ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(71)の娘たちが話題となっている。長女のマリヤ・ボロンツォワ氏(39)と次女のカテリーナ・チホノワ氏(37)がサンクトペテルブルクで開催された国際経済フォーラムに揃って出席し、発言したというのだ。はたして、彼女たちが公の場に出ることにどんな意味があるのだろうか。

 ***

 1997年に始まったサンクトペテルブルク国際経済フォーラムはそもそも、プーチン政権が各国からの投資を呼び込む場として知られている。2018年には当時の安倍晋三首相も出席。ところが、22年に始まったロシアのウクライナ侵攻後、欧米各国の参加はなくなった。

 今年6月5日から8日まで開催された国際経済フォーラムには、中国や中東を中心に136の国と地域から政府関係者や企業の代表が参加。その中にプーチン大統領の娘がいたわけである。ロシア研究の第一人者である筑波大学名誉教授の中村逸郎氏に聞いた。

「まず、サンクトペテルブルクで開催されていることが重要な意味を持ちます。プーチン大統領は、この地(当時はレニングラード)で生まれ育ちました。KGB(ソ連国家保安委員会)を辞めた後、政界入りしたのもレニングラードであり、彼にとっては愛すべき故郷なのです。そして同時に、同地はヨーロッパへの窓口ですから、経済的にも重要な意味を持ちます。実は今回、国際経済フォーラムに出席したのは2人の娘のみならず、プーチン大統領のはとこなども出席しています。いわば親戚一同が出席したわけです」

 親戚が揃って何をしようというのだろう。

「プーチンファミリーで国家プロジェクトの推進を訴えたのです」(中村氏)

お忍び来日でディズニーランドに

 中でも重要なのが長女のマリヤ氏だという。彼女はかつて極秘で来日し、その姿が「週刊新潮」(18年4月26日号)に報じられている。夫と子供2人の家族4人、もちろんSPなどのお供を引き連れ、東京ディズニーランドや新宿歌舞伎町のロボットレストラン、鬼怒川温泉などを訪れたという。大学では日本語を学んだとされ、今回の国際経済フォーラムでは日本のメディアに話しかけられ「こんにちは。はじめまして」と答える動画も配信されている。フォーラムのセッションに登壇したマリヤ氏は、学校教育における生物学の重要性を訴えたという。

「本業は医師で内分泌学者です。現在はロシアの再生医療の旗振り役を務めています。なぜ再生医療に力を入れているのかといえば、父親のプーチン大統領を死なせないためだと言われています」(中村氏)

 不老不死を求めた中国の始皇帝が思い浮かぶ。

「その通り、彼はプーチン王朝を作ろうとしているのです。プーチン大統領は近く北朝鮮に行くと見られています。表向きの理由はウクライナ戦争のための武器供与の要請ですが、裏の目的は北朝鮮の金王朝を学ぶためとも見られています。そして彼の後継者と目されているのがマリヤ氏なのです」(中村氏)

 その証拠が今年1月に公開された彼女のインタビューだという。

長女後継の筋書き

「医療系の非営利団体のインタビューに応じた際の動画ですが、この中で彼女は自分の世界観や人生観などについて語っています。ロシアでこんな内容を公で話すことができるのは、プーチン大統領以外にはいませんでした。ロシアの民間軍事会社ワグネルの創設者、エフゲニー・プリゴジン氏だって言えないことでした。彼も結局、粛正されてしまいましたが」(中村氏)

 マリヤ氏はインタビューでどんなことを語っていたのだろう。

「人生観として、命、芸術、コミュニケーションが大切だと訴えていました」(中村氏)

 父親は言いそうもない内容だ。

「真逆と言ってもいいでしょう。もちろん、彼女がプーチン大統領を批判するようなことは言っていません。それどころか、話しぶりが父親そっくりで、知性がにじむようでした。しっかりと帝王学が施されているように思いました」(中村氏)

 そうは言っても、ロシアは形の上とはいえ、選挙も行われている。

「選挙はどうにでもできますからね。プーチン大統領は今年3月に5期目となる大統領選に勝利しました。得票率が87%以上という圧倒的な勝利の裏には票の操作もあるでしょうが、ロシア国民の気質として戦争を始めた指導者が戦争を終結させるという意識が働いたためとも考えられています」(中村氏)

 ウクライナとの戦争は早く終わりにしろというのが、ロシア国民の意思ということか。

「そうです。そこでプーチン大統領はあらゆる手段を使って戦争を終結させ、兵を引き上げた時点で辞任。首相を務めるミハイル・ミシュスチン 連邦政府議長(58)が大統領代行を務め、3カ月後に行われる大統領選でマリヤ氏が大統領に就くというシナリオを描いています」(中村氏)

 そんなに上手くいくのだろうか。

「ロシア国内でも『マリヤ氏を後継者に』と言う声が出てきています。まだ30代の彼女が大統領に就任すれば、ロシア国民も盛り上がるでしょう。プーチン王朝の出来上がりです」(中村氏)

 次女のカテリーナ氏はどうなるのか。

「彼女は学術振興財団のトップを務めていますが、今回の国際経済フォーラムでは軍需産業の会議にオンラインで参加していました。もっとも、発言内容は大したものではありませんでしたし、後継者という意味ではちょっと物足りないですね」(中村氏)

 ロシアで大帝と呼ばれるエカテリーナ2世(1729〜1796)を彷彿させる名前だが、

「そういう希望があったのでしょうが、名前の通りには育たなかったのかもしれません。名前ということでいえば、彼女の夫の名はウクライナの大統領と同じくゼレンスキーですからね。プーチン大統領としては聞きたくない名前でしょう」

デイリー新潮編集部