引退の町田樹氏 4年間で確信したフィギュアの可能性「舞踊の1ジャンルとして成立」

引退の町田樹氏 4年間で確信したフィギュアの可能性「舞踊の1ジャンルとして成立」

 10月6日のアイスショーをもってプロスケーター引退を表明した、14年ソチ五輪代表で“氷上の哲学者”こと町田樹氏が13日、都内で開幕するプリンスアイスワールド東京公演を前に取材に応じ、引退に至った経緯を語った。

 引退後、早大大学院生とプロスケーターを両立させてきた中で1つ確信できたことがあるという。「フィギュアスケートという表現は舞踊の1ジャンルとして成立しうると確信した。だから晴れやかに引退できる」。競技者引退後も3部作の「ドン・キホーテ」や、約8分の「ボレロ」など毎年大作を発表してきたが「バレエ、ヒップホップという中の1つにフィギュアスケートが入る。高速での移動、同時ポジションでの移動など、フィギュアでしか、氷の上でしかできない表現もある」と、フィギュアという競技の可能性に確信が持てたことも、引退に至るきっかけだったことを明かした。

 この4月から慶大と法大で非常勤講師として勤めはじめ、博士号取得も目指していく中で「夢は大学教員。この辺でキャリアを大学院1本に絞って頑張っていこうとおもった」。10月以降は氷の上でパフォーマンスをすることはないが、研究者を目指す中でフィギュアスケートには携わっていく意向で「サヨナラは言いません。パフォーマーとしては完全に引退しますが、今後は研究者として何らかの形で必ずフィギュアスケートに貢献していく」と、誓った。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索