韓国を代表する通信社・聯合ニュース(日本語・電子版)は11月22日、「韓国与党大統領候補『「産婦人科」は日帝の残滓』 女性健康医学科に変更を」との記事を配信した。

 ***

 記事によると、韓国の革新系与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明[イ・ジェミョン]前京畿道知事(56)が、産婦人科という名称を「女性健康医学科」に変えるべきだと主張したという。

 なぜ李候補の発言が「『産婦人科』は日帝の残滓」という見出しで報じられたのか。大半の日本人には理解不可能だが、反日的な要素が含まれていることは容易に想像がつく。

 記事を深掘りする前に、まずは韓国の大統領選について簡単に触れておこう。

 韓国の大統領選は来年3月9日に予定されている。既に与野党の候補者が決まり、事実上の一騎打ちが行われている段階だ。担当記者が言う。

「与党候補の李氏は7人兄弟の5番目として生まれ、貧困家庭だったため国民学校(現在の小学校)を卒業すると少年工として働きました。中学も高校も通えなかったそうです。検定試験で卒業資格を取得して大学に進み、1986年、司法試験に合格。人権派弁護士として活躍しました」

 日本にとっては、対日強硬派という点が重要だろう。2017年にはFacebookなどで日本が軍事大国化していると指摘し、「敵性国家」と書いて物議を醸したこともある。

“タマネギ男”を捜査

 一方、野党「国民の力」の大統領選候補は、元検察総長の尹錫悦[ユン・ソギョル]氏(60)だ。

「名門のソウル大学法学部に進み、1991年に司法試験に合格し、検察官になりました。尹氏が国民的な注目を集めたのは、2016年に“崔順実[チェ・スンシル]ゲート事件”の捜査を行ったからです」(同・記者)

“崔順実ゲート事件”とは、朴槿恵[パク・クネ]前大統領(69)とその友人の女性実業家が贈収賄や職権乱用の罪で起訴され、実刑判決が下った一連の捜査を指す。

 更に2019年には、曹国[チョ・グク]法務部長官(56)の不正疑惑の捜査でも注目された。

「ところが、文在寅[ムン・ジェイン]政権はこの捜査に反発を強め、捜査指揮権を発動するなど曹氏を擁護しました。最終的には、尹検察総長の職務停止を命令する事態となったのです。尹氏は命令取消を求める訴訟などを行い、裁判所はその主張を認めたものの、今年3月に検察総長の辞任を表明しました」(同・記者)

 このような来歴の2人が、大統領選を戦っているわけだ。

日帝の残滓で韓国女性が被害!?

 今回「産婦人科は日帝の残滓」と発言したのは李在明氏だ。

「李候補は『産婦人科』という名称は『婦人』だけの病院、つまり既婚女性専門の病院というイメージを生んでいると問題視しました。『女性健康医学科』に改称すれば、全ての女性が安心して通えるようになると訴えたのです。ここまでは隣国の議論であり、日本人がとやかく言うことではありません。問題なのは、李候補が『産婦人科』は日本語に由来した名称であり、そのために韓国女性の健康が害されていると指摘した点です」(前出の記者)

 聯合ニュースの記事を引用しよう。

《産婦人科という名称は「日帝(日本帝国主義)の残滓(ざんし)」とし、「女性の健康と疾患を婦人病と呼ぶ時代錯誤的な認識が女性、青少年、未婚女性の病気を重くしている」と主張した》

「韓国語会話の本を見ると、『産婦人科』は『サンブインクァ』と発音するようです。確かに、日本語由来と考えて間違いないでしょう。しかし、日本語が由来だから『産婦人科という言葉に時代錯誤的な認識』があるという指摘には、首を傾げざるを得ません。日本語由来の韓国語は、それこそ山のようにあるのです。その全てを日帝の残滓と指摘できるはずもありません」(同・記者)

「おまかせ」や「海鮮丼」も韓国語

 ネット上では、「日本語由来の韓国語」が多数紹介されている。例えば、韓国語講師でYouTuberの「トリリンガルのトミ」が執筆したコラムには、以下のような単語が紹介されている(註1)。

「가방(カバン)=鞄」、「간지(カンジ)=感じ」、「만땅(マンタン)=満タン」、「앗싸리(アッサリ)=あっさり」、「빵꾸(パンク)=パンク」、「나와바리(ナワバリ)=縄張り」、「츤데레(チュンデレ)=ツンデレ」、「오타쿠(オタク)=オタク」

 産経新聞が11月13日に掲載した「【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 美食は伝統を駆逐する」には、韓国のレストランで日本語の「おまかせ」が流行していると伝えている。日本で修行を積んだ韓国人の和食調理人が「おまかせ」をメニューに登場させたことで注目を集めたという。

 他にも、「刺身をかけたご飯」という意味の「フェドッパ」という韓国語が存在するにもかかわらず、最近は「海鮮丼」が「カイセンドン」という日本語の発音のまま流行語になっていることも紹介されている。

 このコラムでは20年9月にも、日本語の「ビラ」が韓国語になっているという話が紹介されている。興味深いことに、多くの韓国人が日本語由来だと知らず、北朝鮮でさえも「ビラ」という単語を使っているという。

 この2本のコラムは、産経新聞ソウル駐在特別記者(ソウル支局長特別記者)兼論説委員である黒田勝弘氏の署名記事だ。

日本語を言葉狩り!?

 共同通信系列の専門紙「NNAアジア経済情報」が2019年に配信したコラム「テイクオフ:韓国は本来、漢字圏の国…」では、《外来語を極力使わないようにする「ハングル純化」運動》について紹介されている。このコラムによると、《特に日本語由来の単語がターゲットになりがち》だという。

《「ムデポ(無鉄砲)」など、やり玉に挙がった日本語由来の言葉は枚挙にいとまがない》

「日帝の残滓」という主張はさておくとして、韓国の歴史を見れば、「産婦人科」がやり玉に挙がることは決して珍しいことではないようだ。だが実際は、韓国人が日本語由来の韓国語を排斥しようと一致団結しているわけでもない。

 韓国の朝鮮日報には名物コラム「萬物相」が掲載されているが、2019年7月には「『大統領』はどこの国の言葉か」という記事が掲載された。

 冒頭には《「日本語由来のウリマル(わが国の言葉)辞典」は高麗大学のイ・ハンソプ名誉教授が1970年代から研究を重ねてきた研究成果の集大成だ》と記されている。

「清算は日本から来た言葉」

 同辞典によると、1880年代以降、韓国語同然となった日本語は3634語あるという。

「そのうちの90%は日本語由来であり、使われる際は韓国語の読みで発音されているそうです。コラムには具体例として『教育』『家族』『国民』が挙げられています。残りは日本語の発音のまま韓国語になった単語です。コラムでは『もなか』『満タン』『無鉄砲』が該当するとしています」(同・記者)

 産婦人科の場合は、韓国語の発音も日本語とほぼ同じなのは前に見た通りだ。しかし、韓国語で発音されるようになった日本語由来の単語となると、それこそ枚挙に暇がないようだ。朝鮮日報のコラム「萬物相」によると――

《京畿道教育庁が管内の初等学校(小学校)、中学校、高校に文書を送り、「日帝残滓(ざんし)清算」との理由から「修学旅行、ファイティング、訓話などの単語は日本から来たので日帝残滓」と指摘した。児童・生徒たちには「本人が考える日帝残滓の概念はどういうもので、それらはどうやって清算すべきか」と問い掛けた。しかしこの言葉の中にある「本人」「概念」「清算」は日本から来た言葉だ。「単語」もそうだ》

《イ・ジェジョン京畿道教育監(日本の教育委員会に当たる教育庁のトップ)は大学でドイツ語とドイツ文学を専攻し、大学院では宗教学と神学で博士学位を取得した。しかし「ドイッチェランド」を「独逸(ドイツ)」と訳したのも実は日本人で、「大学」「大学院」「神学」「宗教」「博士」も全て日本から来た言葉だ。「国語」「英語」「数学」はもちろん「科学」「哲学」「物理」「歴史」「美術」「音楽」「体育」もそうだ》

福沢諭吉の訳語も

 半島情勢に詳しい東京通信大学の重村智計教授は、「私も韓国に留学したり特派員として勤務したりする中で、韓国語化した日本語をたくさん知りました」と言う。

「意味も発音も日本語と同じなのは、例えば『コンセントの差し込み口』の『差し込み』や、『冷やかし客』の『冷やかし』です。韓国語で発音する日本語由来の単語となると、もう数え切れないほどです。特に西欧思想を表す専門用語は、日本語をそのまま使いました。その背景として、李氏朝鮮が儒教を重んじたため西欧思想を排斥したことが挙げられます。それが韓国語の学術用語に日本語由来が多い理由のひとつです」

 1910年に日韓併合が行われ、韓国総督府は義務教育や高等教育にも力を入れた。その際、福沢諭吉(1835〜1901)が翻訳した「経済」「社会」「権利」といった単語も、そのまま韓国にもたらされた。「産婦人科」が俎上に載せられたのも、医学上の専門用語であることと無縁ではないだろう。

「韓国では、反日が話題となっている時は自由に物が言えません。反日的な言説に異論を唱えたことが公になれば、ネット上で叩かれたり、左翼から嫌がらせを受けたりする可能性があるからです。李候補の『産婦人科』に関する発言に違和感を覚える韓国人は少なくないでしょう。それでも異論や反論が表立って出ないのは、反日的な文脈の言説なので、下手に触れると火傷してしまうからです」(同・重村氏)

外交政策に変化?

 ただし、異論や反論が出ていないという事実は重要だという。それが「産婦人科の語源が日本由来かなどどうでもいい」という意思表示につながるからだ。

「一方の尹候補は、11月12日に外国メディアと記者会見を行った際、『文政権になって韓日関係が壊れた』と批判しました。更に、未来志向の日韓関係を樹立するとも発言しました。反日の文脈とは正反対ですが、韓国の世論は静観しています。こちらの場合は、批判しないことで尹候補の考えに賛成したと考えるべきでしょう」(同・重村氏)

 与党である左派にとっては、反日の気運を盛り上げることが大統領選に勝利する可能性を高める。しかし、そのような仕掛を色々と行っているものの、韓国世論の反応は乏しいという。

「11月16日には警察庁長官が竹島に上陸しましたが、やはり韓国世論は冷静でした。何とかして盛り上げたいと反日の材料を探しても、ネタが尽きてきたのかもしれません。産婦人科という名称に噛みついてもインパクトがなかったようで、こちらも韓国の世論はそれほど反応していません」(同・重村氏)

「大統領」は何語?

 大統領選の世論調査を見ると、尹候補の優勢を伝えるものから、2人が互角の展開というものまで、現時点では幅がある。だが重村氏によると、韓国の有権者は「勝ち馬に乗る」ため、直前まで旗幟を鮮明にしない傾向があるという。

「それでも徐々に尹候補の優勢が明らかになってきています。多分、来年の1月になれば、尹候補を支持する有権者が増え、世論調査の数字にも反映されるでしょう。その時になれば、『産婦人科という名詞は日帝の残滓』という主張に賛成する有権者は、かなり減っているのではないでしょうか」(同・重村氏)

 先に紹介した朝鮮日報の「萬物相」は、次のように指摘している。

《「大統領」も日本人が英語の「プレジデント」をそのように訳したものだ》

註1:【意外と多い】韓国でそのまま使われている日本語9選!(筆者:トリリンガルのトミ/韓国語講師/YouTuber)

デイリー新潮編集部