中日・荒木 仙さんの教えを胸に…生え抜き野手最長プロ23年目始動

中日・荒木 仙さんの教えを胸に…生え抜き野手最長プロ23年目始動

 プロ23年目を迎える中日・荒木雅博内野手(40)が12日、今年初めてナゴヤ球場に現れ、軽いランニングやキャッチボールなどで汗を流した。在籍23年は立浪和義氏を抜いて球団の生え抜き野手では最長。今季からコーチ兼任になるチーム最年長野手は、入団時の監督だった故星野仙一氏の教えを胸に始動した。

 「すべてが強烈な方だった。野球に対しての厳しさ、命懸けで野球をやるんだということを入った時から教えられた。それは僕の土台になっていて、周りに伝えていければと思います」

 体に染み付いた星野イズムを若手に継承していくことも役割の一つ。強竜の血を受け継ぐベテランは、ゆっくりと23年目の戦いに足を踏み出した。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索