1959年12月14日、在日朝鮮人とその家族を乗せた船が新潟港から北朝鮮へ向けて出港した。北朝鮮による「帰還事業」の第1次帰国船である。実は、この帰還事業と吉永小百合の主演映画『キューポラのある街』は、深い関わりがあるという。12月14日と15日、帰還事業60周年を記念して、拓殖大学文京キャンパスで「北朝鮮人権映画祭」が開催される。その場でこの映画も上映されるのだ。

 ***

 1959年12月から84年7月まで続いた帰還事業で、総計9万3340人が北朝鮮に渡った。そのうち、在日朝鮮人の妻、夫、子供として“帰国”した日本人は6839人にのぼるという。

「日本人妻(夫)は約1800人と言われ、その後、一時帰国できたのは数人だけです。後は北朝鮮で亡くなって、現在も生き残っているのは数人だけだと思います。帰還事業が始まった当初、“地上の楽園”と言われた北朝鮮は、実際は国土が朝鮮戦争で破壊され、極度の物不足という過酷な環境でした。帰国者はみな騙されたのです」

 と語るのは、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏である。

「帰還事業」が始まって2年後の1961年12月に『キューポラのある街』の撮影が開始され、62年に公開された。監督は浦山桐郎。脚本は今村昌平と浦山桐郎。吉永小百合はこの映画でブルーリボン賞主演女優賞を受賞し、60年代を代表する人気女優となった。

 映画の舞台は、鋳物工場のキューポラ(鉄の溶解炉)が立ち並ぶ埼玉県川口市。吉永小百合が演じる中学3年の石黒ジュンは、鋳物職人の長女という設定だった。父・辰五郎(東野英治郎)が工場を解雇されたため、家計は火の車となり、ジュンは在日朝鮮人の友達、ヨシエと一緒にパチンコ屋でアルバイトを始める。ジュンの弟タカユキも、ヨシエの弟サンキチと仲が良く、いつもつるんで遊んでいる。朝鮮人一家との交流を描いたこの映画は、北朝鮮への帰還事業を肯定的に描いた。

 映画では、タカユキとサンキチがこんな会話を交わしている。

「朝鮮人は朝鮮で暮らしたほうがいいだろ。どうせ貧乏なんだから」(サンキチ)

「そりゃそうだな。今より貧乏になりようがねえもんな。ハハハハハ」(タカユキ)

「脚本の今村昌平氏は後に、『とんでもないものを作ってしまった。北朝鮮を礼賛する映画を作ってしまった』と自己批判しています」

 とは、先の荒木氏。

「昨年の12月、日大藝術学部が『朝鮮半島と私たち』というテーマの映画祭を開催し、『キューポラのある街』を上映しました。その際、吉永小百合さんがメッセージを送っています。川口駅で北朝鮮に帰国する人たちを見送るとき、在日朝鮮人が動員されました。見送りの場面では、みな、お祝いするようにバンザーイ、バンザーイと叫んでいました」

 吉永小百合は手書きで、メッセージをこう綴っている。

〈映画学科の皆さまが、毎回しっかりしたテーマを見つけ、映画祭を開催して勉強する姿勢に、感心しています。『キューポラのある街』は、1962年の作品です。真冬の川口駅前で、深夜に大勢の人々が朝鮮の歌をうたい、私達の映画を盛り上げてくれました。そして彼らは、帰還船に乗り、故郷に帰って行きました。今、私達は、朝鮮半島の歴史、文化、現在の暮らしをしっかりと見つめ、語り合いましょう。吉永小百合〉

帰国した在日朝鮮人を人質

「北朝鮮人権映画祭」では、『キューポラのある街』の次作となる『未成年 続・キューポラのある街』(1965年公開)も上映される。

「映画『未成年』の冒頭は、SLが走っているシーンで、それにかぶさるように、北朝鮮に帰国した吉永演じるジュンの友達、ヨシエからの手紙が朗読されています。『北朝鮮で働きながら充実した生活を送っています。ジュン、貴方はどうしているの』という内容です。1作目よりも2作目のほうが、北朝鮮への礼賛度が強くなっています。2作目では、ジュンが北朝鮮に行くことを躊躇している菅井きんさんが演じる日本人妻を、北朝鮮へ帰国するように説得するシーンがあります。日本人妻は『貧乏暮らしをしても、あたしはやっぱり日本に住んでいたいんだよ』と言うのですが、ジュンは『おばちゃん、向こうへ行ったほうがいい。きっとまた会えるわ!』と。結局この日本人妻は、北朝鮮へ渡ります」(先の荒木氏)

『キューポラのある街』の舞台となった川口市は、元々在日朝鮮人が多いという。

「川口の鋳物工場には、在日朝鮮人がたくさん働いていました。拉致被害者の田口八重子さんや特定失踪者の藤田進さんなど、川口市は多数の拉致被害者・特定失踪者の出身地でもあります。これは決して偶然ではなく、帰国者がいたからこそ、帰国した家族を人質にして、日本に残った家族をいわゆる“土台人”として工作活動のために運用することができたのでしょう。ある意味、帰還事業と拉致問題は切り離せるものではありません。その中には、在日の拉致被害者もいたはずです」(同)

 帰還事業は、金日成(キム・イルソン)国家主席の肝いりで始まった。その目的はなんだったのか。

「ひとつは、朝鮮戦争で労働力が不足した、その穴埋めです。もうひとつは、日本人が北朝鮮で暮らすことで、発展する社会主義ということを国際的にアピールすることでした。朝鮮総連は、北朝鮮を“地上の楽園”と宣伝し、帰国者には、日本にある金や家財道具は北朝鮮に持っていく必要はないと言って、総連に寄付させているのです。ところが、いざ北朝鮮へ渡ってみると、そこは地獄だった。反抗する者は、強制収容所送りにされました。朝鮮人の夫と北朝鮮へ渡った日本人妻は、夫と死別して一人になったケースも多かったようですが、言葉もわからず、途方に暮れたに違いありません」(同)

 吉永にも帰還事業について今どんな思いなのか、聞いてみたいものだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月9日 掲載