鹿島ドロー発進 ホームで怒濤の攻めも勝ち越せず

 「アジアCL・1次リーグ、鹿島1−1上海申花」(14日・カシマサッカースタジアム)

 後半ロスタイムのDF内田の強烈なシュートは、GKに阻まれた。鹿島にとってACLは悲願のタイトル。ホームで迎えたその初戦は、引き分けに終わった。

 怒濤(どとう)の攻撃で同点に追いついたのは、後半6分。MF安部がペナルティーエリア内に持ち込む。相手DFにカットされたが、そのこぼれ球をFWペドロジュニオールがシュート。さらに相手DFに当たった跳ね返りを今度はFW鈴木がシュート。そして、GKがパンチングしたボールを、ゴール前に詰めていたMF遠藤が胸に当ててゴールに押し込んだ。

 「気負いたくないので、ホームでやる1試合として、いつも通りの平常心のメンタルでやれればと思います」。前日会見で話していたとおり、キャプテンマークを巻いた遠藤が、冷静に結果を出した。

 相手はコロンビア代表MFモレノ、元コロンビア代表の長身MFグアリン、元ナイジェリア代表の快足FWマルティンスの外国人トリオを擁する強豪。先制点は前半4分、マルティンスのクロスを、モレノに頭で決められて許したものだった。

 先発メンバーに名を連ねた内田にとって、鹿島での公式戦出場は10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦以来2835日ぶり。先制された直後に、手袋を脱ぎ捨てて「これからだ」と仲間に声をかけて鼓舞。右サイドを駆け上がって、再三好機を演出した。

 大岩監督は「大会の初戦は重要視しています。われわれにとっては今季の公式戦の1試合目。今シーズンを占う1試合目としてしっかり入っていきたい」と位置づけて、勝ち点3を狙った今季初戦。攻勢に出ながら、勝ち越すことができなかった。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索