日韓関係は最悪でも、韓国で日本のニュースが流れ続ける不思議

 1965年の日韓基本条約締結以来、日韓関係が最悪だ。普通の人間関係では、誰かと仲が悪ければ、その対象がいくら隣同士であっても、相手に対する関係を絶ったり無視したりするのが普通だ。しかし、多くの韓国人にとって日本は、好感の持てない隣国であるにもかかわらず、関心だけは昔も今も変わらないようだ。

 いや、むしろ関係が最悪だというのに、韓国のマスコミでは、連日、政治、経済、社会のあらゆる面において日本のニュースが流れている。

 数日前のニュースを見ても、「『No Japan+コロナ』ひざまずいたユニクロ、韓国で数百億の赤字」という記事が、韓国人の最も関心を寄せている国際ニュースであるということを、アクセスランキングが証明している。

 それに、ドイツにおける少女像の設置問題、趙廷来(チョ・ジョンレ)という元老の文人による「親日派発言」をめぐる波紋など、日本関連のニュースは連日、韓国社会の主なイシューになっている。

 これは日韓が単に「愛憎の関係」だという言葉では説明し難い、韓国人の日本に対する複雑な感情を示す現象に違いない。

 私が思うに、韓国人は日本に対して「憎」よりは「愛」の感情をたくさん抱いているようだ。

 もちろん植民地支配に対する漠然とした反感や憎悪は大きいが、それが国家と民族の単位ではなく個人の領域に入れば、日本に対する反感がそれほど大きくないということを韓国に住む私はいろんな経験を通じて実感している。

 また、「憎」に対する感情も複雑で、まるで全体主義国家のように、教育とマスコミを通じた反日感情の煽動と、歴史に対する歪曲に起因する官制民族主義の結果であって、実際に個々の韓国人は必ずしもそうは思っていないということ、そして、そうは思っていない人々の数がますます増えていることは芳しいことだ。
 このようにして、韓国は1945年以降、日本に対する劣等感を拭いきれず、国をもって反日感情を育ててきた。

 しかも、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は就任演説で、韓国の近代史に触れ、「正義が敗北し、機会主義が蔓延した時代」、「独善と腐敗の歴史」「分裂の歴史」「敗北の歴史」「屈辱の歴史」など、韓国の正統性を否定する発言を続けた。そして、そのすべての原因は親日派を断罪できなかったことにあるとし、歴史を正しく立て直す運動を主導した。

 一体、清算されていない「親日残在」とは何であり、どれほどの親日派とその子孫がいい思いをしてきたと思ってこのような発想をするのだろうか。

 文大統領の娘は、日本の国士舘大学に留学をしたとされる。趙廷来氏の言葉を借りるなら、文大統領も親日派になるわけだ。

 もはや国家主義、民族主義という、時代錯誤的な「くびき」から脱し、客観的な見方で歴史を直視しなければならない時だ。

 政治家たちの計算によって、また市民運動をかこつけた金儲け集団の、歪曲と煽動で日韓関係が破綻に陥っていることを座視してばかりいていいのだろうか。

 今の韓国社会は、国家と民族意識の過剰による、狂気に満ちた全体主義社会に進もうとする兆しが見える。

 どうか近未来に世界10位圏の経済大国になるという国に相応しい、韓国社会の集団知性がまともに作動することを期待する。

反日種族主義の李栄薫氏に対して、「彼の言葉はすべて嘘だ」と述べた大ベストセラー作家

 一例として、李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大教授らの『反日種族主義』が韓国社会でベストセラーになったことは、以前の韓国社会では到底想像すらできないことだった。

 李栄薫氏らは『反日種族主義』において植民地近代化論を主張した。

 つまり、韓国社会の底流には「親日は悪で反日は善」という認識、即ち、反日種族主義があると言って、従軍慰安婦の強制動員などを否定し、日本の植民支配によって韓国社会が近代化したというものだ。

 これに対する韓国社会の反応は熱く、猛烈な批判が相次いだ。反日が宗教化してしまった韓国社会では当然の反応だった。

『反日種族主義』の共同著者たちには民族の名の下で告訴、告発が相次ぎ、各種マスコミは口を極めて罵るような批判を浴びせた。

 そして、今月12日、韓国だけで700万部が売れたという『太白山脈』の作者、趙廷来氏は、ソウルの韓国プレスセンターで開かれた文壇50周年記者懇談会で、反日種族主義の李栄薫氏に対して、「彼の言葉はすべて嘘だ」と述べ、「新種売国奴であり、民族反逆者だ」と主張した。

 李栄薫氏はかつて論文などで、趙廷来作家の小説『アリラン』で日本軍が朝鮮人を虐殺する場面などを例に、「狂気に満ちた憎悪の歴史小説」だとし、虚偽と捏造された内容で韓国社会において反日感情を助長した部分が大きいと批判している。

 趙廷来氏は引き続き、「必ず民族の精気のために、また歪曲された歴史を立て直すために「反民特委」を復活させなければならない」、「日本に留学経験のある150~160万の親日派を全部断罪しなければならない」と述べた。

 反民特委とは反民族行為特別調査委員会を指し、1948年、日本の植民地時代に行われた反民族行為を処罰するために国会に設置された特別機構である。

普通に使われる「土着倭寇」(韓国の新造語で日本叩きを意味する)という言葉

 さらに彼は「土着倭寇と呼ぶ日本留学派が日本留学から戻ってきたら、無条件に親日派、民族反逆者となる」と強調した。

 韓国社会で、「元老の文人」と称賛される者が、公の場で特別法を作り、反民特委を設置して人口の150~160万に及ぶ親日派を処断しようという。

 そして、文在寅(ムン・ジェイン)政府の支持者たちは、この言葉に歓呼する。もうこうなったら反日ではなく狂気に近いとしか言いようがない。

 一体、その150~160万という数はどこから出ており、特定人を「親日派」、「民族反逆者」と判定する基準は何なのか、さっぱり分からない。

「土着倭寇」(韓国の新造語で日本叩きを意味する)という言葉もそうだ。

 韓国社会では過去の軍事独裁時代、政府に反対する人々を「赤」として弾圧をした。

「土着倭寇」は、現在の韓国社会のもう一つの「赤」となっている。

 恐ろしい言葉であるにもかかわらず、何の問題意識もなく平気でこれが使われている。

 韓国の政治家たちは、反日感情を助長、利用して国民の支持を得ようとした。

 金泳三(キム・ヨンサム)元大統領は、何の問題もない昔の朝鮮総督府の建物を日帝の残在だといってこれを粉々にする「ショー」をした。

 李明博(イ・ミョンバク)元大統領は、実兄の李相得(イ・サンドク)元議員など、側近の拘束で支持率が20%台に落ちると、外交部の反対にもかかわらず、あえて独島を訪れて、日韓の信頼関係を毀損した。

 朴槿恵(パク・クネ)元大統領も米国の仲介で、「日韓、日本軍慰安婦合意」(2015)をし、「日韓GSOMIA協定」(2016)を締結したにもかかわらず、国際舞台などで安倍首相をスルーした。

日本に対する劣等感を拭いきれず、国をもって反日感情を育ててきた。

 スポーツの日韓戦が行われると、アナウンサーは「日本にだけは必ず勝たなければならない」と反日感情を刺激する。

 このようにして、韓国は1945年以降、日本に対する劣等感を拭いきれず、国をもって反日感情を育ててきた。

 しかも、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は就任演説で、韓国の近代史に触れ、「正義が敗北し、機会主義が蔓延した時代」、「独善と腐敗の歴史」「分裂の歴史」「敗北の歴史」「屈辱の歴史」など、韓国の正統性を否定する発言を続けた。そして、そのすべての原因は親日派を断罪できなかったことにあるとし、歴史を正しく立て直す運動を主導した。

 一体、清算されていない「親日残在」とは何であり、どれほどの親日派とその子孫がいい思いをしてきたと思ってこのような発想をするのだろうか。

 文大統領の娘は、日本の国士舘大学に留学をしたとされる。趙廷来氏の言葉を借りるなら、文大統領も親日派になるわけだ。

 もはや国家主義、民族主義という、時代錯誤的な「くびき」から脱し、客観的な見方で歴史を直視しなければならない時だ。

 政治家たちの計算によって、また市民運動をかこつけた金儲け集団の、歪曲と煽動で日韓関係が破綻に陥っていることを座視してばかりいていいのだろうか。

 今の韓国社会は、国家と民族意識の過剰による、狂気に満ちた全体主義社会に進もうとする兆しが見える。

 どうか近未来に世界10位圏の経済大国になるという国に相応しい、韓国社会の集団知性がまともに作動することを期待する。

李東原(イ・ドンウォン)
日韓関係史が専門の評論家。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月22日 掲載