有名な虐殺事件をテーマに

 反米親北絵画として長年タブー視されていたパブロ・ピカソの作品が、5月1日から始まった「ピカソ誕生140周年特別展」(ソウル・ハンガラム美術館)において、韓国内で初めてお披露目されている。作品名は、「朝鮮での虐殺」。開幕初日の入場者数は約3000名とコロナ禍にしてはなかなかの動員数で、特別展ではパリ国立ピカソ美術館が所蔵する110点余も展示されているが、ほとんどはこの絵画を目当てに美術館を訪れているという。一方、一部の人はピカソと聞いて、また違った意味で物議を醸した“芸術作品”を思い出すのだとか。他ならぬ慰安婦像だ。

「韓国での虐殺」はピカソが1951年に描いた作品で、武装した軍人が妊婦や少女など、裸の女性を銃殺しようとする場面が描かれている。

 朝鮮戦争におけるアメリカの軍事介入を批判した内容で、「ゲルニカ(スペインの内戦)」「納骨堂(ナチスによるユダヤ人虐殺)」「戦争と平和」「サビニの女たちの略奪」と並んでピカソの作品のなかでは政治的メッセージが強く打ちだされている。

 主題となっているのは、1950年に起こった信川虐殺事件だ。

 信川虐殺事件とは、国連軍占領下の平壌の南に位置する黄海南道信川郡で、住民の4分の1にあたる3万5383人が米軍に虐殺された事件を指す。

 北朝鮮は、他の地域を含めた黄海道一帯で12万人もの住民が虐殺されたとも主張し、1958年3月には金日成が信川博物館を建設。現在に至るまで反米教育の中心地として活用されているほど、北朝鮮では有名な虐殺事件である。

慰安婦像1体で約330万円が夫婦に

 作品が発表された当時、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の館長が「(フランス共産党員のピカソによる)反米宣伝作品だ」と指摘したことでも知られている。1969年には、韓国国内でピカソ自身を賞賛したり、彼の名を広告などに利用したりする行為は「反共法4条1項(国外共産系の同調賛美、鼓舞)違反」だという判決が下されたこともあった。

 ピカソやこの作品をタブー視する空気は1980年代まで漂い続け、実際その頃まで韓国国内への搬入が禁止されていた。

 加えて、2011年に編さんされた高校の歴史教科書にこの作品が掲載された際にも、「信川虐殺が米軍部隊によるものと断定する証拠がないにもかかわらず掲載となった」などと指摘されたことがある。

 長年タブー視されてきた反米絵画が公開にこぎつけられたのは、文在寅大統領の北朝鮮融和政策に忖度したのではと疑わざるを得ないが、それはともかく、韓国メディアのある記者は、

「ピカソと聞くと思い出しますよね。全然関係ないのに、なぜかピカソになぞらえられた“芸術作品”があったじゃないですか」

 とつぶやくように言う。他ならぬ慰安婦像のことだという。

 世界に散らばる慰安婦像の制作は彫刻家の金運成(キム・ウンソン)と金曙炅(キム・ソンギョン)夫婦が独占しており、像1体作るごとに約330万円が夫婦の懐に入ることが過去の取材で判明している。これまで100体余が作られてきたということは、少なくとも3億円の収入を得てきたことになるし、夫婦は強制徴用労働者像などの像も制作していることから、“反日利権”に与る部分は少なくないようだ。

 慰安婦像は日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)の要請で制作され、正義連の広告塔的役割を果たしている。

 慰安婦像を巡って芸術論争が巻き起こるきっかけとなったのは2013年、ソウル市内にある高校が全国に先駆けて慰安婦像を作った時だ。高校側が制作者に依頼して設置したのは、素材や製法、デザインなどについて金夫婦による慰安婦像にできる限り準拠したものだった。

あいちトリエンナーレに

 金夫婦はこれにかみつき、「著作権侵害なので設置してはならない」と警告、銅像を廃棄させた。高校側がかけた費用は約58万円だった。

 高校は結局、新しく銅像を作り直すに至った。著作権を侵害している可能性は否定できないからその点に踏み込むつもりはないが、金夫婦にとって痛かったのは、この一件で慰安婦像そのものが約58万円で制作可能だということが白日の下に晒されたことだろう。

 金夫婦が不当に収入を得ているのが事実だとしたら、銅像設置のために寄付した人々への裏切りに値するのではないか――。そんな声がメディアからあがったのも無理はない。

 その際に比較対象として名があがったのがピカソだった。金夫婦の慰安婦像制作を支持する韓国民の中には、「ピカソの作品の原価を画家本人に尋ねたり、調査したりするのか」などと訴える者も出てきた。慰安婦像は芸術作品であり、慰安婦のおばあさんたちを称える為に設置された像なのだから、これ以上原価については詮索するなというわけだ。

 慰安婦像=芸術だという主張について、韓国内での事柄なら対岸の火事と言っていられるかもしれないが、日本にもちゃっかり上陸し、飛び火していた。

 金夫婦は「あいちトリエンナーレ2019」に招待され、「平和の少女像(2011)」を出品した。

 その事実を知った市民らからの抗議が計1万件以上寄せられ、会期3日で展示は中止されたが、この時の契約内容は、作品の素材、資材購入費、一部作品の輸送費、交通費や宿泊費などが主催者側から金夫婦に支払われるというものだった。

「根拠のない日本の犯罪行為を世界に垂れ流す広告塔に対し、たっぷり上乗せした経費を含んだ制作費が金夫婦に流れていたのだとしたら、こんな皮肉なことはないですよね」(先の記者)

羽田真代(はだ・まよ)
同志社大学卒業後、日本企業にて4年間勤務。2014年に単身韓国・ソウルに渡り、日本と韓国の情勢について研究。韓国企業で勤務する傍ら、執筆活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月19日 掲載