瀬戸大也、パパで金!200メートルバタ連覇「しっかり勝ち取った」

瀬戸大也、パパで金!200メートルバタ連覇「しっかり勝ち取った」

 「競泳・パンパシフィック選手権」(10日、東京辰巳国際水泳場)

 男子200メートルバタフライで瀬戸大也(24)=ANA=が1分54秒34で2連覇を果たした。男子100メートル背泳ぎは入江陵介(28)=イトマン東進=が52秒78で銀メダル。女子200メートルバタフライは持田早智(19)=ルネサンス幕張=は2分7秒66で2位に入った。女子100メートル自由形で18歳の池江璃花子(ルネサンス)は53秒14で5位。800メートルリレーで男子の日本(江原騎士、坂田怜央、小堀勇気、松元克央)は7分8秒07で3位となった。

 東京の大歓声が、最後のひと伸びを後押しした。最終盤でデデウス(ブラジル)からリードを奪った瀬戸は、金メダルを確信すると力強くガッツポーズ。「久しぶりに金メダルが取れてうれしい」と白い歯を見せて喜んだ。「絶対勝たないといけないレースだった。しっかりと勝ち取った金メダル」。地道な積み重ねが確信に変わった瞬間だった。

 2年後の大舞台を見据えたシミュレーションがはまった。9日は400メートル個人メドレーに出場しており、朝の予選で体の重さを痛感。入念なクールダウンはもちろん、普段は1時間半の昼寝を2時間強に増やし、疲労回復に努めた。

 「とにかく休むことに徹した。一日の過ごし方が結果につながった」。1分54秒03の自己ベスト更新も狙えただけに、タイムに満足はしていないが、東京五輪へ向けた手応えを得るには十分だった。

 8歳だった02年、横浜で開催されたパンパシフィック選手権を現地で観戦。日の丸を背負う選手に憧れた。中でも輝いて見えたのは、100メートル平泳ぎで金メダルを獲得した北島康介さん。「自分もなりたい」と誓った。

 6月には長女・優羽(ゆわ)ちゃんが誕生。父としてはもちろん、羨望(せんぼう)のまなざしを送られる立場として、堂々たる泳ぎっぷりを見せた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索