一般的な消化器は置かないのが基本

 今月14日、韓国・金海(キムヘ)市の総合病院でMRI(核磁気共鳴画像診断装置)検査を受けていた60代患者が死亡した。検査室に置いていた10キロの金属酸素ボンベがMRI機器に吸い込まれ、患者の頭と胸を挟んだことが死因だという。日本でも報じられ、衝撃が走ったこの事故からも垣間見える韓国の医療事情について、現地在住・羽田真代氏がレポートする。

 まずMRIについて確認しておくと、検診を受ける際には検査室に金属を置くのはもちろん、身に着けている金属類も全て外すことが必須だ。刃物や工具を近くに置いたままMRI機器を作動させれば、それらが相当な速度で装置に向かって飛んで来ることになる。消防法でも、MRI検査室はスプリンクラーの設置も免除されているほどだ。

 消火器も一般的なABC粉末消火器は鉄製のものが多く、MRI検査室には設置しないことが基本だ。仮に必要な場合は非磁性体消化器を置かなければならない。

 また、ピアス、ヘアピン、家庭用磁気治療器などを身に着けていれば火傷を負うことも確認されている。過去には他国で、火傷や今回の韓国のようなMRIによる死者事故が報告されている。

酸素注入をしなければならない状態

 韓国で起きた事故については、事故が起こったMRI検査室には監視カメラも設置されておらず、警察は医療従事者の供述と解剖検査結果を元に捜査を進めている。

 現時点で判明していることは、重さ10キロの酸素ボンベが事故前にMRI機器からわずか2メートル離れた場所に置かれていたということだ。そして、病院側はメディアの取材に対し「患者の健康状態が悪くて酸素注入をしなければならない状態であったことから、仕方なしに酸素ボンベを検査室に持ち込んだ」と釈明している。

 酸素吸入が必要な患者がMRI検査を受ける際には、MRI対応型の人工呼吸器を装備してから検査室に入るはずだが、検査担当者らはこの必要性を感じなかったのだろうか。

 調査に有効な監視カメラについていえば、今年9月、韓国議会で手術室などへの設置を義務化する法案が可決されたばかりで、2023年に施行される見通しとなっている。

 これは、無資格者(看護師や研修医)らが外科手術を行ったことによる医療事故が相次いだことや、医師が手術中に同僚から誕生日ケーキを送られる写真がSNSに流出したこと、医師による性的暴行などが問題となったことが背景にある。手術室への監視カメラ設置が実現すれば、先進国では初のケースになるという。

カメラ設置を求める声が

 さらに2023年の施行後は、手術室に外部ネットワークと接続しないカメラの設置を義務化させ、全身麻酔などで意識のない患者を手術する場合には、患者や家族の要請があれば録画できるようになる。病院は救急や危険度の高い手術など正当な理由がなければ録画を拒否できず、病院側がカメラ設置を拒否すれば約50万円以下の懲役が科されることも決まっている。

 14万もの会員が所属する同国医師会は「カメラによる監視は医師に対する信頼を損ない、患者のプライバシーを侵害しかねない」と、この法案可決に強く抗議してきた。しかし、今回のMRIによる医療事故によって設置を求める声は増えていくだろう。

 医療事故の数については、韓国「メディカルツーデイ」が昨年10月に掲載した記事によると、国立の大学病院だけで過去5年間に814件(年間平均163件)あったことが明らかになっている。

 年度別にみると2015年:112件、2016年:114件、2017年:160件、2018年:238件、2019年:190件と、増加傾向は顕著だ。医療事故件数が最も多かった病院はソウル大学病院本院で、過去5年間で199件。続いて釜山大学病院本院が99件、ソウル大学病院分院が86件の順だった。

「安全で安心な大韓民国を作るって」

 日本の場合、公表された医療事故発生報告件数(https://gemmed.ghc-j.com/?p=39345)を見ると、全国の医療事故件数は2015年:81件、2016年:406件、2017年:370件、2018年:377件、2019年:373件で、2020年:324件とある。

 一見、日本の方が多いと早とちりしそうだが、先ほどの韓国の医療事故件数は「国立の大学病院」でのもので、日本の件数は「全国」でのものだ。

 では、韓国「全国」の医療事故件数は何件か。正確なデータは不明だが、「ソウルパブリックニュース」が報じた今月12日の記事によると、2017年から2020年までに終結した医療紛争調停申請件数が計1万48件(年平均:約2,500件)あったと書かれている。

 韓国の国立大学病院の医療事故と、この調停申請件数などを見る限り、人口あたりの全国医療事故数は日本よりも韓国が圧倒的に多くなる可能性大である。その医療事故の中には先述の通り違法な医療行為も含まれている。

 今回のMRI事故を受け、掲示板やSNSには韓国民からは「文在寅(ムン・ジェイン)よ、安全で安心な大韓民国を作るって言ってたよな?」「本当に韓半島では経験もしたことがない事が起こり続けているね」「最近の医者たちはサクラか?」「基本を守らないからあちらこちらで事故が起こるんだ」「病院で119に電話して、一体どこへ行こうとしてたんだ?(※119は韓国の110番にあたる、事故後、病院は119に通報し救急室で心肺蘇生術を行った)」などといった批判や医療不信のコメントが寄せられている。

羽田真代(はだ・まよ)
同志社大学卒業後、日本企業にて4年間勤務。2014年に単身韓国・ソウルに渡り、日本と韓国の情勢について研究。韓国企業で勤務する傍ら、執筆活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月26日 掲載