V6の井ノ原快彦(43)が26日、都内で主演するテレビ朝日系ドラマ「特捜9 season3」(4月8日スタート、水曜、後9・00)の取材会に、共演の羽田美智子(51)、中村梅雀(64)らと出席した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、スタジオ脇の屋外に会場を設けて少人数で開催された。

 うららかな春の日差しが降り注ぐ、異例の“青空取材会”。それでも、井ノ原は「今日は普段見られないところ、スタジオをバックにやらせていただきます」と、さわやかにトークを繰り広げた。

 人気刑事ドラマのシリーズ3作目となる「特捜9」だが、前番組の「警視庁捜査一課9係」のスタートからは15年目。コロナ禍が懸念される中、羽田は「このメンバーと一緒にいると、いろんな社会問題があっても前向きになれる。プラスの意識で統一されている」とキッパリ。井ノ原が消毒用アルコールを差し入れたり、手洗いの励行を徹底するなど、現場の結束を明かした。

 警視庁広報課に勤務する謎の男・国木田誠二役として新加入した中村も「15年やってきた感じがしないというか、ダレていない。誰が入ってきてもウエルカムで独りぼっちにさせない」と、レギュラー陣のチームワークを絶賛。井ノ原は「ドラマとかエンターテインメントは、見てくださる方の安心と健康がないと楽しめないもの。みなさん細心の注意を払っていただきたいと思います」と視聴者を気遣い、「家にいる時間も長くなってくるかもしれないので、われわれのドラマを楽しんでもらいたい」とPRした。

 また、主題歌は、番組のために書き下ろされたV6の新曲「It’s my life」に決まった。