状は決して軽くないのではないかという観測も流れています」

 としながら、

「6日にヘンリー王子が駆け付けた時、国王は『Thank you for coming』と述べたと伝えられています。対面の前日には最初のがん治療を受けており、疲れていたのは事実です。息子がアメリカから帰ってきて顔を見せたのはもちろんうれしかったでしょう。しかし王子は事前に訪問を伝えておらず、ヒースローに降りてから『いま空港だ』と連絡したため、王室は驚き、予定に狂いが生じました」

 その帰国については、

「メーガン妃の差し金だったといわれています。というのも夫妻は、音声配信サービス『スポティファイ』との契約を昨年打ち切られ、また1億ドルで契約した『ネットフリックス』も、まだ3作しかリリースされておらず、いずれも評判が芳しくありませんので来年の契約更新は見通せません。1470万ドルで購入した自宅は固定資産税だけで年7万ドル、維持費は80万ドルとされています。加えてぜいたくなライフスタイル維持で出費がかさむため、経済面で先々、国王に取り計らってもらおうとヘンリー王子を向かわせたというのです」(同)

「顔も見たくない」と

 とはいえ、そんなもくろみは見透かされているに違いなく、夫妻にとって致命的なのは皇太子の「強い拒絶」だというのだ。

「ウィリアム皇太子は弟を全く許していません。自分の悪口はともかく、『スペア』ではキャサリン妃が“小心者”“王室の枠から出られない”“カメラに向かって笑うことしかできない”などとあざ笑われています。それでも妃は兄弟の仲を取り持とうと心を砕いてきましたが、皇太子は『(弟の)顔も見たくない』と、和解の道をきっぱり閉ざしてしまいました」(同)

 放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏も、こう言うのだ。

「近いうちに兄弟の関係が修復されることはないでしょう。ヘンリー王子がわがままを貫いたことで王室メンバーの公務負担は増えてしまい、メーガンにそそのかされて米国へ逃げたと思ったら家族の悪口で金儲けしているのだから、兄としては到底許せないはず。また、ヘンリー夫妻の子であるアーチー君やリリベットちゃんも親戚と全く交流のない暮らしをさせられているのですから、親として無責任です。唯一、兄弟に和解の道があるとすれば、夫妻が離婚することでしょうか」

 安寧な日々は、しばらく訪れそうにない。

「週刊新潮」2024年2月22日号 掲載