入江陵介が銀!リオ五輪後は引退考えるも…復活へ「いい一歩」

入江陵介が銀!リオ五輪後は引退考えるも…復活へ「いい一歩」

 「競泳・パンパシフィック選手権」(10日、東京辰巳国際水泳場)

 男子200メートルバタフライで瀬戸大也(24)=ANA=が1分54秒34で2連覇を果たした。男子100メートル背泳ぎは入江陵介(28)=イトマン東進=が52秒78で銀メダル。女子200メートルバタフライは持田早智(19)=ルネサンス幕張=は2分7秒66で2位に入った。女子100メートル自由形で18歳の池江璃花子(ルネサンス)は53秒14で5位。800メートルリレーで男子の日本(江原騎士、坂田怜央、小堀勇気、松元克央)は7分8秒07で3位となった。

 4大会連続出場の入江が、復活へののろしを上げる銀メダルを獲得した。前半を3位で折り返すと、持ち味の後半に伸びやかな泳ぎを披露。リオ五輪3冠のマーフィー(米国)には追いつけなかったが、まずまずのタイムを出し「2020年に向けていい一歩」と手応えを示した。

 リオ五輪後は引退も考えたが、昨季から米国に練習拠点を移して2年目。スピード強化とともに気持ちの面でも大きくなっているのか「チーム最年長だけど、日本代表の後輩にもいじってもらっている」と明かした。

 東京五輪に向けても「小さな一歩だが、少しずつ成長している。でも何歩も先にライアン(マーフィー)がいるので、また頑張りたいと思えるレースだった」。日本が誇る背泳ぎ王子が、再び世界の頂点を見据えた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索