日大三が辛勝発進 小倉監督「落とさなかっただけ良かった」

日大三が辛勝発進 小倉監督「落とさなかっただけ良かった」

 「高校野球西東京大会・3回戦、日大三7−4杉並」(13日、ダイワハウススタジアム八王子)

 秋春王者で今春センバツに出場した日大三は辛勝発進となった。最大3点リードされる展開となったが、1点を追いかける六回に中村奎太投手(3年)の2点適時打で逆転。夏5年ぶりの聖地へ4回戦に進出した。

 背番号1が初戦敗退の危機を救った。「5番・中堅」で先発出場した中村。まずはバットで魅せた。3−4と勝ち越された直後の六回2死満塁の場面で、右前へ値千金の2点適時打。「いい打球が打てた」と3安打2打点と主軸としての期待に応えた。

 七回無死一塁からはマウンドで躍動した。「自分が流れを変えてやろうと投げる意識を持っていた」と攻守交代時のキャッチボールから入念に準備。3回無失点で試合を締め、エースの役割を果たした。

 初戦から苦しい展開に小倉全由監督は「落とさなかっただけよかった」と思わず苦笑いを浮かべた。センバツでは2回戦で三重に0−8と完敗。悔しさを晴らすために、春夏連続の聖地切符へ気を引き締めていく。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索