NHK連続テレビ小説の101作目となる「スカーレット」(月曜〜土曜8時)。1月16日は第88話が放送される。八郎は喜美子の才能を認めて…。

 八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)の親密さが気になる喜美子(戸田恵梨香)。だが気持ちを押し殺して、発注を受けた200枚の小皿作りを始める。三津は集中して作陶する喜美子の姿に圧倒される。八郎も喜美子の才能を認め、自分以上だと評価していると思わず明かす。一方、喫茶店を訪れていた八郎の元に、柔道着姿の照子(大島優子)と信作(林遣都)が帰ってくる。照子に投げ飛ばされた信作が八郎に泣きつき、結婚の条件が明らかに…。

 「スカーレット」は究極の働き女子の物語。焼き物の里として知られる信楽の女性陶芸家が、創造する情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげず生きていく姿を描く。がむしゃらな強さと明るさを持つヒロインを神戸出身の人気女優、戸田恵梨香が演じる。ドラマのオープニングを飾る主題歌「フレア」は、Superflyがこの作品のために書き下ろした入魂の一曲。