森保監督、G大阪FW一美に高評価「いいプレッシャーかけていた」

森保監督、G大阪FW一美に高評価「いいプレッシャーかけていた」

 「明治安田生命J1、G大阪2−1FC東京」(10日、パナソニックスタジアム吹田)

 東京五輪代表とA代表を兼任する森保監督が視察した。J1デビューを果たした、東京五輪世代・G大阪のFW一美については「前線で起点となって、(相手に)いいプレッシャーをかけていた。時間を追うごとに慣れていったのでは」と評価した。

 12日にはアジア大会のためにジャカルタへと出発する。国内の視察はしばし中断となるが「スタッフも含めて、全員で情報収集をしていきたい」と話した。

 試合はG大阪が後半ロスタイムにアデミウソンの決勝ゴールで勝利。宮本恒靖監督が就任4試合目で初勝利を挙げた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索