2021年2月1日のクーデターで実権を奪取して以来、ミャンマーの軍事政権は民主政府への復帰を求める抵抗運動を弾圧し、国民を殺害するなどの強権支配を続けている。8月5日には有名な2人のモデルを逮捕・起訴したことが明らかになり、波紋が広がっている。

 第一報は軍政支配下にある国営メディアが伝え、それを反軍政の立場をとる独立系メディアが2人の逮捕後の写真と共に報じ、一気にひろまった。逮捕されたのはナン・ムエ・サンさん(34)とティンザール・ウィント・チョーさん(34)の2人で、逮捕容疑は2004年に制定された「電気通信法第33条」違反である。

 これは「国家の安全、法と秩序、社会の平静、国家の連帯、国家経済や国家文化に有害な行為」を取り締まる法律。2人が「インスタグラム」などに投稿した水着やランジェリー姿が「ミャンマー文化を損なった」というのだ。

 2人をいつ逮捕したかについて政権は明らかにしていない(ティンザールさんは7月6日に逮捕されたという情報もある)。独立系メディアが報じた記事には、質素な服装で化粧も薄い二人が、神妙あるいは怯えたようなに見える表情で写っている。

ミャンマーを代表する女優、モデル

 ティンザールさんは1987年に中心都市ヤンゴンで生まれ、東ヤンゴン大学に進学。その後俳優、モデルとして活躍し2019年にはミャンマー・タイムズの「トップ10女優」にも選ばれている。「モエ・ニャ・アインメット・ミュウ(2009)」「真夜中(2019)」「ミャ・ミヤ(2020)など」500本以上の映画に出演したミャンマーを代表する女優といわれ、国民の人気も高い。2019年には出演映画がミャンマー・アカデミー賞を授賞したこともある。

 もう一人のナンさんは1988年生まれで、シャン州クンヒン出身。父親は医師で「国境なき記者団(RSF・本部パリ)」の医療コーディネーターを務めていた。ナンさん自身も医学の道を志し、ヤンゴン第一医科大学を卒業して医師となり、東部シャン州や北部カチン州、西部ラカイン州などの辺境地方で地元病院やNGOで経歴を積んだ。ラカイン州では、少数派イスラム教徒・ロヒンギャ族の難民キャンプでも働いた経験があるという。

 医師として働いていたナンさんはモデルとして活躍してきたが、「あまりに過激でセクシーなため」2019年に医師免許が取り消された過去がある。が、それがかえって人気となり、同年の国際ファッション・ウィークに参加、2020年には独立系メディア「イラワジ」の「ミャンマー・トップ・セクシー・モデル」にも選ばれ、やはりミャンマーを代表するモデルとしての地位を獲得した。

 「セクシー過ぎる」とされたナムさんの写真や動画だが、あくまでビキニ姿やランジェリー姿を披露したもので、日本では特に「公序良俗」を乱すものとはいえない範疇のものだ。女優のシンザールさんも同様で、SNSを見る限り、軍政が指摘する「性的」なものは見当たらないではないという。

当局の怒りを買った反軍政民主派活動

 「性的」というのは、逮捕の口実だという見立てもある。2人はクーデター後の民主派の反軍政活動に共鳴しており、その関心や言動が当局の怒りを買った可能性が高い。

 ナンさんは民主派の集会に参加し、220万人のフォロワーがいるSNS上でも民主派の運動を支持するなどの活動をしていた。ヤンゴンにある米国大使館前で行われた集会で、「軍のクーデターに強く反対する。ミャンマーの全ての世代の国民はクーデターを許すことはない。この運動に参加できることを誇りに思う」と発言もしている。

 彼女に対し軍政は、2022年3月にナンさんがタイで治療中の父親の元に向かうため申請したパスポートの更新を拒否し、海外渡航を禁じた。ナンさんは父に会うことなく現地で亡くなったという。この事件を機に、ナンさんはモデルを引退することを発表し、「父を誇りに思うためにも医者に戻らなければならない」と医療活動を再開するとの決意を明らかにしていた。

 一方のティンザールさんは、東部シャン州ワンハイで6月に行われたシャン州進歩党スポークスマンの娘の結婚式に、同党の制服を着用して出席した。シャン州進歩党の武装部門は同州北部のモメイク地区で軍と衝突しており、敵対勢力の制服を着用して幹部の結婚式に出席したティンザールさんの写真が流布したことが、逮捕の直接のきっかけとなったとみられる。彼女もインスタグラムでは150万人のフォロワーを抱え、その影響力を危惧したのだろう。

芸能人ら140人超を指名手配

 ミャンマー軍政はクーデター直後から映画関係者や俳優、女優、歌手など芸能人の「口封じ」に躍起になっている。

 2019年4月8日には、著名なモデルで俳優のパイン・タコンさんがヤンゴン市内の母親宅にいるところを午前5時に急襲され、拘束された。同じ頃には著名コメディアンのザルガナルさんも拘束されている。いずれも反軍政の集会やデモに参加し、その様子がSNSなどにアップされて国内外に拡散されたことが「扇動罪」にあたるとみなされたという。

 軍政は著名人や芸能人、ジャーナリストなど140人以上を全国に指名手配している。指名手配書には有名女優のメイ・トー・カインさんの名前もある。リストアップされた著名人たちは国外に逃亡し逃げたり、地下に潜伏したり、国境付近で軍と戦闘状態にある少数民族武装組織と合流したりするなどして難を逃れているという。

2人の今後の運命は

 ナンさんとティンザールさんには、今後過酷な運命が待っている可能性が極めて高い。

 軍の強い影響下にある裁判所で公正公平な裁判が行われるわけもなく、無罪や情状酌量を訴えても、結局は実刑判決が下されることになるとみられている。7年から15年の禁固刑を下される可能性がある。次に待っているのが刑務所への収監だ。ミャンマーの刑務所は反軍政を訴えた民主派政治犯で定員オーバーという厳しい環境にあり、非衛生的な酷環境が待っているとされる。一部刑務所では女性トイレのプライバシーが守られない事例も報告されている。

 最も憂慮されるのは女性受刑者に対する同性の収監者や刑務官による暴行・虐待で、特に性的暴行は横行しているといわれているのだ。

 こうしたSNSは2人が逮捕されたため、このところ内容が更新された形跡がみられないという。

大塚智彦(フリーランスライター)

デイリー新潮編集部