ロシアがウクライナに侵攻してまもなく2年になる。その間、ウクライナでボランティア活動を続けるボグダン・パルホメンコ氏が日本にやって来た。彼にとって5年ぶりの国外、5年ぶりの日本だという。【前後編の前編】

 ***

 デイリー新潮はこれまで複数回にわたりボグダン氏に取材を行ってきた。もっとも、それらはリモートでのインタビューだったため直に会うのはこれが初めてだ。約束の時間に5分ほど遅れて現れたボグダン氏は、まずそれについて謝った。

ボグダン:遅れてしまってごめんなさい。オフ会が少し長引いてしまいました。

――2月17日、ボグダン氏は大阪市内の地中海料理レストラン「Cafe ABSINTHE」でオフ会を開催。告知されたのはわずか3日前だったが、100名を超える人が駆けつけたという。オフ会では質問のコーナーを設けた。どんな質問が投げかけられたのだろう。

ボグダン:やはり終戦の仕方であるとか、日本は何ができるのかといった質問でしたね。

――オフ会の店を地中海料理の店にしたのには意味があるのだろうか。

ボグダン:実は以前、僕はこの店で働いていたんですよ。僕は中学卒業まで大阪にいましたが、その後、ウクライナに戻って大学を卒業しました。卒業後はウクライナと日本のどちらで就職しようか迷っていました。ウクライナと日本では入社の時期が違うので、その頃に日本に来て就職活動をしていたんです。でも、お金がないから働かなくてはいけない。そこでこのお店でアルバイトをさせてもらったんです。

――では、昔からの知り合いで?

オフ会会場との縁

ボグダン:実はこのお店のオーナーに迷惑をかけてしまった事があったんです。せっかく雇ってもらったのに3週間で辞めてしまったんです。というのも、当時24時間営業だったお店で、僕は夜のスタッフで、夜10時から朝8時まで働いていたんです。それからバイト仲間で夕食(朝食)を摂って、家に帰って眠ったら、もう働く時間に。昼夜逆転の生活では体がもたないと思って辞めてしまった。

――夜勤は慣れるまで体が辛い。

ボグダン:就職についてもオーナーに相談していたんです。同じ日本企業でも、日本で本社採用されるのと現地採用ではどちらがいいのか。大手日本企業の海外支社で働いた経験があるオーナーは、迷わず本社と教えてくれたんですが、家族と離れたくないと僕は結局現地採用を選んだ。迷惑をかけてしまいましたが、さっきオーナーに改めて謝ったら許してくれました。「あなた、成長したからね」と。

――ボグダンさんの現在の活動をご存知だったからだろうか。

ボグダン:そうなんです。「疲れているだろうね」と気遣ってくれました。

――では改めて、ウクライナの話をお聞かせいただきたい。ロシアの侵攻が開始されてまもなく2年になろうとしているが、それをどう思うか。

この冬は幸いにも暖かい

ボグダン:まさか2年も続くとは思いませんでした。2022年2月24日に始まり、早ければ6月、長くても半年で終わるのではないかと考えていました。それがこうして2年、信じられません。ウクライナで生活している人々にとっては10年くらい続いているような感覚があります。

――デイリー新潮は22年12月にリモートで取材させていただいた。当時は停電が困るとおっしゃっていたが、状況は変わったのだろうか。

ボグダン:電気・水道・ガスはあります。ときどき停電はしますが、この冬は大規模な停電は発生していません。今年は神様が味方してくれているのか、暖かいんです。気温はマイナスにならないことが多いので、電気の消費量も少ない。だから、昨年の冬ほど大きな停電には繋がっていないのだと思います。また、ロシアもこれまで発電所を攻撃していましたが、それが大きな被害に繋がらないことがわかったのだと思います。

――ロシアはいま、何を攻撃目標にしているのだろう。

ボグダン:ウクライナの兵士が着る軍服の工場であるとか穀物倉庫……公表されてはいませんが、民間の倉庫にもウクライナの兵器が入っているので、そういった倉庫が標的にされています。

――ウクライナの男性は国外に出られないと聞くが、ボグダンさんはどうやって来日できたのだろう。

兵士にもサポート

ボグダン:僕らはずっと民間の人々を支援してきましたが、ここまで戦争が長引くと、民間の人々も徴兵されてます。それまで支援を受けていた人が軍隊に入ると、軍の内部にも僕らの活動が口コミで広がっていくわけです。もっとも、軍人は信用がないと支援を受け取りません。食べ物には毒が入っている可能性もあるし、物資に盗聴器が仕掛けられている可能性もある。それが活動を続けているうちに信用も生まれ、侵攻から2年のタイミングで、もっとウクライナの現状を日本の人たちに伝えてほしいと出国の許可をもらえたわけです。

――軍への支援を始めたということだろうか。

ボグダン:僕は軍人への支援は必要ないと考えていました。なぜなら、軍人は国がサポートするからです。僕らが支援してきたのは国がサポートしない民間の弱い層、おじいちゃん、おばあちゃんもそうだし、犬や猫もそう。ところが、戦争が長期化すると、兵士にも給料が届いていなかったりするんです。例えば、前線の兵士には前線手当が付くので、日本円で40万円ほどの給料が支払われる。前線でなければ5万円程度です。しかし、そのお金も全額が支給されなくなってきています。そんな給料で、食べ物や服、ガソリン、中古車を買わなければならない。ウクライナ兵は移動の際は自分の車を使用せよとなっているのですが、そもそも車を持っていない人もいます。そこで僕らは、中古の四駆を4台購入して兵士に寄付しました。これは日本からの寄付ではなく、僕らが働いたお金で購入したものです。支給された軍服もサイズが合わなかったり、品質も悪い。買おうとしてもお金がない。それで兵士への支援が必要になっているんです。

――ウクライナも行き詰まっているということだろうか。

ワルシャワ経由で日本に

ボグダン:そうです。税収入も見込めないわけですから。僕らの周りからも徴兵される人が出てくるようになり、現実を知り始めました。ただ、僕らが支援しているのは兵士というよりも、兵士の家族と考えてもらっていいと思います。また、ウクライナ兵の中には無給のボランティア兵もいるんです。例えば、キーウには攻撃してくるドローンを迎撃するスポットがいくつかあり、そこに勤務する人はボランティア兵です。働きながらの人もいれば、就職難で仕事が決まらない人もいる。彼らに生活物資を届けたりしています。

――そうした活動が認められて出国の許可が下りた。今回、どのようなコースで日本に来たのだろうか。

ボグダン:僕は車でリヴィウ(ウクライナ西部の都市)の先にある国境経由でワルシャワ(ポーランド)に行って、そこから飛行機で東京、新幹線で大阪に来ました。ポーランド国境を超えてから時速70〜80キロで20分ほど走ると、道路脇にはウクライナのトラックが数千台くらいずらっと停まっていました。ウクライナの穀物がポーランドに入ったら困るということで、なかなか入国ができないそうです。

――今回、ボグダンさんが来日した目的は?

日本人に来てほしい

ボグダン:もともと僕は、戦争が終わるまではウクライナにいるほうが自分にできることが多いと考えていました。ところが、丸2年というフェーズもあり、日本に来てできることが多くなったと思います。今回、同じ飛行機にウクライナの市長さんとか役人の方も乗ってきました。皆さん会議などに出席しますが、僕はこれまで支援していただいた方とお会いすること、メディアの方とお会いすること、そして企業の方に支援をお願いすることを目的に来ています。これまで日本からは、個人の方から支援はいただいていますが、企業からというのはなかなかありません。例えば、ロシアからは撤退した日本企業はありますが、そうした企業はウクライナに支援してくれるわけではありません。どこまで話を進めることができるかわかりませんが、そういうこともしたいと思っています。

――さらに大きな目標もあるという。

ボグダン:日本の色んな人々の力をお借りして、何か財団的なものを設立できないかということも模索しています。僕たちは草の根的に人と人をつなげて、国を頼らずにやってきましたが、より一歩先に行くタイミングが来ていると思っています。赤十字のような戦争に特化したものではなく、何か緊急的なことが起こった場合に人々を助けられるような、才能のある人を応援できるような財団を作れないか。また、戦争が終われば、日本のテクノロジーをウクライナに呼ぶことができないかも考えています。日本は国土の75%が山地で、災害も多い。ウクライナは戦争さえなければ災害は滅多にないし、国土も平野で農業が盛んで、ヨーロッパのハブでもある。平和になったら日本の人々にウクライナに来てもらいたいです。

 後編(【侵攻2年】「ゼレンスキー大統領の信用は落ちている。今年中に政権が代わるかも…」「今後戦争を続けても対価が高すぎる」来日したウクライナ人・ボグダンさんの本音)に続く。

デイリー新潮編集部