背番号「10」中島翔哉 重圧よりも「楽しんで勝利できれば」

背番号「10」中島翔哉 重圧よりも「楽しんで勝利できれば」

 「国際親善試合、日本−パナマ」(12日、デンカビッグスワンスタジアム)

 サッカー日本代表は11日、雨の降る新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで公式練習を行った。9月のコスタリカ戦に続いて背番号「10」をつけるMF中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=は「楽しんで勝利できればいいかなと思います」。重圧より、強調したのは常に口にする「楽しむ」だった。

 W杯ロシア大会主力組が合流しても背番号は「10」のままだった。それでも「背番号でサッカーをやるわけじゃないですけど、今まで10番を背負ってきた選手は本当にいい選手ばかり。しっかりとそういう責任は理解しているつもりですけど、楽しくプレーしたいです」と自然体で臨む思いだ。

 コスタリカ戦では、縦横無尽に仕掛けたドリブルなど、独創的な“楽しい”プレーが、見る者を楽しませた。「楽しんでプレーすることによって、いいプレーになることが自分の場合は多くて。それがチームの勝利につながるので、自分にとっては大事なことだと思います」。日本の背番号10は自らも楽しんで、ファンも楽しませる。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索